WHO 「砂糖は1日25グラムまで」 新指針案を発表!

世界保健機構(WHO)は、1日の糖分の摂取量の上限目標を「砂糖25gまで」としました。これまでの50gから半分になったわけです。砂糖の摂りすぎに注意しましょう。

view671

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 世界保健機構(WHO) 1日の摂取指針を発表

  • 【ジュネーブ=共同】世界保健機関(WHO)は五日、糖分の摂取量に関する指針案を発表、肥満や虫歯の防止のため総エネルギー摂取量の5%未満に抑えるべきだと提言した。平均的な大人の場合、一日約二十五グラム、ティースプーン六杯分の砂糖に相当するという。

    WHOは、5%未満が実現困難な場合でも、10%は超えないようにすべきだと強く忠告している。また糖分はケチャップのような意外なものにもたくさん「隠れている」と警告。一缶の炭酸飲料には最大四十グラムもの糖分が含まれているという。
    出典 :東京新聞:砂糖はスプーン6杯まで WHO 1日の摂取指針:社会(TOKYO Web)
     

    ケチャップにまで入っているとは! 「隠れている砂糖」にも注意が必要です。

  • ケチャップにも砂糖が!

     

    ケチャップに含まれる糖類は、砂糖、ぶどう糖果糖液糖、ぶどう糖
    思った以上に糖類が含まれていますね。

  • 炭酸飲料だと1缶で40グラムの砂糖が!

  • WHOは、砂糖が肥満や虫歯の原因となり、慢性疾患にもつながるとして、2002年に食物から取り込む熱量(カロリー)のうち砂糖の割合を10%以下に抑える目標を設定した。新指針案では、これを5%以下とすることを求めた。これにより成人では、1日に摂取できる砂糖の適量がこれまでの「50グラムまで」から「25グラムまで」に減る。砂糖25グラムは紅茶用スプーン6~7杯。炭酸飲料1缶には砂糖が約40グラム含まれ、軽く超してしまう。
    出典 :砂糖は1日25gまで…炭酸飲料1缶でアウト(読売新聞) - goo ニュース
     

    1日に摂取できる砂糖の適量が一気に半分になってしまいました。
    59g→25g

  • シュワーっと美味しい炭酸飲料ですが…

     

    1杯飲むと、1日の砂糖量を超えてしまいます。

  • 清涼飲料水の砂糖の量はどれくらい?

  • 清涼飲料水の砂糖の量

    炭酸飲料、野菜系、果実系の飲料
    おおよそ内容量の 8.5%~12.5% が糖分です。炭酸飲料は砂糖が多いと認識している人が多いと思いますが、野菜系や果実系の飲料はヘルシーなイメージがありますよね。それでもけっこう入っているんですよ。

    ウォーター系、スポーツ系飲料
    おおよそ内容量の 4.6%~11.2% が糖分です。健康的なイメージの飲料ですがけっこう入っているのです。

    紅茶、コーヒー飲料
    おおよそ内容量の 4.6%~7.5% が糖分です。お茶はヘルシーだから、紅茶もヘルシーって思われがちですがけっこう糖分が入っています
    出典 :砂糖を摂り過ぎていませんか?|ダイエット教室
     

    外出時に手軽に買える清涼飲料水ですが、砂糖の量はかなり多いのです。
    可能ならば、マグポットや水筒などに飲み物を持参したほうが良さそうですね。

  • 清涼飲料水はなるべく避けたい

  • 「砂糖の害」 様々な病気の原因となっている

  • 今の日本人を一億総病人にしている張本人は、砂糖です。おいしいと思うものは、ほとんど砂糖。料理もお菓子も飲み物も、全てに砂糖が蔓延しています。減塩神話のページでお話したように、あれだけ減塩は盛んに言われているのに、減糖とはほとんど言いません。それどころか、世の中は砂糖、砂糖で溢れています。

    砂糖は、血液を酸化(汚す)させ、赤血球や細胞を崩壊させます。つまり、ウイルスや細菌に感染しやすく、病気になりやすい身体を作っていきます。アトピーなどアレルギーはもちろん、冷え性、頭痛、肩こり、貧血、便秘、虫歯、胃潰瘍、糖尿病、心臓機能低下、子宮異常、静脈瘤などや、恐ろしい難病と言われるようなもののほとんどが、砂糖病なのです。数えればきりがありません。また、精神的にも我慢ができず、イライラし、きれやすい。不眠やうつ病なども基本的には砂糖の害です。
    出典 :砂糖の害
     

    砂糖が引き起こす病気はかなり多いですね。
    砂糖により血液が汚れていくので、多くの病気を引き起こすのです。

  • 特に白砂糖はミネラルが皆無なので、代謝の過程で体内のミネラル、特にカルシウムやビタミンBなどを消耗していまいます。しかし、実は、怖いのは白砂糖だけではなく、三温糖、ザラメ、黒砂糖、蜂蜜、果糖など、程度の差こそあれ、ほとんど同じ作用、有害性を持っています。不自然に作られた今流行のオリゴ糖も同じ作用をします。オリゴ糖にしてもブドウ糖にしても、穀物などのでんぷん質と唾液の酵素アミラーゼが混ざり、体内で原子転換をして作られているのです。
    出典 :砂糖の害
     

