「あれ?コレステロール値が高いわ私」そんなアナタ直ぐに対策を!

健康診断でコレステロール値が高いって言われたそこのアナタ!
数字を見てため息ついてるだけじゃダメ!
早目に対策しないと・・・大変なことになりますよ~~。

view357

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コレステロール値って何?

  • 血液中に溶ける脂質、コレステロールの濃度

     

    血液の中に溶けている脂質はおもに、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の4つがあり、それぞれ異なる性質と働きをします。コレステロール値とは、血液中の血清成分(液体部分)1デシリットル中に含まれるコレステロールの量で、コレステロールや中性脂肪が正常値を超えた場合、「脂質異常症(高脂血症)」と呼びます。

    引用)http://www.selfdoctor.net/q_and_a/2006_09/cholesterol/01.html

  • コレステロールの平均値って?

  • 日本の成人の総コレステロールの基準値は、正常値が130mg/dl~200mg/dl、境界値が201 mg/dl~219 mg/dl、です。220 mg/dl以上の場合は高コレステロール血症と診断され、治療や投薬が必要になります。

    また、HDL(善玉)コレステロールの正常値は、男性が40 mg/dl~60 mg/dl、女性が45 mg/dl~65 mg/dlです。HDLコレステロールが、男性で40 mg/dl、女性で45 mg/dl未満の場合は、低HDLコレステロール血症と診断されます。LDL(悪玉)コレステロール値は、正常値が70 mg/dl~120 mg/dl、境界線が121 mg/dl~139 mg/dlです。
    出典 :コレステロールの平均値 成人男性、成人女性 | コレステロールのこわい話
     

    善玉コレステロールは女性の方がちょっと高めぐらいが正常値みたいですね。

  • なぜ“善玉”と“悪玉”と分けられるのか

     

    大切な栄養素であるコレステロール。ではなぜ、善玉、悪玉と呼びわけられるのでしょうか?まず食べ物の段階では善玉、悪玉の区別はなく、“ただのコレステロール”です。コレステロールは、血液中を移動する際、たんぱく質と結びつきます。余分なコレステロールを「回収」するたんぱく質とくっついた状態を善玉=HDLコレステロールと呼びます。一方、全身の細胞へコレステロールを「配達」するたんぱく質と結びついたものが悪玉=LDLコレステロールです。つまり、悪玉も大切な役割を担っているのです。しかし、食生活の乱れなどで、悪玉が増え過ぎてしまうと、血管壁に蓄積して動脈硬化の原因となってしまいます。そのため、配達役のLDLコレステロールが悪玉と呼ばれているのです。

    引用)http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2011/03/02/01.html

  • 悪玉なんて言われて・・・ちょっと可哀想な感じも(苦笑)

  • 女性ホルモンは善玉コレステロールを上げます

     

    女性ホルモンにはいわゆる善玉コレステロールのHDLを上げる作用があります。そのためにHDLコレステロール値には元々10-20mg/dLの男女差があります。現在使っている男女が同じ基準値で判定すると、女性の場合HDLが高くて総コレステロールが高くて高コレステロール血症と判定されてしまう事があります。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/299329/

  • だから、男女で基準がちょっと違うんですね。

  • 女性ホルモンのエストロゲンが女性の血管を守っている

  • エストロゲンは、女性の体内で骨、皮膚・粘膜、脳、肝臓、血管など全身において大切な働きをしています。とくに血管内では、次のような重要な働きをしています。

    ●血管壁を柔軟に保つ
    ●LDLコレステロールの分解と排泄を促す
    ●HDL(善玉)コレステロールの合成を促す

    こうした働きが相互に作用し合い、血管の老化を防いで動脈硬化などの悪い方向に進むのを防いでくれているのです。エストロゲンがなくなることにより、健診結果でコレステロール値に危険信号が灯るのは、自然の摂理といってもよいでしょう。
    出典 :閉経女性の高LDLコレステロール対策 - goo ヘルスケア
     

    女性ホルモンにそんな効果があったなんて・・・。

  •  







     コレステロール値がどれくらい高いと危険なの?

  • 低過ぎるのも問題