【肌を傷めないか心配…】ピーリングでスキンケアって大丈夫?

あなたは『ピーリング』をしたことがありますか?
最近はスキンケア製品売り場に『ピーリンググッズ』もたくさん並んでいますね。手軽に試せるようになった反面、ピーリングケアによるトラブルの話もちらほら耳にするようになりました。『ピーリングって肌を痛めたりしないの?』そんな疑問についてまとめてみました。

view193

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 『ピーリング』とは?

  • 一口に『ピーリング』と言っても、様々な種類があります。まずはこれらを順番に見ていきましょう。

  • ケミカルピーリング(chemical peeling)とは、アルファヒドロキシ酸(AHA)やサリチル酸などの薬剤を皮膚の表面に塗布し、新陳代謝の悪くなった角質層を剥がす治療法である。角質を溶かすのではなく、角質間の結合を弱める作用がある。そのため、施術後は自然に角質が剥がれていく。
    出典 :ケミカルピーリング - Wikipedia
     

    薬剤を使用して、不要な角質を剥がれやすくするのですね。

  • 使用する薬剤によって、角質層を剥がすだけであったり、肌の新陳代謝を活性化させたりと効果に違いがある。皮膚科などで行う専門的なケミカルピーリングは、pHの調整や使用する酸の濃度などを厳密に調整して行われる。酸を5 - 10分ほど皮膚に浸透させる。処置後に酸の刺激により肌に赤みが出ることがある。
    出典 :ケミカルピーリング - Wikipedia
     

    いわゆる『酸』を塗布するわけですので、やはり多少皮膚の赤みやヒリヒリ感を感じる人が多いようです。

  • また、施術後にビタミンC誘導体を用いることによって皮膚の再生を促進させることもある。
    出典 :ケミカルピーリング - Wikipedia
  •  

    『ケミカルピーリング』は薬剤を皮膚に塗布して行うピーリングです。市販のピーリングジェル剤も多く、ドラッグストア等で手軽に入手することができます。

  • ■「クリスタルピーリング」
    「工業用微小ダイヤモンド」「マイクロクリスタル」などを使用して、古い角質などを取り除きます。
    出典 :ピーリングの効果とピーリングの注意点:ピーリングの種類
  • 酸化アルミニウムの粉を吹きつけ、同時に吸引することにより皮膚の古くなった角質を除去していきます。古い角質を除去すると、皮膚のターンオーバーが促進され、なめらかできめ細かい素肌へと近づいていきます。また、毛穴の汚れや皮脂づまりも改善されますので、ニキビ肌の方にも効果的な治療です。
    出典 :恵聖会クリニック|大阪・関西
  • ケミカルピーリングの様な薬剤を一切使用しませんので、全ての肌タイプに施術可能です。(アトピーの方でも可。)
    出典 :恵聖会クリニック|大阪・関西
     

    敏感肌の人は『ケミカルピーリング』で薬剤に肌が負けてしまうという例もあるようですので、『肌に優しい』といわれているものの方が安心かもしれませんね。

  • ■「レーザーピーリング」
    レーザー光線により、古い角質などを取り除きます。
    出典 :ピーリングの効果とピーリングの注意点:ピーリングの種類
  • レーザーピーリングは、何年か前にアメリカなどヨーロッパで盛んに行われ多くの実績と効果を上げている光線の物理的刺激作用による治療法です。 古い角質を取り除くと同時に、コラーゲンやエラスチンを増加させて、皮膚の活性化を進めることにより、新しくきれいな肌を作る治療方法です。
    出典 :ピーリングの効果とピーリングの注意点:レーザーピーリングとは?
  • 超敏感肌の方やアトピー性皮膚炎の人にケミカルピーリングを行うことはできませんが、レーザーは肌へのダメージが少ないということですので、適応する肌は幅広いと言われています。
    出典 :ピーリングの効果とピーリングの注意点:レーザーピーリングとは?
  • 【やるんじゃなかった…】ピーリング失敗談

  • さて、様々な種類のピーリングがあることがわかりましたが、実際皆さんはどのようなピーリングを行ったのでしょうか?

  • 肌に合わないと顔中から悲鳴があがります。ケミカルピーリングをした、翌々日から湿疹が発生しました。サリチル酸マクロゴールは、酸を塗るだけで中和したりしないので肌に残ります。だんだんと肌に浸透していき、合わない場合は徐々に症状にあらわれ始め、悪化していきます。
    出典 :ケミカルピーリングの失敗例はこんなに恐ろしい!体験談
     

    もしピーリング後に『これはおかしい!』と感じるものがあったら、迷わずに皮膚科を受診しましょう。肌の状態は千差万別で、処置自体がその人に合う場合もあれば、合わない場合もあるのです。

  • 昨日ケミカルピーリングに行って失敗してきました。1日経って、ケミカルピーリング後の肌の赤み、痛みともに悪化。軽い火傷状態となってます
    出典 :キレイに近づくはずが、ケミカルピーリングで火傷顔に( ̄△ ̄#)|☆わんダフルライフ☆
  • やっぱり『ピーリングは危ない』ものなの?

  • 上記のような『失敗談』を聞くと、どうしても怖いイメージがついてしまいますね。では『ピーリング』自体は本当に危険で、やってはいけないものなのでしょうか?

  • なぜ『ピーリングは危ない』という認識が広まってしまったのか?理由は、日本にピーリングが普及し始めた1999年頃、エステサロンでピーリングを受けた患者さんに火傷のようなトラブルが多発したことから。これはピーリングの知識の浅いサロンで安易にピーリングを行ってしまった結果です。
    出典 :ピーリングは危ないってほんと?|ピーリングコスメ比較ナビ
  • 現在では、エステサロンではピーリング施術を行うことは一切禁止とされ、2001年より医療機関でのみ、日本皮膚学科会のピーリングガイドラインに沿ってピーリングが行われるようになりました。医療機関なので、美容サロンとは違い危険なことはなく、安心です。
    出典 :ピーリングは危ないってほんと?|ピーリングコスメ比較ナビ
  •  

    医療機関で実施される『医療サービス』であれば、安心度はかなり違いますね!

  • 自宅で誰にでも簡単にできるピーリング化粧品は、ホームケアがしやすく、トラブルがないようにと、たくさんの美容成分を配合しています。刺激がとても少なく、誰にでも安心して使用することができるのです。
    出典 :ピーリングは危ないってほんと?|ピーリングコスメ比較ナビ
     

    最近では市販のピーリングジェルも、危険性をおさえトラブルが起きないよう、慎重に配合されているようです。そのかわり、効能も劇的に表れるわけではありません。

  • いかがでしたか?
    ピーリングの種類、特徴をしっかりと学べたでしょうか?ピーリングを行う場合は、医師とよく相談のうえ、自分の肌にあったものを選ぶようにしまししょう。