ながらケアで化粧崩れ知らずの肌に!!

朝の忙しい時間でもできる「ながらケア」で
化粧崩れ知らずの肌になりませんか?
今回は、朝の手のあいた時間で出来る化粧崩れ知らずの肌に
なる方法をご紹介したいと思います♪

view255

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 朝こそ活用したいハンドプレス!!

  • 皆さんは、朝洗顔から始まって、自分の肌にどのくらい
    時間をかけていますか? 私の場合は、スキンケアに
    約25分。諸事情によって最短の場合で15分程で、
    その後にファンデーション…という流れです。
    時間の内訳の大半は、肌全体にのせたものを
    「なじませている」時間(夜も同じ)。
    洗面台(ドレッサー)の前にいる時間は短く、
    コーヒーを飲むダイニングだったり、
    うろうろしながらだったり、とにかく顔を
    押さえるように触っている時間が大半です。

    化粧水でも美容液でもそうですが、つけたまま放置して
    いるよりは手の平の温度を利用してハンドプレスをする方が、
    なじみがぐんと高まります。
    夜のスキンケアでも基本的に同じですが、時間のない
    朝こそ意識的に手の平を活用するのがおすすめです。
    出典 :2/2 朝のスキマ時間でつくる化粧崩れ知らずの肌 [肌の悩み・対処法] All About
     

    何かをしながらハンドプレスをする事が

    重要ですね♪

  • ファンデーションをふんわりスルリとのせるためには、
    水分と適度な油分が鍵です。基礎の仕上げにはクリームや
    乳液など量の多少はあれ、油分を含むものを使う人は
    多いと思いますが、これからの季節はつい単純に量を
    減らしてしまいがちです。しかし、肌に必要な油分が
    足りていないことで、皮脂が必要以上に出てしまい、
    自ら化粧崩れを招いているケースが多いことだってあります。
    また、油分以前に水分が足りていなければ、バランスを崩して
    余計に皮脂が過剰に出る場合もあります。

    ですから、いきなり量で加減をする前にまずは
    2~3週間前(まだひんやりしていた時季)と同等の量を
    とにかく丁寧になじませてみた上で本当に量を加減するべきか
    判断をしてくださいね。具体的に言うと、できれば基礎の
    仕上げアイテムのあとはメイク前にコーヒー一杯分くらいの
    ゆとりを持ちたいです。どうしてもベタつきが気になる場合や
    時間のないときは、テッシュを1枚顔に乗せ、手の平を
    その上から押さえるようにティッシュオフするだけでムラを防げます。

    出典 :2/2 朝のスキマ時間でつくる化粧崩れ知らずの肌 [肌の悩み・対処法] All About
  • “ながらケア”で、忙しい時間を有効活用!

  • 「化粧品をなじませなければいけないことは
    わかったけれど、実際はそんな余裕もない~」と、
    朝はとにかくバタバタ状態という方は多いと思います。
    そんな人は、朝起きてから家を出るまでの朝スケジュールを
    一度チェックして、“ながらケア”ができる
    すき間探しをしてみてはいかがでしょう。

    ドレッサーの前にずっと座って…と無理なことは言いません。
    ドレッサーの前で全てをいっぺんに終わらせようとすると、
    慌てたり省いたりしがちになります。急がば回れ、
    一気にしないで「ながら」でする方法を。
    このときのポイントは朝の限られた時間範囲で
    “化粧水はなるだけ早いタイミングに。
    そして、ファンデーション(メイク全般)はなるべく最後寄りに”
    出典 :2/2 朝のスキマ時間でつくる化粧崩れ知らずの肌 [肌の悩み・対処法] All About
     

    化粧水は早いタイミングでつけるほうが

    良いのですね♪

  •  

    一度「ながらケア」が出来る時間を

    見つけるのが良いですね♪

  • ファンデーションも最後はきちんとなじませる

  • ファンデーションは、肌の質感を整え、
    肌色を均一にきれいに見せることが大きな目的です。
    最近登場しているファンデーションは、保湿力を
    はじめ光の反射を利用して明るく見せるなど機能も
    充実してきています。が、だからといって“何でも隠せる”
    “何でもしてくれる”と期待するのは少し違います。
    隠すことにも限界が…。
    出典 :2/2 朝のスキマ時間でつくる化粧崩れ知らずの肌 [肌の悩み・対処法] All About
  • たまに見かけるのが、パウダーをスポンジに取ってはつける、
    また取ってはつける…を繰り返しているパターン。
    隠したいシミがある場所は、何度も何度も重ねづけ。
    これも、自ら化粧崩れを引き寄せているようなものです。
    塗り過ぎが原因で、重ねたパウダーの層が時間とともに
    土砂崩れのように壊れていきます。
    場合によっては、コンシーラーと併用するなどの工夫も必要ですね。
    出典 :2/2 朝のスキマ時間でつくる化粧崩れ知らずの肌 [肌の悩み・対処法] All About
     

    厚塗りは化粧崩れの原因ですね!

  • また、顔全体にファンデーションを広げた後も肝心です。
    全体につけたら、最後はしっかりファンデーションを
    押さえていますか?
    ファンデーションの粉と肌を密着させるために、
    ここは何もついていないスポンジ面を使いましょう。
    余分につきすぎたファンデーションも落とせて、
    密着度も高まり、化粧崩れ防止に役立ちます。
    スキンケアもファンデーションも、きちんと
    肌になじませて、余分なものは落とすことが大事です。
    出典 :2/2 朝のスキマ時間でつくる化粧崩れ知らずの肌 [肌の悩み・対処法] All About
  • 朝はちょっぴりせっかちな人も、時間の使い方と
    手間を惜しまないポイントをつかむだけで、
    化粧崩れしにくい肌を手にすることが可能です。
    「すでに化粧崩れがひどくて、梅雨時期になったらどうしよう…」
    と心配している人は、早速明日の朝にできることから…。
    できれば、今晩の基礎作りから意識してくださいね。
    出典 :2/2 朝のスキマ時間でつくる化粧崩れ知らずの肌 [肌の悩み・対処法] All About
  •  

    ファンデーションを肌に密着させる事が

    ポイントですね♪

  • 実際のスキンケアで気をつけたい点

  • まず、基本の洗顔は、洗い過ぎに要注意です。
    汗とホコリは、ぬるま湯で十分に落とせます。
    また脂分の多い所は洗顔料をしっかり泡立てて
    汚れを優しく包み込むように洗います。
    お化粧をした時は、自分の肌に合うクレンジング剤を
    たっぷり使い、擦らずゆっくりと乳化させ、
    水またはぬるま湯でやさしく洗い流しましょう。

    次に、化粧水でお肌を整える方が多いと思います。
    アルコールが含まれ、保湿に有効な成分を含まない
    化粧水を高頻度に外用すると、水分が蒸発する際に
    かえって過乾燥を引き起こすことがあります。
    出典 :保湿のメカニズム | スキンケア大学
     

    洗い過ぎは肌に良くないのですね・・・

  • 化粧水で保水した後は、クリームなどの油分を
    含む化粧品を塗ってフタをする必要があります。
    バリア修復に役立つ成分が含まれていると
    なお良いでしょう。特に角質細胞間脂質の
    1つであるセラミド、あるいはそれに類似した
    保湿成分が配合されたクリームを塗ることを
    おすすめします。外用した脂質は角質層を通過し、
    顆粒層内で角質細胞間脂質の合成過程に
    組み込まれることが分かっているからです
    出典 :保湿のメカニズム | スキンケア大学