夏じゃない!!冬が危ない!ノロウィルスに気を付けて!!

ノロウイルス(Norovirus)は、非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一属である。

カキなどの貝類の摂食による食中毒の原因になるほか、感染したヒトの糞便や吐瀉物、あるいはそれらが乾燥したものから出る塵埃を介して経口感染する

  • pocca 更新日:2013/12/31

view368

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 冬こそ危ない(>_<)牡蠣は十分に火を通して!!

  • ノロウィルスの症状は?

  •  

    主な症状は、嘔吐・下痢・発熱で、症状には個人差があるが、主な症状は突発的な激しい吐き気や嘔吐、下痢、腹痛、悪寒、38℃程度の発熱で、嘔吐の数時間前から胃に膨満感やもたれを感じる場合もある。これらの症状は通常、1、2日で治癒し、後遺症が残ることもない

  • ノロウィルスにかかった時の食事などの注意点は?

  • 大切なのは、水分補給

  •  

    水分補給をしていても、それ以上に下痢や嘔吐がひどい場合や水分補給ができない場合は、病院を受診して、点滴で水分補給を行う必要があります。

  • 乳幼児はノロウイルスで脱水になり、成人と比べて重症化しやすいので、注意が必要!!

  •  

    乳幼児の水分補給のポイントは、「こまめに少しずつ与えること」と「体重に応じた水分補給をすること」です。

  • 子どもに水分補給をさせる量は?

  • 補給すべき水分量ですが、小児科医は「1kgあたり50ml以上を4時間かけて与える」と軽度の脱水症状を起こした時でも、家庭内で対処できるとのことです。

    10kgの子供だったら、4時間で500ml(1時間で約120ml)、15kgの子供だったら4時間で750ml(1時間で約200ml)を飲ませるようにしましょう。

  • 飲ませるのに適しているのは・・・ポカリスエット!!

  • 経口補水液またはスポーツドリンクを人肌に温めてから飲むことが推奨される

  • 【動画HowTo】ノロウィルス予防と感染時の対策 - YouTube

  • 冬は部屋の中を暖房していますので、生ものの取り扱いには特に注意しましょう