ちょっと気になる!生理前の黄色のおりもの

生理前の黄色のおりものが出るときってありますよね?

色がいつもと違うとちょっと心配になったり・・・
今回はおりものについて紹介していきましょう。

view12647

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • おりものって?

  •  

    おりものといえば、出ることによって下着の汚れだったり、ムレが気になったりしますよね。

    でも、実はおりものにはちゃんとした働きがあるんです。

  • 「子宮や卵巣を守る」
    内性器は肛門や尿道が近く、大腸菌やブドウ球菌などが入りやすいところです。おりものは雑菌が膣から入るのを防ぎ、雑菌や病原体を洗い流したり、老廃物を体外に排出させたりします。
    出典 :意外と知らない人が多い! 「おりもの」って? | ラルーン
  • おりものは、女性ホルモンのうち『卵胞ホルモン』の影響を受けます。 この卵胞ホルモンが分泌液を増やす命令をしているのです。
    出典 :おりもの|女性のこころとからだ事典 - WOMENJAPAN.COM(ウーマンジャパン)
  • また、正常なおりものは、デーデルライン桿菌(膣乳酸桿菌)によって膣上皮細胞のグリコーゲンが分解されて乳酸となるため、膣内のphは4~5に維持され、アルカリ性を好む精子が入りやすい環境にします。
    出典 :おりもの|女性のこころとからだ事典 - WOMENJAPAN.COM(ウーマンジャパン)
     

    妊娠するためにおりものは大切なのです。

  • 黄色いおりものって?

  •  

    女性は、ホルモンバランスのサイクルがあり、時期によっておりものの色や量が変化していきます。

    たまに生理前の黄色のおりものに変化することなんかありませんか?

  • 生理が始まる前の1週間位はうす黄色いおりものが少し増えてきます。
    分娩した方は以前よりおりものが多くなったと感じる方もいらっしゃいます。
    閉経した方ではこのような変化は感じなくなります。
    出典 :*知りたい!生理のこと*
  • 黄色いおりものを見ると、感染症にかかってしまったのでは?という不安も出てきますよね。

    生理前で薄い黄色のおりものであれば正常なようです。

  • 気をつけたい感染症

  • 実は、感染症にかかってしまった時に重要なのがおりものなんです。

  •  

    感染症にかかってしまった人の中には自覚症状が無く、気付かないという人も居るようです。

    そこでちゃんとチェックしておきたいのがおりものです!

  • 特に、感染症にかかってしまった時に多いのが黄色のおりものです。

    ニオイがいつもと違うきついニオイで、黄色のおりものだった時は感染症にかかっている可能性もあるので病院で診察を受けましょう。

  • 黄色のおりものは妊娠の兆候?!

  •  

    おりものが黄色だと妊娠の兆候だという話ってよく聞きますよね。

    ですが、一概にはそうとは言えないようです。

  • 個人差はあると思いますが、妊娠していた場合、透明なさらさらしたおりものが出たという人が多いようです。

    黄色いおりものが出ると身体についての心配を感じることもあるかと思いますが、ニオイが異常だったり、性器にかゆみや痛みなどがなければ正常なので安心してください。