これからの季節、食中毒にはご注意を!!

食中毒とは、有害物質や有毒な微生物等に汚染された飲食物を摂取する事により、引き起こされる下痢、嘔吐や発熱などの中毒症状です。

view107

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食中毒とは?

  • 食中毒の原因となる細菌,ウイルスが付着した食品や,有毒・有害な物質が含まれた食品をヒトが食べることによっておこる,急性のげり,おう吐(食べ物を吐く),腹痛,発熱などの胃腸炎症状を主とする健康被害を食中毒と言います。
    出典 :食中毒
     

    日本でおこる食中毒の多くが食中毒菌によるものだそうです。

  •  

    胃腸炎のような症状以外にもアレルギー様中毒やふぐ毒による中毒などいろいろな症状があります。

  • 食中毒菌の種類とその症状

  • 腸炎ビブリオ
    出典 :食中毒
     

    8-12時間後に発症し、げりや腹痛、嘔吐、発熱などが発症します。

  • 原因となる主な食品

     

    魚介類(おさしみ・天ぷら・たたきなど)

    生の魚介類を扱った調理器具や手などによる二次感染

    たまごやきなどの卵料理

  • サルモネラ
    出典 :食中毒
     

    12-24時間後に発症し高熱、頭痛、吐き気、下痢、腹痛などが発症する

  • 原因となる主な食品

     

    食肉・乳・たまごおよびそれらの加工品

    たまごサンド・オムレツなどでも起こる

    学校でおこりやすい(調理実習・学校給食)

  • 上記の他にも、カンピロバクター、ボツリヌス菌、ブドウ球菌などがあり、どれも同じような症状が発症します。

  • 食中毒から身を守る三原則

  • ①清潔
    出典 :食中毒
     

    手を洗うことです。清潔なハンカチやタオルで拭くことも大事ですよ!

  •  

    トイレの後

    食前

    帰宅後

  • ②迅速
    出典 :食中毒
     

    調理した食品や調理された食品(給食など)は、早めに食べよう!

  • ③温度管理(加熱・冷却)
    出典 :食中毒
     

    加熱する時は中心部まで十分火を通そう!