気付いて早めの対策を!「老眼の症状」は何がある?

老眼の症状をしって早めに対策をしましょう。恥ずかしがっている場合ではないのです。

view136

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 老眼はいつから?

  • 老眼とは、近いところが見えにくくなるなどの症状で、40歳前後から始まる、目に起こる老化現象の1つ。個人差はありますが、誰もが老眼にはなります。近視・近眼の方でも老眼になります。
    出典 :老眼の症状(初期症状)・予防・改善|老眼とは|目の病気・症状 チェック
  • 老眼と同じような症状が、子供や30代の若い人の間でも増えつつあるようです。それは、読書やテレビ、パソコン、携帯電話などを見続けているために起こっています。目を酷使することで、水晶体の厚さの調節を行なう毛様体筋に負担がかかり、衰えてしまっているようなのです。
    出典 :老眼の症状(初期症状)・予防・改善|老眼とは|目の病気・症状 チェック
  • どんな人にも老眼は起こる。早い人では40歳前後から、平均で45歳くらいになると見え方に何らかの変化が起きる。その後老眼は進み、視力が安定するのは60歳前後といわれる。
    出典 :その症状、老眼かも 早めの対策で快適に  :日本経済新聞
  • 老眼の症状は

  • 今まで見えていた新聞、パソコン、本などの近くの文字がぼやけたりして見づらくなったが、少し離すと良く見える。または気付けば近くの物を離して見るようになった(通常、新聞、読書などで見る距離は30cm程だといわれており、30cm以上離さないと見づらい場合は老眼の可能性が高いです)。
    出典 :老眼の症状
  • ★眼が疲れやすくなった。★薄暗い場所での視力が低下したような気がする。★朝は良く見えるが、夕方くらいになると物が見づらくなる。★眼が霞むようになった。★肩こり、首こり、頭痛などがするようになった、または以前よりも激しくなった。
    出典 :老眼の症状
     

    これらも症状なのです。

  • 画像は

     

    参考なのでクリックして拡大してみてください。近くを見ようとすると目が疲れてイライラする場合もあるのですね。中々ピントが合わないときは老眼でなくてもイライラする事があります。目薬は手放せないものになってくるかもしれませんね。

  • 症状に気づいていても

  • 逆に気づいていても「無理したらなんとか見える」と我慢して、老眼対策を先送りする人も多い。しかし、老眼状態を長い時間放置していると「肩こり、頭痛、最悪の場合、吐き気といった症状が起こることもある」
    出典 :その症状、老眼かも 早めの対策で快適に  :日本経済新聞
  • 早く老眼対策をすると余計に老眼が進むのでは、と不安に思うかもしれないが、その心配はない。むしろ現代人は、「我慢せずに早めに対策をし、不要な目の負担を減らすほうがいい」と岡野院長は説明する。
    出典 :その症状、老眼かも 早めの対策で快適に  :日本経済新聞
  • 何かを

     

    集中してみている時にピントが合わず吐き気がしてしまったらもう老眼かもしれません。大切なのは早期に発見し、対策する事です。恥ずかしがっていては大事な目がどんどん悪くなるだけなのです。

  • 対策をしよう

  • 老眼鏡をかけると老眼が進む、という俗説がありますが、全く根拠はありません。まだ見えるから、とか、まだ若いつもりで無理をすると、どんどん目に負担がかかります。また、見えにくいことにより、ストレスがたまり、目以外の方面でも影響が出かねません。
    出典 :これって老眼!? 老眼の症状と、悪化させない日常生活での対策
     

    逆に早くかけるほうが良いとされているのですよ

  • 老眼である・なしに関わらず、目に負担をかけないことは、目の健康にとても大切なことです。パソコンなどの画面を見続けるときは、1時間作業をしたら10分ほど休憩を取るなど、こまめに目を休ませます。
    出典 :これって老眼!? 老眼の症状と、悪化させない日常生活での対策
  • 濡れタオルを電子レンジで1分ほど温め、閉じた目の上に5分ほど当てても、眼球周辺の血行がよくなります。また、熱で自律神経が刺激され、目の毛様体筋の働きも活発になります。
    出典 :これって老眼!? 老眼の症状と、悪化させない日常生活での対策