バレンタインに♪イスラエル発チョコバーMAX BRENNER!チョコのカラダにいいこと

イスラエル発のチョコブランド「マックス・ブレナー/MAX BRENNER」が11月30日に日本初上陸することで話題になっている。
冬のイベントバレンタインの候補に有力!
オープンを記念して、チョコレートのカラダにいいことをまとめました。

view814

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 東京話題のスポットにイスラエル発のチョコレートバーが日本初上陸!

  • マックス・ブレナー/MAX BRENNER

  • 行列の絶えない表参道と、スカイツリーのおひざもと、話題のスポットでOPEN!

  • でもチョコレートって太るし…とカラダのことが心配な方、チョコのカラダにいいことを教えちゃいます。
    知っておけば、思い切り楽しめちゃう。

  • チョコはカラダにいいこといっぱい

  • 罪悪感なんか捨てて心ゆくまで楽しみたい!

  • 1.チョコレートはニキビと肥満と虫歯と関係がない?

    チョコレートを食べるとニキビが出来るというのは嘘。糖分をとりすぎると皮膚の表面が硬くなって毛穴がつまり、その結果ニキビが出来やすくなるのであって、ニキビとチョコレートについては全く関係がありません。
    「チョコレートを食べると太る!」と心配する人がよくいますが、カカオ豆に含まれるカカオバターの脂肪分は吸収率が低く、体脂肪になりくいことが実証されています。また、カカオマスには、脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを抑える効果があります。
    そして、カカオ成分には虫歯の原因菌を抑える働きがあるので、チョコレートは虫歯になるどころか、むしろ抑える効果もあるのです。
    出典 :本当はすごい、チョコレートの健康パワー
     

    ビターチョコレートを選択すれば解決ってことね!

  • 2.リラックス効果がある

    チョコレートに含まれるテオブロミンという成分は、カフェインに良く似ている成分ですが、心臓血管や中枢神経に作用して、リラックス効果があるといわれています。チョコレート独特の甘い香りは、集中力や記憶力を高めることも分かっています。
    出典 :本当はすごい、チョコレートの健康パワー
     

    心にもいいらしい。

  • 3.抗酸化作用がある

    チョコレートの中にあるカカオには豊富なポリフェノールが含まれており、優れた抗酸化作用を持っています。具体的には、動脈硬化の予防作用、コレステロール値を下げる、がんの発生を抑制するなどです。チョコレートをたくさん食べる国では胃がんの死亡者が少ないことも分かっています。
    出典 :本当はすごい、チョコレートの健康パワー
     

    ポリフェノールの効果は、言わずと知れた、チョコレートの代表的な要素ですね。

  • 4.ミネラル、食物繊維が豊富

    チョコレートの原料であるカカオ豆にはカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラルがバランスよく含まれています。カルシウムとマグネシウムは2対1で含まれており、これは大変バランスが良いとされています。鉄分や亜鉛は、貧血の防止にも効果的です。
    また、食物繊維が豊富に含まれている点も見逃せません。チョコレートに含まれる食物繊維の52.9%がリグニンという物質です。リグニンには、便秘を防ぐ、血中のコレステロール値を下げる、腫瘍ができるのを防ぐなどの効果があります。
    出典 :本当はすごい、チョコレートの健康パワー
  • 「MAX BRENNER」気になるメニューは?

  • おいしいだけじゃない!遊び心満載メニューも♪

  • 表参道・原宿、スカイツリー周辺の新たなスポットとして行列ができること間違いなし!
    今年のバレンタインで狙ってみてはいかが!?

  • [おまけ]気をつけるとベター!健康的なチョコの食べ方

  • カカオマス含有量70%以上のダークチョコレートを食べること。
    出典 :本当はすごい、チョコレートの健康パワー
     

    医学的効果が証明されているのは「ダークチョコレート」だけなのだそう。
    メニューは慎重にセレクトしないとね。

  • 食べすぎないこと
    出典 :本当はすごい、チョコレートの健康パワー
     

    なんでも食べすぎはNGです

  • 食べるタイミングは「食前」または「15時〜16時」にすること
    出典 :本当はすごい、チョコレートの健康パワー
     

    まさにおやつの時間がベストなんですね