片頭痛について(原因・治療薬)

片頭痛と偏頭痛。多くの原因と説。最新治療薬「スマトリプタン」。

  • S 更新日:2014/05/09

view179

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 片頭痛とは?

  • 慢性の頭痛で機能性のもの、すなわち明らかな脳の器質的病変を伴わない頭痛には、片頭痛、緊張型きんちょうがた頭痛、群発ぐんぱつ頭痛があります。片頭痛は人口の約8%、緊張型頭痛は約20~30%にみられ、群発頭痛はまれです。
    出典 :片頭痛| 脳・神経・筋の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 片頭痛には前ぶれ(「前兆」と呼ぶ)を伴うタイプと前兆を伴わないタイプがあります。前兆としては、視野の中心付近から始まりキラキラ光る境界をもつ暗点(見えない部分:閃輝性暗点(せんきせいあんてん))や視野障害などが典型的ですが、半身の感覚障害や運動障害、言葉が出にくくなる状態などが認められることもあります。
    出典 :片頭痛 - goo ヘルスケア
  • 片頭痛

  • 「片頭痛」は「偏頭痛」とも書き、「へんずつう」または「へんとうつう」と呼ぶ。朝、目が覚めて起きた時から頭痛として感じる場合や、太陽の光などを頭や目に受けて頭痛が起こった場合は片頭痛の可能性が高い。激しい運動後や緊張が解けてほっとした時、休日などにも起こりやすい。
    出典 :頭痛 - Wikipedia
     

    「片頭痛」と「偏頭痛」

  • 片頭痛患者の1割前後で、前兆がみられる。片頭痛の発生メカニズムについてはまだ解明されていない部分もあるが、有力な説としては「セロトニン説」と「神経血管説」の2つがある。また、遺伝の要因もあるとも考えられている。
    出典 :頭痛 - Wikipedia
  • 原因(セロトニン説について)。

  • まずは、上記で挙げられたセロトニン説について。

  • ストレス・緊張などにより脳が刺激を受けると、血液成分である血小板から血管を収縮させる作用を持つセロトニンが多量に放出されるようになり、脳内の血管が収縮する。時間の経過と共にセロトニンが分解・排泄されて減少すると、一度収縮した血管が逆に広がりはじめるようになり、この時に頭痛が起こるようになるというもの
    出典 :頭痛 - Wikipedia
     

    セロトニン説について。

  • セロトニンの図。

  • 原因(三叉神経血管説について)。

  • 脳血流が低下している時。
    この時期に頭痛が始まることが明らかになり、痛みの原因として脳血管周りに存在する“三叉神経”が注目されました。

  • 血管の周囲にはサブスタンスPやCGRPという神経伝達物質であるニューロペプチドがあり、これが遊離し、血管拡張や血管周囲の炎症が起こり痛みを発するとの説で、三叉神経血管説さんさしんけいけっかんせつといわれています。
    出典 :片頭痛| 脳・神経・筋の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    三叉神経血管説について。

  • 片頭痛は血管による拍動性の痛みで、若い女性に多く、しばしば家族性である。片頭痛の前は食欲が旺盛になる、甘いものが食べたくなる、眠気をさすなどと言われているが、実際に発作を予知することは不可能である。悪心嘔吐・羞明・めまい・圧痛・食欲不振・多幸感などを伴うこともある。
    出典 :頭痛 - Wikipedia
     

    三叉神経血管説について。

  • 前兆を伴うタイプもあり、視覚暗点・閃輝暗点(ギラギラ輝く歯車のようなものが見える)・一過性半盲(視界の一部が一時的に欠けて見えなくなる)・片麻痺・片側性感覚障害(痛みと半盲の出ている側の手の痺れ)・言語障害(舌のもつれ)などが前兆としてみられる。
    出典 :頭痛 - Wikipedia
     

    三叉神経血管説について。

  • 片頭痛の治療に有効の薬、「スマトリプタン(イミグラン)」

  • 最近の新しい片頭痛治療薬であるスマトリプタン(イミグラン)が有効であることは、この三叉神経血管説を裏づけるものといえます。
    出典 :片頭痛 - goo ヘルスケア
     

    最新の片頭痛治療薬「スマトリプタン(イミグラン)」について。