顔のリンパを刺激して、綺麗な美肌をつくろう!

美しい肌をつくるためには、顔のリンパを刺激すればいいんです。

view488

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 美肌をつくるにはどうすればいいのでしょう?

  • エステやマッサージに行くのが簡単な気がしますが…。

     

    もっと日常の中で、できることはないのでしょうか?

  • 男は、女性の肌をけっこう細かく見てますよね。

  • 美人でも、肌が汚いと、嫌がる男は多いみたいです。

  • 女性のお肌は年齢とともにピチピチ感がなくなります。女性によってはエステに行ってマッサージを受けたり、美容のためにいろいろ努力をしている人もいます。女性のお肌はできるだけきれいに保つことを心がけましょう。女っぷりをアップさせるためにも男心にとって女性のお肌は重要なポイントです。お手入れに手を抜かないことが大切です。ちなみに髪も艶がある髪ほど女っぷりをあげ、男心を引き付けます。髪とお肌はきれいにすることを心がけましょう。
    出典 :男心を引きつける女の肌:恋愛心理 男心にアプローチしよう
     

    何様だよ、っていうくらいに、傲慢な意見の男もいますよね。

  • 美肌の保ち方。

  • 肌はあなたにとって、一生涯たった1枚の“着物”。それくらい大切なものだと認識し、肌にやさしい生活を心がけてあげよう。あなたが肌にやさしくなればなるほど、肌はそれに応えていつまでも若々しくいてくれるかもしれない。

    栄養バランスのよい食事がやっぱり一番!


    「栄養バランスなんて言葉、聞き飽きた!」という人もいるかもしれないが、やはりこれは基本中の基本だ。新しい肌細胞のもとになるのは各種栄養素。いいかげんな食生活で肌のコンディションが乱れた状態が続くと、間違いなく老化は早まる。→「肌にいい食べ物・悪い食べ物」
    肌に合わせた正しいスキンケアをしよう


    あなたは毎日、肌のために何をしているだろうか。しっかりスキンケアをしているという人、それはあなたの肌にとって正しいやり方だろうか。肌に合った適切なケアをしない限り、老化は進む一方だ(全くやらないのは論外)。間違ったケアは逆に老化を早めてしまう。→「肌タイプ別アドバイス」

    紫外線対策はしっかりしよう


    シミ・シワをつくらないためには、紫外線対策を怠らないこと。長時間紫外線を浴びつづけないのはもちろん、ちょっと外に出る時でも帽子をかぶる、日焼け止めクリームやファンデーションを塗るなど、肌の保護を。スキー場や海といった、とくに紫外線が強いところへは、何の対策もなしに絶対に行かないこと!
    出典 :若い肌を保つための生活8ヶ条|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    基本的なことが、やっぱり大事みたいですね。

  • 日焼けしたあとの対策。

  • 日焼けしてしまった後の手入れ法
    1 アスピリンなどの消炎剤を飲む
    2 冷水に浸したタオルや氷で、肌を冷やす
    3 化粧水をたっぷり与えて、水分を補給する
    4 乳液などを塗って、水分の蒸散を防ぐ
    5 ビタミンCをとる(メラニンの生成を抑えてくれる)
    出典 :若い肌を保つための生活8ヶ条|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    肌がボロボロにならないように、手入れは怠らないようにしましょう。

  • 生活習慣を見直してみるのも、いいかもしれません。

  • たばこはやめる!無理ならせめて本数は減らそう


    愛煙家の人にとっては、またもや耳の痛い話だが、肌のためにもたばこは絶対によくない!たばこを吸うと血管が縮んで血行が悪くなるため、栄養が末梢まで行き渡らなくなり、皮膚の表面温度が下がる。その結果、皮膚のくすみや乾燥など悪い影響を与える可能性がある。またたばこは体内に大量の活性酸素を発生させる。体内のビタミンCも急速に失われる。どうしてもやめられないなら、せめて1日10本以下に抑えたい。→「たばこをやめるテクニック」


    睡眠は十分とろう


    夜は、副交感神経が優位にはたらき、成長ホルモンも多く分泌される時間帯だ。この時間にしっかり睡眠をとると、皮膚は血液を酸素をたくさんもらって新しい細胞をつくり、老廃物をいろいろな臓器から出してくれる。逆に睡眠が足りないと、皮膚の新陳代謝はうまい具合にはかどらない。「美肌は夜つくられる」といわれるのは、こういうわけだ。
    出典 :若い肌を保つための生活8ヶ条|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    テキトーな生活している人、少なくないですよね?