    体に良いと思われているオリゴ糖やブドウ糖も要チェックです。

  • オリゴ糖も1日の摂取量に加えましょう。

  • 甘い食べ物の砂糖の量は…

  • •汁粉 39g 角砂糖11個
    •練り羊羹 30g 角砂糖8個
    •板チョコレート 20g 角砂糖5個
    •カステラ 25g 角砂糖7個
    •ドーナッツ 18g 角砂糖5個
    •クッキー 13g 角砂糖3.6個
    •ドロップで 8g 角砂糖2.2個
    •ショートケーキ 30g 角砂糖8個
    •プリン 14.4g 角砂糖4個
    •アイスクリーム 22g 角砂糖6個
    •板チョコ 20g 角砂糖5.5個

    甘いお菓子だけじゃなく、ポテトチップスや揚げ煎餅のような、塩辛いお菓子にだって砂糖は使われています

    さらには、調味料や加工食品のほとんどに砂糖やブドウ糖液などが含まれてます。ということは、清涼飲料やお菓子を食べない人でも、すでに通常の食事からも砂糖をとっているのです。
    つまり、知らない間に砂糖はたくさん摂ってしまっているのです
    出典 :砂糖を摂り過ぎていませんか?|ダイエット教室
  • ついつい食べすぎてしまうポテトチップス

  • 砂糖のとり過ぎによって 引き起こされる様々な精神的・肉体的苦痛の実体と原因を述べた「シュガーブルース」という本

  • 砂糖病(シュガー・ブルース)

  • 1923年のアメリカでは禁酒法が全盛で、アルコールに代って砂糖消費が急激に増大した時でもあった。その時に「シュガー・ブルース」という歌が世に出た。
    アルコール中毒者は逮捕されるので、酒飲みたちは日が暮れるとアルコールの代わりにキャンディのビンから手を抜くことができなくなっていく。
    やがて彼らはアルコール中毒から砂糖常用者になった。
    出典 :シュガー・ブルース「砂糖病」 : 「脳‐身体‐心」の治療室
  • 著者ダフティが自分の体験から、自分が8歳の時から砂糖水の虜となり、 それ以来甘い清涼飲料水などによる砂糖中毒にかかり、 どんなひどい苦しみを味わってきたかを告白てしているものだけに、 説得力があります…

    ●忘れっぽい ●集中力がなくなる
    ●感情がコントロールしにくい
    ●カッとしやすい ●忍耐力がない苛立つ
    ●気分が落ち着かない ●心が空白になる
    ●頭が混乱しやすい ●劣等感に悩まされる
    ●いつも緊張を感じる等

    あなたもあなたのご家族も『砂糖病』に罹っているかもしれません。
    出典 :砂糖の害、砂糖のとり過ぎは万病の元!?com
     

    このような症状に思い当たれば、「砂糖病」かもしれません。

  • 砂糖の適正な摂取量は「ゼロ」!!

  • 実は砂糖の適正量を調べようとしてもデータはありません。例えば先週の「糖質」や、前の週の「タンパク質」などは身体に必要な栄養素です。ですから最低でもこのくらいの量は摂取しましょうという基準値が決まっています。
    しかし、砂糖は身体に必要な栄養とはいえません。もちろん「糖質」ではありますが、それはごはんやパンなどの多糖類から摂ればいいのです。健康や美容やアンチエイジングやダイエットのこと、身体のことだけを考えるのであれば、ゼロにするのがいちばんいいのです。
    出典 :砂糖を摂り過ぎていませんか?|ダイエット教室
     

    白砂糖を控えることから始めると良いです。
    コーヒーや紅茶には砂糖を入れない、お料理に砂糖を控える、など。
    さらに、お菓子やケーキなども減らしていくことが望まれます。

  • 砂糖が必要、という説もありますが…

  • セロトニンは幸せホルモン

  • 食品の役割は、飢餓感を満足させ、栄養失調を防ぐという基本的なものだけではなく、新しい役割として気分や精神状態の調節に大きく関わっていることが、昨今の栄養科学の研究にて明らかになってきています。特に、神経伝達物質であるセロトニンは、アミノ酸であるトリプトファンから作られ、気分や食欲に大きな影響を及ぼしています。
    出典 :砂糖と健康・東京フォーラム|農畜産業振興機構
     

    砂糖は脳にとって、大事な役割を果たしているという説もあります。
    脳にはブドウ糖が必要ですが、ご飯やパン、麺類、ぶどう、バナナなどにも含まれています。
    毎日の主食から摂れるので、わざわざ白砂糖を摂る必要はないように思われます。

  • 砂糖は「こころの栄養」

  • 砂糖は食生活に大きな喜びを与えてくれたり、食生活そのものを豊かにしてくれることは間違いがないことです。

    疲れているときに甘いもの食べたりするとホッとするでしょう。おいしいものを食べると幸せな気持ちになるじゃないですか。砂糖にはそういう役割があるのです。
    出典 :砂糖を摂り過ぎていませんか?|ダイエット教室
  • 砂糖はこころの栄養

     

    疲れたときの甘いものは美味しいです。
    たまにはハメをはずのもいいかもしれません。