妊婦さん必見!!無痛分娩って一体どんななの??本当に痛くないの??気になるまとめ☆☆

妊娠をしている人やしたことがある人なら1度は考えたことがある無痛分娩!!
本当にあの痛みから解放されるの??痛みは感じないの??
気になる無痛分娩に関する情報についてまとめてみました~!!

view780

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 無痛分娩って一体何???

  • 一般的に無痛分娩と呼ばれているのは「硬膜外無痛分娩」のことです。陣痛が始まったら背骨の中を通る硬膜外腔(背中から腰の脊髄の近く)にカテーテルと呼ばれる細くて柔らかいチューブを入れて、そこから麻酔薬を少量ずつ注入することにより出産時の痛みを和らげる方法です。
    出典 :無痛分娩とは-無痛分娩ホントのところ
     

    麻酔を使用する分娩法のことです!!

  • 陣痛が来たら麻酔薬を使って痛みを和らげます!!

  • どんな人が無痛分娩に向いてるの???

  • 高齢出産の妊婦さん!!

     

    高齢出産で初産婦さんにとっては、自然分娩だと分娩の時間が長引くので無痛分娩での出産の方が、メリットは大きいでしょう、

  • ■無痛分娩の方が好ましいケース
    ・心臓や呼吸器に疾患があってお産のいきみに耐えられない人
    ・陣痛などに不安の強い人
    ・痛みに極度に弱い人
    ・お産そのものに恐怖感の強い人
    ・パニック症状を起こしやすい人
    ・体力のない人
    ・骨盤位(いわゆる逆子)、双胎(双子)など緊急帝王切開術になる可能性のある人
    ・妊娠中毒症の人
    妊娠中毒症で血圧が高い方は、陣痛がくるとさらに血圧が上昇します。無痛分娩は血圧上昇を防止する効果があります。
    出典 :無痛分娩とは-無痛分娩ホントのところ
     

    無痛分娩に向いてる人は相談してみるのもおすすめです!!

  • 逆に向いてない人は???

  • ■無痛分娩が向かないケース
    ・特殊な血液の病気、心臓病や高血圧などの合併症のある人
    ・麻酔薬でアレルギーや発作が現れてしまう人
    ・逆子が治らない人
    ・第一子を帝王切開で産んでいる人
    ・予定帝王切開の人
    ・麻酔を打つ場所に手術したことがある人
    ・陣痛発生後に麻酔処置の体勢がとれない人
    ・高度の肥満の人(100kg前後)
    背中の皮下脂肪が厚くなっていると麻酔用のチューブを背中に入れる際に困難を生じます。
    出典 :無痛分娩が向かないケース、好ましいケース-無痛分娩ホントのところ
     

    無痛分娩が向いているのか自分のケースについて考えて相談してみるのがおすすめです!!

  • 無痛分娩のメリットは???

  • 陣痛による体力消耗を防げる事ができます!!

     

    長時間の出産は体力を消耗します!!

  • 特に初産婦さんは、出産時間の平均が12~15時間と言われています。
    その間陣痛に耐えるという事は、かなりの体力を消耗する事になり、同時に陣痛に対する恐怖心やパニックに陥る事も多々あります。
    無痛分娩にすると、だいたい初産婦さんでも3~6時間での出産が平均になるようです。
    2人目以降の経産婦さんは2~4時間で出産する事ができます。
    また、呼吸器や循環器や精神面でのストレスが軽減されるので分娩時の出血を少なくする事ができて、貧血状態を防げるのです。
    出典 :無痛分娩でのメリットとは
     

    スムーズなお産が出来るのでおすすめです!!


  • ・痛みが軽減されることで無駄に力むことがなくなり体力の消耗が少なく済む。
    ・痛みが軽いと心身ともに緊張がとれて陣痛も損なわれず、分娩の進行がスムーズになります。
    ・体力の消耗が少ないので母体の回復も早い。
    ・痛みへの恐怖による力みが軽減される事で会陰が十分に伸びる事ができ、会陰切開をする確率が減る。
    ・出産時のストレスが軽減された結果、出産後の母乳の出が良くなることがある。
    ・母体の回復が早いので積極的に赤ちゃんを世話することができる。
    ・途中で帝王切開術に切り替える場合には、麻酔薬を追加することによって手術の準備がすみやかにできます。
    出典 :無痛分娩のメリット-無痛分娩ホントのところ
     

    他にも色々なメリットがあるようです!!!


