「統合失調症」の睡眠

脳内の神経伝達物質の異常。緊張による不眠。睡眠障害となる原因。

  • S 更新日:2014/04/11

view210

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳内の神経伝達物質の異常

  • ・セロトニン
    行動を抑制する働きを持つ、攻撃性の調節、運動、食欲、睡眠に関わる
    ・ノルアドレナリン
    神経を興奮させる働きを持つ、恐怖や怒りの感情、攻撃行動に関わる
    出典 :原病院 総合失調症
     

    脳内の神経伝達物質について

  • セロトニン

  • 前駆期 前兆となる自覚症状が発現

  • 仕事や学業、家事などで壁にぶつかっているような感じがして自分に自信が持てなくなり、漠然とした不安感やあせりに襲われます。不眠や頭痛、動機などさまざまな身体の不調を訴える場合もあります。特に理由もなく仕事や学校を休んだり、人を避けて自宅に引きこもろうと することで、異常に気付かれることがあります。
    出典 :原病院 総合失調症
     

    症状は徐々にですが、ゆっくり回復します。

  • 過労、睡眠不足に注意

  • 急性期の症状が落ち着いた頃から、疲労感が強い、身体が重くて気だるいといった無気力な状態が目立つようになり、睡眠もだらだらと長くなります。これは急性期に消耗したエネルギーを充電するために脳が休息している状態で、回復に向かう課程で見られる状態です。
    出典 :原病院 総合失調症
     

    睡眠、休息、安堵感が大切です。

  • 睡眠不足

     

    不規則な生活になりかねません!充分にご注意下さい!

  • 統合失調症の症状:睡眠異常

  • 普通の状態であれば、何の問題もなく睡眠がとれますが、統合失調症になると、夜寝れない、寝ても夜中に何度も起きてしまう、朝起きるのが異常に早くなる、逆に寝たら必要以上に寝てしまうなど何らかの異変が起こることもあります。
    出典 :統合失調症【脳のお勉強会】
  • 睡眠障害:統合失調症(精神分裂病)とは

  • 二大内因性精神病の一つは気分障害(躁うつ病)ですが、もう一つが統合失調症(精神分裂病を2002年に改称) です。 統合失調症もまた、気分障害と同じく睡眠障害を伴います。統合失調症は、幻覚や妄想などの症状を特徴とした、脳の機能障害による病気です。
    出典 :睡眠障害:統合失調症(精神分裂病)とは
     

    症状は大きく分け、幻覚・妄想が多い陽性症状と、行動・意欲が低下する陰性症状の二つの症状があります。

  • 思春期および青年期に発症する例が多いのですが、中高年での発症もまれではありません。また、100人から120人に1人が 発病するとされており、決して珍しい病気ではないのです。統合失調症の方が、発病の初期に訴える症状は不眠です。やがて症状が進んで、幻覚や妄想があらわれるように なっても不眠は持続します。
    出典 :睡眠障害:統合失調症(精神分裂病)とは
     

    統合失調症(精神分裂病)について。

  • 統合失調症の睡眠障害の典型は、深い睡眠であるノンレム睡眠がひじょうに少ないという ことです。 ノンレム睡眠は、眠りの深さによって四段階に分かれています。そのノンレム睡眠のうち、ステージ4という もっとも深い睡眠が少ないのです。 また、中途覚醒が多いのも、統合失調症における睡眠障害の特徴です。
    出典 :睡眠障害:統合失調症(精神分裂病)とは
     

    統合失調症(精神分裂病)について。

  • 統合失調症による睡眠障害の原因

  • 統合失調症による睡眠障害による、ノンレム睡眠の減少や、中途覚醒の増加には、いくつかの原因が考えられます。 統合失調症の方は、日中過覚醒状態にあって、集中困難などの認知の障害が発生します。すなわち、ある事柄に 集中できないとか、注意があちこちに分散するといった状況が起こります。
    出典 :睡眠障害:統合失調症(精神分裂病)とは
     

    統合失調症の場合、他人を意識しすぎる過緊張による不眠という可能性があります。