将来、高血圧症にならないためにやっておきたいこと

女性の平均寿命が世界一になるなど、
日本人は長生きです。
せっかくの長い人生です。
高血圧なんかで病気になって、
「辛く長い毎日」なんかにはしたくありませんよね。

view423

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「血圧?全然平気ですよ」

     


    本当ですか?
    普段の自分の生活をみて、安心できますか?

    将来、「こうしておけば・・・」なんて後悔しないように、
    今からできること、しておきませんか?

  • 「高血圧」とは?

  • 血液を運ぶ動脈に汚れがくっついて流れが悪くなると、心臓は圧力を高めて末端の血管まで血液を流そうとします。その結果、高血圧の症状が出てきます。つまり、高血圧とは、血圧が高すぎる状態のことをいいます。高血圧を放っておくと、脳卒中や心筋梗塞 など動脈硬化による様々な病気の原因となります。(*動脈硬化とは、高血圧が長く続くことで、血管に圧力がかかり続け、そのために、血管には弾力がなくなってしまった状態。)また、高血圧は糖尿病などの合併症を起こしやすいといわれます。それは、高血圧と糖尿病の危険因子(肥満、運動不足、喫煙など)が同じだからです。
    出典 :高血圧|高血圧の症状・食事・数値・予防・原因 - 病気・症状 チェック
     

    動脈に汚れが・・・心臓が健気に頑張ってしまうお陰で、色々なことが起きてしまうんですね。

  • 高血圧を予防する方法

     

    普段の生活において、高血圧にならない為に注意すること。

    ・食事への気配り
    ・ストレスを溜めない
    ・適度な運動を行う
    ・温度の変化に注意する
    ・睡眠を取る
    ・タバコを控える(止める)

  • 将来、高血圧にならない「食事」とは?

  • 1.塩分を控える

    1日に摂取する食塩は6g未満に抑えるようにしましょう。(医師の指示がある場合は、それに従ってください)
    現状は?→日本人の平均の食塩摂取量は1日11g。

    摂りすぎに注意しましょう。
    出典 :高血圧予防のための食生活
     

    塩分が血圧を上げてしまうというのは、有名な話ですが、やはり「うすあじ」になれることが大切ですね。

  • 2.野菜をしっかりとる
    ~カリウム・カルシウムも大切~

    野菜・海藻類などに多く含まれるカリウムには、ナトリウムの排出を促す働きがあります。また、乳製品や小魚、緑黄色野菜などに多く含まれるカルシウムの不足は、血管を収縮させ、血圧上昇を招きます。
    出典 :高血圧予防のための食生活
     

    カリウムだけでなく、カルシウムも大切なんですね。

  • 3.コレステロールや飽和脂肪酸の摂取を控える
    ~肉よりも魚を食べる機会を増やしましょう~

    コレステロールや、肉などに多く含まれる飽和脂肪酸の過剰摂取は、動脈硬化を招きます。これらを多く含む食品はエネルギーが高いことも多く、肥満の原因にも。
    出典 :高血圧予防のための食生活
     

    日本食が良いのでは?

  • 4.アルコールは適量を
    ~週に2日は休肝日をもうけましょう~

    過度のアルコールは、血圧を上昇させ、脳卒中などの危険因子にもなります。つまみの食塩相当量にも気をつける必要があります。
    出典 :高血圧予防のための食生活
     

    お酒のつまみにも要注意!晩御飯のおかずを少し取っておいて・・・ってのも良いかもしれません。

  • 高血糖/高血圧/メタボ予防・ヘルシー料理発芽玄米と鮭の長芋グラタン - YouTube

     

    美味しそうですね!

  • 将来、高血圧にならないように「ストレス」を溜めない

  • 「ストレス」とは、心理的重圧や精神的動揺、過度の肉体的負担などのことです。急性のストレスが血圧を上げることは古くから知られています。大勢の人の前で話すときに、脈が上がって血圧が高くなるのが良い例です。どちらかというと、慢性的なストレスの方が高血圧との関係が深く、真面目な完璧主義者では高血圧の人が多いといわれています。

    現代社会ではストレスを受けない生活は望めませんから、日常生活を工夫したり、気持ちの切り換え方を習得するなど、「ストレス」を上手に解消することが大切です。
    出典 :高血圧予防-ストレス解消|高血圧と合併症|大日本住友製薬
     

    慢性的なストレスの方が高血圧につながると。マジメな人ほど要注意!

  • どこでもできるストレス解消法「座ってリラックス、呼吸法」 - YouTube

     

    ストレス解消法。簡単なものなら、続けられそうです。

  • 将来、高血圧にならない為の「適度な運動」について。

  • 運動をすると、体内のホルモンや血液の量、交感神経系の働きなどが血圧を下げるように変化します。

    高血圧対策として好ましい運動は、散歩やジョギング、サイクリング、水泳、テニス、ラジオ体操など、有酸素運動と呼ばれるものです。身体の中の糖分や脂肪分を、酸素を使って分解してエネルギーとして用いる運動で、たとえば1日30分の早歩きを3か月ほど継続すると血圧低下の効果が現れてきます。重量あげのような筋力トレーニングや短距離走のような無酸素運動はあまり適しません。またスポーツジムや屋外の運動ばかりでなく、駅の階段の上り下りや家の中の掃除など、日常生活のいろいろな場面で意識的に運動を取り入れる工夫をしてみましょう。
    出典 :高血圧予防-運動|高血圧と合併症|大日本住友製薬
     

    早歩き30分を続ける、普段の生活の中で体を動かすように心掛けるなど、無理をしない適度な感じが良いのですね!

  • F020ウォーキングの基本<ウォーキング前の準備運動とストレッチ> - YouTube

     

    ウォーキングといっても、準備運動は大事ですね。

  • 将来、高血圧にならないために「温度差」に気をつける。

  • 寒い廊下やトイレなどに移動するとき、または冬場に外出するときなどには、温度の変化によって心臓や血管にかなりの負担がかかっています。温度が急激に変化すると、私達は体温を調節しようと血管が収縮して、血圧や脈拍が上昇します。特に高血圧の高齢者の場合、温度差によって心筋梗塞や脳梗塞といった症状を引き起こし、病死や溺死をしてしまう危険もあります。 特に冬場の冷え込んだ洗面所やトイレや浴室などといった極端な温度差がある場所に行く時には十分に注意しておかなければなりません。このように温度差の変化を繰り返す環境下で知らず知らずのうちに高血圧症を悪化させている可能性がある、ということを知っておいて下さい。
    出典 :高血圧と温度の関係|高血圧改善ガイド
     

    なるほど。住んでいる家の環境も影響する可能性があるのですね。

  • 将来、高血圧にならないためには「タバコ」は止めた方がよい。

  • 喫煙することによって体内に入ったニコチンは、副腎から血圧上昇の作用を持つホルモンを分泌させます。さらに交換神経を活発にし、血圧が上がりやすい状態にし、動脈硬化を促進させてしまうのです。
    出典 :高血圧と喫煙・飲酒 | 高血圧を知って高血圧症を撃退
     

    やはり、タバコは百害あって一利なしですね。