  • ・痛みが軽減されることで無駄に力むことがなくなり体力の消耗が少なく済む。
    ・痛みが軽いと心身ともに緊張がとれて陣痛も損なわれず、分娩の進行がスムーズになります。
    ・体力の消耗が少ないので母体の回復も早い。
    ・痛みへの恐怖による力みが軽減される事で会陰が十分に伸びる事ができ、会陰切開をする確率が減る。
    ・出産時のストレスが軽減された結果、出産後の母乳の出が良くなることがある。
    ・母体の回復が早いので積極的に赤ちゃんを世話することができる。
    ・途中で帝王切開術に切り替える場合には、麻酔薬を追加することによって手術の準備がすみやかにできます。
    出典 :無痛分娩のメリット-無痛分娩ホントのところ
     

    他にも色々なメリットがあるようです!!!

  • 無痛分娩のデメリットやリスクはどんな物があるの???

  • デメリットは色々あります!!

     

    「麻酔薬による副作用」
    「硬膜外麻酔法のもつリスク」
    「医師または病院側の問題」

  • 「麻酔薬による副作用」としては、軽い血圧低下、皮膚のかゆみ、頭痛、吐き気、発熱があります。血圧低下に関しては、普通は点滴により治療できます。横向きに寝る事によって血圧は下がりにくいことも知られています。また、体がかゆくなることもよくあります。かゆくなる部分は薬剤の種類によって多少違いがありますが、このかゆみは長くとも1時間程度でなくなることが多いようです。その他には、背中の注射した場所にしばらく痛みが残ったり、数日間軽い頭痛 を感じたりすることがあります。
    出典 :無痛分娩のデメリット・リスク-無痛分娩ホントのところ
  • 「硬膜外麻酔法のもつリスク」としては、皮膚が弱い女性の場合の他に妊娠によって脂肪が増えているせいで、まれに背中に這わせたカテーテルが、皮膚に沿って圧迫をおこして軽い炎症を起こすことがあります。また、極まれなケースとしては硬膜外麻酔が髄液に入ってしまったことによって麻酔が上半身まで広がり呼吸が苦しくなったり、足に力が入らなくなったり一時的に意識 が遠のいたりする場合があります。また、硬膜外カテーテルの先端が血管の中に入ってしまった場合には、舌や唇がしびれたり、ひきつけ(痙攣)をおこしたりすることがあります(局所麻酔薬中毒といいます)。さらに、カテーテルを抜いた後に一時的に硬膜に孔ができることで、しばらく強い頭痛が続くことがありま すが、これらには適切な対処法があります。
    出典 :無痛分娩のデメリット・リスク-無痛分娩ホントのところ
  • 「医師または病院側の問題」としては、麻酔医の数が相対的に少ない日本では、技術や経験が豊富であるかという点で不安があります。また、麻酔科医が病院に常駐しているのか、パートタイムなのか、24時間対応してもらえるのかが気になる所です。24時間対応でなければ突然の破水等の場合、硬膜外麻酔法ができずに自然分娩になるケースがありますから病院を選ぶ際に確認をとる必要があります。麻酔科医および産婦人科医の絶対数が足りないと言われている昨今では、上記のようなケースを避けるために無痛分娩の場合は陣痛誘発剤を用いて計画出産となる事が多いようです。
    出典 :無痛分娩のデメリット・リスク-無痛分娩ホントのところ
  • 無痛分娩での出産の流れ

     

    無痛分娩は計画して入院から始まる方法が多いようです。

  • 陣痛がついてからでは辛いので、入院したらすぐに麻酔を入れる為のカテーテルというチューブを背中に入れます。
    それからは、子宮口が4~5cm開くのを待ってその間の陣痛には、耐えて逃します。
    赤ちゃんの様子やお産の進み具合を見て、麻酔液を注入していきます。
    子宮口が全開大になるまで、陣痛に耐えて全開大になると麻酔を多く追加していきます。
    会陰部の近くに麻酔を注入する事で、筋肉の緊張も柔らかくなり、会陰部の伸びも良くなって赤ちゃんの頭が会陰部から突き出る時の痛みが無くなります。
    出典 :無痛分娩での出産の流れ
     

    痛みが無いのでゆっくりとお産と向き合えるようです!!

  • 無痛分娩に興味がある人は家族と相談してみましょう!!