やってもいいの?注意点は?妊娠初期の歯科治療について

妊娠初期の歯科治療について、疑問を解決できるお話をまとめます。妊娠性歯肉炎など炎症も起きやすい時期なので、気を付けたいですね。「赤ちゃんに栄養を取られて歯がボロボロに…」という話の真意と、妊婦とキシリトールの驚きの関係も…!

view110

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • やってもいいの?妊娠初期の歯科治療

  • 原則的に妊娠中に一般的な歯科治療を行なってはいけないという時期はありません。治療は妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)であればほとんどの方が問題なくできます。妊娠初期、妊娠後期は基本的に応急処置のみ、行いましょう。
    出典 :妊婦さんの歯科治療について||妊婦さんの歯について|ママページ|スマイルネット|歯医者さんお検索・歯のお悩み解決!
     

    やってもいいんです!!ですが、妊娠中であることはきちんと伝えましょう。

  •  

    安定期に入ってからの方がいいとは言え、お腹が大きくなってきてしまうと診察台で寝転ぶ体勢がつらいのでは…という不安もありますね。ですが、治療を怠ってしまうとかえって危険なケースもあります。

  • 注意点

  • 子どもの体の器官が形成される大切な時期。この時期の歯の治療は、麻酔やレントゲン、薬などを使用しないで済む小さな虫歯の治療や歯石とり程度にとどめるのが安全。
    出典 :妊娠中の虫歯治療・薬・麻酔 [虫歯] All About
  • 妊娠初期(2~3ヶ月間)は過度な緊張や、長時間にわたる治療は負担になるため、なるべくさける様にした方が良いと思います。
    出典 :妊娠中の歯科治療はどこまでOK? - Yahoo!知恵袋
     

    どうしてもというわけではなければ、安定期まで待った方がいいでしょう。

  • 母子健康手帳を受け取る際に、併せて歯科健診の案内を受けることが多いようです。自治体によって助成内容が大きく異なり、また健診を受ける医療機関も「指定された歯科医院」や「保健所」などと異なりますので、案内の中でわからないことがあれば、確認して受診しましょう。なお、受診の際は、母子健康手帳を忘れず持参しましょう。
    出典 :母子健康手帳を活用しましょう — 歯の豆知識! / 歯医者さん ネット
     

    地域にもよるようですが、助成のあるところもあるようです。受付で母子手帳を提示するのを忘れずに!

  • つわりと歯の関係

  • 妊娠中は食の変化やつわりなどの影響で、口腔ケアが普段と同じように行えないことが多くあります。さらに、身体の変化・ホルモンバランスの変化に伴い、普段よりも気をつけていただきたいお口の病気があります。それが「妊娠性歯周炎」です。
    出典 :妊娠中の歯科治療について知りたい(マタニティ歯科)|江東区南砂町の歯科(歯医者)|痛みの少ない治療を心がける、いわさき歯科クリニック
     

    妊娠性歯周炎の症状は歯周病のようなものです。酷い場合には早産を引き起こしかねないものなので、注意が必要ですね。

  • 歯ブラシは小さめのヘッドのものを選び、体調のよい時間帯に磨きましょう。顔を下に向けると、なおいっそう磨きやすいかもしれません。また、つわりの時期の歯みがき粉はつらいものですが、正しくブラッシングができていれば、歯みがき粉の使用はひかえても問題ありません。
    出典 :妊婦さんと虫歯・歯周病|茨城県笠間市友部の歯医者|あさひ歯科クリニック
     

    つわりによって口内がネバネバしたりしますので、つらくても出来る限りのケアはしておいた方が良いですね。オエッとならないよう、小さめヘッドのものがいいようです。

  •  

    妊婦歯科検診を行っている歯科医院もあります。

  • 「赤ちゃんに栄養を取られる」説の真意

  • よく、「おなかの赤ちゃんに栄養をとられて歯がボロボロになった」と、聞くことがありますが、実際には、そんなことはありません。妊娠中はつわりのせいで、歯を磨こうとすると気持ち悪くなって歯ブラシを口に入れられなくなったり、ホルモンの影響で嗜好が変わり甘いものを食べるようになった、などの理由で、虫歯や歯周病になる人が多いのです。
    出典 :妊娠中の歯科治療 - 杉並区荻窪の歯医者 川口歯科クリニック
  • かつては「一子生むと一歯失う」などといわれましたが、おなかの赤ちゃんにカルシウムを取られるからムシ歯になるわけではありません。ママがバランスのとれた栄養をとり、お口のケアをしっかり行うことで歯を守ることはできるのです。
    出典 :[SUNSTAR]Mouth & Body PLAZA - 妊娠期|妊娠中の歯の知識:ママになる前に知っておこう|ママとベビーのおくちケア
     

    迷信と言うか、都市伝説と言うか…、医学的根拠はないものだったのですね。

  • 驚き!妊娠中のキシリトールで…

  • キシリトールを摂取しなかった母親から生まれた赤ちゃんのグループでは、6ヶ月を過ぎてから、明らかにミュータンス菌が見つかる確率が上昇。例えば生後12カ月の時点ではその感染の割合は約5倍となっています。妊娠中の母親のキシリトール摂取による、ミュータンス菌の感染予防に明らかな効果があることがわかりました。
    出典 :キシリトール|キシリトール基礎講座|日本フィンランドむし歯予防研究会(JFSCP)
     

    母体のキシリトール摂取は胎内の赤ちゃんにも影響があると見られているようです…驚きの研究結果ですね!