メンタルヘルスケアについて

人間は生活していく上には、様々なストレスと向き合わなくては生きていけません。しかしストレスを貯める事により、身体のみならず精神的にもダメージをきたすケースも有ります。ストレスの原因は数えきれないほど有り小さい物は家庭や職場、世界規模で言うと戦争や災害、飢餓等沢山有ります。

view250

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • メンタルヘルスケアと生活の繋がり

  • 生活とストレス

     

    現代社会には様々なストレスが存在しています。ストレスを引き起こす原因(ストレッサー)もまた多岐にわたり、その感じ方も人によって大きく変わります。しかしストレスを放置すると、神経失調、機能失調、心身症など身体の病気として発現し、生活や仕事(学業)に支障をきたすことがあります。

  • メンタルヘルスとは、こころの病気を指す言葉ではなく、「心の健康状態を問う言葉」といえます(こころの病気は、「メンタルヘルス不調(不全、低下)の状態」、あるいは「メンタルヘルスに問題がある」ということになるでしょう)。そもそも精神的健康(つまりメンタルヘルス)は、身体的健康に対比して用いられる用語であり、精神的健康が保たれているということは、精神機能が健全に発揮されていることを指します。
    出典 :勤労者のメンタルヘルス
  • 世界保健機構(WHO)の健康の定義に従うと、「たんに病気でないというだけでなく、身体的にも、心理的にも、社会的にもwell-beingな状態にあること」となります。精神の健康とは、単に病気ではない(障害されていない)という視点だけでは不十分であり、人格の成長指向性や人間のより望ましい存在様式を包含する積極的な概念であるといわれています。
    出典 :勤労者のメンタルヘルス
  • メンタルヘルス・ケア

     

    武力紛争、地震・洪水などの自然災害、政治的抑圧、貧困、飢餓、差別、虐待……世界中の最も弱い立場にある人々に降りかかる災禍は、多くのものがあります。彼らが受けるダメージは、身体的外傷だけではありません。

  • 健康や体を傷つけられると同時に、精神的にも深いダメージを負い、体と心を二重に苦しめられるのです。私たちは、こうした人々に手術を行い病気を治療し、ただ単に医療行為を実行するだけで、彼らが受けた深いダメージを回復できるとは考えません。
    出典 :メンタルヘルス・ケア|国外プロジェクト|活動内容|世界の医療団
  • なぜなら、身体的なダメージと精神的なダメージを切り離して考えることはできないからです。世界の医療団では医療支援活動と同時に、カウンセリングの実施、現地スタッフへのメンタルケアの意識教育、相談センターの開設など、様々なプロジェクトなどを実施し、長期的視座に立ち、被害者の自立支援を行っているのです。
    出典 :メンタルヘルス・ケア|国外プロジェクト|活動内容|世界の医療団
  • 心とからだの健康づくり

     

    厚生労働省では、働く人の健康の保持増進に資するため、昭和63年からTHPを愛称として、働く人の心とからだの健康づくりを推進しています。THPでは、個人の生活習慣を見直し、若い頃から継続的で計画的な健康づくりをすすめることで、働く人がより健康になることを目標にしています。具体的なすすめ方については、厚生労働省から指針が公表されています。

  • 職場におけるメンタルヘルスケアの重要性
    厳しい経済情勢の中、職業生活等において強い不安、ストレス等を感じる労働者は約6割に上っています。 また、メンタルヘルス上の理由により連続1カ月以上休業し、または、退職した労働者がいる事業場は7.6%となっています。 さらに、業務に密接な関係があると判断されたメンタルヘルス不調者は労災の補償対象となり、その件数も増えてきています
    出典 :中災防:メンタルヘルスケアとは(職場におけるメンタルヘルスケアの重要性)
  • 事業者が民事上の損害賠償責任を問われる例も出ています。これらの状況をふまえ、労働者のメンタルヘルス不調は、企業経営のリスク要因として見逃せない問題であるという認識が定着してきました。 現在では、組織全体の心の健康レベルを引き上げることにより、企業の活性化や生産性の向上につなげようという考え方もでてきています。
    出典 :中災防:メンタルヘルスケアとは(職場におけるメンタルヘルスケアの重要性)
  • 英国首相ウィンストン・チャーチル

     

    チャーチル(1874 – 1965)は、第二次世界大戦を勝利へ導いた英国の首相で、2003年の英国での「誰が最も偉大な英国人」のBBCの投票で1位に選ばれています。彼は、エネルギーに満ち溢れ、鉄の意思で、頑強に戦い抜くイメージとは裏腹に、意外にも、うつ病に苦しんでいました。

  • チャーチルは、生涯、うつ症状に苦しみ、うつを黒い犬と呼んでいました。彼が周囲の人を驚かしたエピソードですが、1904年、国会での演説中、突然、言葉を失い、混乱した様子で、手で顔をおおい、椅子に座り込んでしまい、「私の話を聞いてくれて、どうもありがとう」と小さい声で呟きました。
    出典 :心の病気と有名人VOL3 元英国首相チャーチルとうつ病 [メンタルヘルス] All About
  • 周囲の人には、その姿が、彼の父親にだぶってしまい、「とうとう息子もか」という印象を与えてしまいました。この後、チャーチルは、うつ状態になり、「神経に異常を来たした」という噂が流れましたが、幸い、回復しました。しかし、その後、生涯にわたり、幾度となく、うつ状態に襲われるようになりました。
    出典 :心の病気と有名人VOL3 元英国首相チャーチルとうつ病 [メンタルヘルス] All About
  • チャーチルの精神症状は、今日では、「躁うつ病」であると考えられています。躁うつ病はハイとロウの気分の振幅が激しいのが特徴で、ハイの時には、睡眠は必要なく、気分は高揚し、何でもできるような気分になります。戦争中、彼が、超人的に働き続けられたことも、うなずけますね。
    出典 :心の病気と有名人VOL3 元英国首相チャーチルとうつ病 [メンタルヘルス] All About
  • メンタルヘルスケア、セルフケア上昇 - YouTube

  • メンタルマネジメント

     

    現代では企業もメンタル的な職場環境の良化によりストレスをへらしたり従業員のフォローの取組みの一環としてメンタルマネジメントの資格保持者を雇用する等の手段が取られています。

  • また、雇用する企業としても、社会的責任の履行、人的資源の活性化、労働生産性の維持・向上を図るうえで、社員のメンタルヘルスケアについて組織的かつ計画的に取り組む必要があります。
      メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、働く人たちの心の不調の未然防止と活力ある職場づくりをめざして、職場内での役割に応じて必要なメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を習得していただくものです。
    出典 :メンタルヘルス・マネジメント検定試験
  • 仕事や職業生活に強い不安や悩み、ストレスを抱える人は増加傾向にあり、心の不調による休職や離職もまた増加しています。働く人たちがその持てる能力を発揮し、仕事や職場で活躍するためには、心の健康管理(メンタルヘルス・マネジメント)への取り組みが一層重要になってきました。
      心の健康管理には、一人ひとりが自らの役割を理解し、ストレスやその原因となる問題に対処していくことが大切です。
    出典 :メンタルヘルス・マネジメント検定試験