  • やっぱり、煙草や夜更かしは、百害あって一利なし、ですね。

     

    脳の血管を絞めてしまうし、ガンの原因にもなりますもんね。

  • また、急激な運動や、パソコンの使用も、美肌の敵です。

  • いきなり激しい運動をしない


    運動をすれば酸素の消費量も増え、それに比例して、老化の原因となる活性酸素も多く発生する。からだのほうも、運動で生じた活性酸素を消去する能力を備えているので、その能力の範囲内(つまり適度な運動)なら問題ないが、消去能力の範囲を超えた運動となると対処しきれないのだ。
    なお、運動をする前にはビタミンE・C・B2・βカロチンなどを摂っておくと、酸化防止に役立つ。

    パソコンを使う時は1時間ごとに休憩しよう

    「電磁波」にも活性酸素を発生させるのではという疑いが持たれている。とはいえ、私たちの身の回りには、パソコン、コピー機、電子レンジ、赤外線電気こたつ、テレビ、レントゲンなど、電磁波を発する機器だらけで、これを避けようというのも無理な話。ただ、長時間電磁波を浴びつづけないようにするくらいの気配りは大切だ。目にもいい。
    出典 :若い肌を保つための生活8ヶ条|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    パソコンの長時間使用は、体にこたえますよね。

  • さて、実際にお肌のケアで注意すべきポイントを挙げていきましょう。

  • クレンジングのときに、気をつけなければならないことがありました。

  • 肌に優しいクレンジング法とは

    お肌に優しいクレンジング方法はどういったものでしょう。
    まず、クレンジング剤は多めに使うようにします。
    少なすぎると、お肌への摩擦が強くなり、余計な負担がかかります。

    クレンジングの際は、優しくマッサージするように滑らせていきます。
    お顔の皮膚は動かさないように、なでるようにマッサージしましょう。

    順番は、お肌の負担をなるべく少なくするために、
    – 皮膚が厚いおでこ、眉間、鼻のTゾーンから始めます。
    – 次に、頬やあごに進み、
    – 最後に皮膚が弱い部分、目元や口元を丁寧に落としていきます。

    洗い流す時は、ぬるま湯を使うのが良いでしょう。
    熱いお湯を使うと、保湿成分までも落ちてしまうので注意してください。

    クレンジングにかける時間は、1分程度です。
    クレンジング剤を長くお肌につけていると負担がかかるので、時間のかけすぎには注意です。
    出典 :美肌のためのクレンジング方法で汚れを落とす | 美肌を保つお手入れ方法
     

    意外な落とし穴に、注意すべきですね。

  • 顔を洗うときの、水の温度にも注意ですね。

  • 美肌のための洗顔は適温で!

    さらに、洗顔する時には、冷たい水を使っていませんか?
    これも大きな間違いです。

    冷たい水で洗顔すると、肌がきゅっと引き締まった感じがしますが、これは毛細血管が収縮して、肌が突っ張っているだけなのです。

    洗顔に使う水は、冷たくもなく、熱くもない、ぬるま湯が一番です。
    温度でいうと、30℃~34℃程度が適温ですが、乾燥肌の人は少し冷たい25℃程度がよく、脂性肌の人は35度程度が良いでしょう。

    洗顔はお風呂でするから、体を洗うのと同じ温度のお湯を使っている、という人も多いのではないでしょうか?
    面倒かもしれませんが、洗顔の際は、水で薄めて、温度を下げたお湯を使いましょう。
    このちょっとの手間の積み重ねが、あなたのお肌を美肌に保つのです。
    出典 ::間違った洗顔方法は美肌の大敵 | 美肌を保つお手入れ方法
     

    温度にまで気をつかって洗顔していましたか?

  • スキンケアをして、肌美人になりましょう!