うつ病を自力で治したい人必見!!!うつ病克服法まとめ☆☆

うつ病を自力で克服したいと思ってる人におすすめのうつ病克服法についての情報をまとめてみました!!!
うつ病を治したい人必見です!!!

view226

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • うつ病克服法まとめ!!!早速実践してみましょう!!!

  • うつ病で苦しんでいるなら早期休養をしましょう!!!

     

    うつ病治療に一番効果があるのは、早期休養です!!!
    仕事が忙しいと焦っていては一向に症状は改善しませんよ!!!

  • 早期休養せずに我慢して、重度のうつ病になると、何年もうつ病治療を続けることになり、自分の人生だけでなく、家族の人生をも奪われかねません。
    出典 :うつ病治療に早期休養
     

    早期休養が早期改善の道なのです!!!

  • 休養・環境調整 うつ病になる方の性格的な傾向として、生真面目で責任感があり自分に厳しい方が多いので、休養をとったり、環境調整をお願いしたりすることで職場や家族に迷惑をかけてしまうのではないかと考えてしまうかもしれませんが、焦らずに休養をとって、自分のできることを無理なくできる環境を作ることが回復への早道となります。主治医に相談の上、職場の上司や同僚、担任の先生、家族にお願いしてみましょう。
    出典 :うつ病|4.うつ病の治療|うつ病ABC| うつ病について|こころの健康情報局 すまいるナビゲーター[すまいるナビ]
     

    頑張り屋さんがうつ病を発症しやすいようです!!!
    ここでは無理をしないで休養を取ることが解決への近道につながります!!!

  • うつ病治療には有酸素運動が効果的だと言われています!!!

     

    実験でも実証済みのようです!!
    自分に合った運動を行ってみましょう!!

  • 抗うつ薬が効かなかった患者でも、1日30分の有酸素運動を行うことで、症状が改善した、というものです。
    抗うつ薬が効かなかった被験者全員の症状が改善されたわけではありませんが、うつ病に有酸素運動が効果がある可能性が高いことがわかったわけです。
    出典 :うつ病治療に有酸素運動
  • 全てのうつ病患者に、有酸素運動が効果があることを証明することはできませんが、有酸素運動をすることで、抗うつ薬の効果と同様の、脳内の神経伝達物質の伝播がよくなることは、わかっています。
    出典 :うつ病治療に有酸素運動
  • 食事療法

     

    うつ病に良いとされている食事をしたり食生活の改善がうつ病の克服につながるのではないでしょうか??

  • うつ病の時に取りたい栄養素
    ●トリプトファン
    神経伝達物質セロトニン(感情を安定させる)を合成する成分
    豆乳、牛乳、ヨーグルト、アーモンド、肉類、赤身魚、白米などに含まれます。

    ●フェニルアラニン
    神経伝達物質ノルアドレナリン(やる気を出す)を合成する成分
    大豆、牛乳、肉類、あずきなどに含まれます。

    ●ビタミンB6
    セロトニンやノルアドレナリンの合成を促進する成分。
    レバー、赤身魚、大豆、バナナなどに含まれます。
    出典 :うつ病に良い食事 うつ病教室
  • 規則正しい生活

     

    うつ病に限らず、あらゆる病気は日々の生活リズムが大きく影響しています!!!
    生活を改善して病気を克服しましょう!!!

  • 規則正しい生活は、身体への負担が少なく精神的にも安定をします。
    同じ時間に寝起きをし、日の光を浴びるようにしていると、免疫力や回復力が付きます。
    脳の神経伝達物質のバランスも正常に保たれ、うつ病を予防できます。
    出典 :自分で出来るうつ病の対処 うつ病教室
  • 考え方の変化

     

    うつ病になる人には、必ずと言っていいほど考え方の偏りがあります。
    その考え方を変える必要はないのですが、本人がつらい想いをするのであれば変化が必要です。

  • 考え方は自分でしか変化させられないのです。
    変化と言うよりは、違う考え方も取り入れるというのが最初は良いかと思います。
    偏った考え方を違う角度から考えることによって、自分にとって良い捉え方が出来るかもしれません。
    出典 :自分で出来るうつ病の対処 うつ病教室
  • うつ病治療に希望を持つこと

     

    うつ病治療に希望を持つことが大切です。
    希望を持つことで、人間が本来持っている自然治癒力が高まります。
    誰かのサポートがあるだけでも希望なのではないでしょうか??

  • 脳科学的に証明されているのですが、脳は、想像の世界の現実の世界の区別ができません。
    そのため、例えば、うつ病が完治して、毎日悠々自適に生活しているイメージを強く持つと、脳は、それを現実と勘違いします。
    そうすることで、脳が、無意識に、そのイメージに近づけようとするので、うつ病が治る、という仕組みです。
    出典 :うつ病治療に希望を持つこと
     

    イメージトレーニングをしてみましょう!!!