号泣が究極のストレス解消!泣ける映画のオススメ

笑ったり大声で歌うよりも涙を流して泣く事が最もストレス解消に効果がある事をご存知ですか?大人になると人前で涙を流す事を我慢するようになり、泣くのが下手になっていきます。
そこで涙がストレスに良い理由と泣ける映画を紹介します。

  • osugi 更新日:2014/01/15

view889

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 号泣がストレス解消に良い理由

  • 泣く事で脳内では幸福物質とも言われている『セロトニン』が増える
    出典 :涙は最強のストレス解消法。週末に号泣して1週間を乗り切る方法 - ゆる楽リラクゼーション
  • 泣いて解消したストレスは溜まりにくい
    出典 :涙は最強のストレス解消法。週末に号泣して1週間を乗り切る方法 - ゆる楽リラクゼーション
     

    泣く事でリセットされたストレスは溜まりにくく、数日間はその効果が持続すると言われています。

  • 涙はうつの予防にもなる
    出典 :涙は最強のストレス解消法。週末に号泣して1週間を乗り切る方法 - ゆる楽リラクゼーション
     

    感動して流した涙には多量の『マンガン』が含まれています。
    このマンガンは体内で酵素を活性化させる重要な栄養素なのですが、一定量を超えて溜まるとうつ病になるリスクが増える物質であるという研究がすすめられています。
    涙は、余計なマンガンを体の外に排出する役目も担っています。

  • 泣くのは夕方が有効。
    出典 :最強ストレス解消法「週末号泣生活」脳リセットされリラックス : J-CASTテレビウォッチ
     

    泣いた後のスッキリ状態が長く続くらしいです。

  • 号泣間違いなしの映画

  • 【きにみ読む手紙】

     

    『メッセージ・イン・ア・ボトル』などで知られるニコラス・パークスのベストセラー小説を映画化。身分違いの純愛を貫く若き恋人同士の情熱的な愛と彼らの行く末がつづられる。監督は『シーズ・ソー・ラヴリー』のニック・カサヴェテス。出演は『16歳の合衆国』の若手トップスター、ライアン・ゴズリング、本作の演技で一躍注目を集めたレイチェル・マクアダムス、カサヴェテス監督の実母ジーナ・ローランズら。涙なしには見られない、珠玉のラブストーリー。

  • 【ライフ・イズ・ビューティフル】

     

    ナチの強制収容所に収監されたある一家の物語を、ユーモラスかつ温かな視点で描く。“イタリアのチャップリン”と称される、ベニーニのユーモアと哀しみを交錯させた演出が秀逸。1939年、ユダヤ系イタリア人のグイドは、小学校の教師ドーラに恋をする。彼の純粋さに惹かれた彼女は結婚を承諾。やがて可愛い息子も生まれ、3人は幸せな日々を送っていた。そんなある時、彼らに突然強制収容所への収監命令が下る。ひたむきで陽気な父親、大事なことを教えてくれます。
    悲しい題材ですが、生きていることの素晴らしさを教えてくれます。 是非お薦めの逸品です。

  • 【ショーシャンクの空に】

     

    妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ。初めは戸惑っていたが、やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者達の心を掴んでゆく。そして20年の歳月が流れた時、彼は冤罪を晴らす重要な証拠をつかむのだが……。

  • 【アイ・アム・サム】

     

    知的障害のために7歳の知能しか持たない父親サムは、スターバックスで働きながら一人で愛娘ルーシーを育てていた。母親はルーシーを生むとすぐに姿を消してしまったが、二人は理解ある人々に囲まれ幸せに暮らしている。しかし、ルーシーが7歳になる頃にはその知能は父親を超えようとしていた。そんなある日、サムは家庭訪問に来たソーシャルワーカーによって養育能力なしと判断され、ルーシーを奪われてしまう。どうしてもルーシーを取り戻したいサムは、敏腕で知られる女性弁護士リタのもとを訪ねるが、サムにリタを雇うお金などあるわけもなくあっさり断られてしまう……。

    親子愛を感じる作品です。子供がいる人でも子供がない人でもとにかく泣けます。

  • 【グリーンマイル】

     

    「ショーシャンクの空に」のフランク・ダラボン監督&スティーブン・キング脚本コンビが放つ感動作。アメリカ南部の死刑囚舎房を舞台に、不思議な力を持つ死刑囚と看守たちとの心の交流を描く。トム・ハンクス主演。1935年、死刑囚舎房で看守を務めていたポールのもとに、ある死刑囚が送られてくる。彼との交流を深めていった看守たちは、やがて彼の罪を疑問視するようになるが・・・。

  • 【クレイマー、クレイマー】

     

    8年目にして妻の自立心から破局を迎えた結婚生活。残された夫は幼い息子の面倒を見るのだが……。離婚と養育権という、現代アメリカが避けて通れない社会問題をハートウォームな人情劇を通して描いた80年の代表作品

  • 【マイ・フレンド・フォーエバー】

     

    ある日、エリックの家の隣に新しい住人が引っ越してきた。その家の子供デクスターはHIV感染者だという。始めは戸惑い、敬遠していたエリックだったが、やがてデクスターと心が通い合い、友情が芽生えてきた。そしてエリックは“彼の治療法を見つける”とデクスターを連れてあてどのない旅に出掛けるが……。HIVに感染した少年と、その友人エリックとの友情を描いた感動作。デクスターの母親役、アナベラ・シオラの演技が秀逸。

  • 【余命1ヶ月の花嫁】

     

    末期の乳ガンに冒されてしまい、わずか24歳でこの世を去った長島千恵さんの愛に満ちあふれた生涯をつづる感動ストーリー。『ヴァイヴレータ』の廣木隆一監督が、千恵さんが結婚式を挙げ亡くなるまでの余命1か月を夫婦として過ごした軌跡を描く。死の間際まで取材に応じ、乳ガン撲滅を訴え続けた千恵さんを榮倉奈々が、彼女を支える恋人の赤須太郎さんを瑛太が好演。多くの女性たちに、感動と勇気を与えた千恵さんのメッセージに胸が熱くなる。

  • 【 涙そうそう】

     

    歌手の森山良子が他界した兄を想い作詞した、「涙(なだ)そうそう」の世界観をモチーフに映画化した愛の物語。『いま、会いにゆきます』の土井裕泰監督が『春の雪』の妻夫木聡と『ラフ ROUGH』の長澤まさみをダブル主演に迎え、幼くして親を亡くした兄と血の繋がらない妹が、沖縄を舞台におりなす、切なくも美しい愛を映し出す。流れる普遍的な愛のテーマと心に響く主題歌、主演ふたりのさわやかな演技に思わず涙がこぼれ落ちる感動作。

  • 【火垂るの墓】

     

    自らの体験をもとに書いた、野坂昭如の同名小説をアニメ映画化。戦争によって両親を失った幼い兄妹がたどる過酷な運命を描く。高畑勲監督のリアルかつ繊細な演出により、兄妹の孤独な心情を見事に活写。ふたりの運命を予見するような、闇夜を照らす蛍の姿が痛烈に迫る。また、昭和20年代の日本の生活を克明に描写した美術・演出も秀逸。昭和20年の神戸。急な空襲で母が入院した、14歳の清太と4歳の節子兄妹は、叔母のもとを頼りに訪れる。だがふたりの母が亡くなったのを機に叔母は彼らを邪険にしはじめ、清太は節子を連れて誰もいない防空壕へ。ふたりだけの自炊生活をはじめるが・・・。

  • 週末にたくさん泣いてスッキリしちゃいましょう!