あなたは右脳タイプ?左脳タイプ?

脳のしくみをきちんと理解していますか?よく耳にする右脳と左脳ってどう違うの?そのことを理解すると様々な診断ができたり、興味深いことがわかってきます。

view1241

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは気軽に診断チェック

  • 簡単に図解してみると

     

    これを見るだけで、自分なら、とぱっと気づきますね。

  • 右脳の働きは?


  • 一般的に右脳はものごとを直感的にとらえると言われています。
    感覚、直感、イメージ....etc.などがこれにあたります。

    学校での教育は論理的にものごとを考えることに比重を置かれているため、あまり注目されてきませんでしたが、実はこの右脳にこそ、潜在的な能力を引き出す鍵があるとして、最近本などが出版されたりするなど、脚光を浴びるようになりました。

    モーツァルト、レオナルド・ダ・ヴィンチをはじめとした多くの芸術家、また相対性理論で有名なアインシュタインも、右脳の能力がずば抜けていたといわれています。
    エジソンの言う、"1%のひらめき"部分にあたるものと言ってもいいでしょう。
    このように、未知の力を右脳は秘めているのです。

    出典 :右脳・左脳のおもしろ診断-TOP
  • 右脳は、一言で言うと「五感を通じた感覚・感性」を取り扱います。

     右脳の五感の認識パターンは、瞬時に直感的にかつ総合的に、外部情報を認識し判断します。

     右脳の記憶容量は左脳に比べて大きく、CD や DVD のように多量な映像情報や音楽情報を、データとして記憶する事が出来ます。
     またその処理スピードも、左脳とは比べものにならないほど早いそうです。
     例えでいうと左脳は、DOS 時代の文字中心のパソコンの CPUスピード。
     それに対して右脳は、人間がまだ作った事のない超超スーパーコンピュータのスピードだと言われます。

    ■見た事は覚える

     特に視覚による画像・映像などのイメージ情報の認識は、高速かつ精度が高くまた記憶度の高いものです。
     「見た事は覚える」と良く言われます。
     視覚イメージ情報は、デジタル化された写真のような形で右脳の膨大なデータベースエリアに記憶されるそうです。
     この場所は見たことがあるなぁ、この人はあった事があるなぁ、と瞬時に記憶がよみがえるのも右脳の機能だと言われます。

    出典 :左脳と右脳のそれぞれの役割
  • 文系、芸術家・音楽家など

     

    亡くなった芸術家の脳を調べる実験もあるそうです。

  • 左脳の働きは?

  • 一般的に左脳はものごとを論理的にとらえると言われています。
    論理、分析、計算...etc.などがこれにあたります。

    学校教育の場面ではこの能力を高めることに重きを置かれていると思われますので、この能力は自然と鍛えられてきているのではないでしょうか?
    出典 :右脳・左脳のおもしろ診断-TOP

  •  左脳は「論理的な思考」を行う脳で、人間が特に発達した脳です。
     左脳は、丁度パソコンの CPU のような働きをします。
     プログラムを利用して、文字や数字を論理的に分析するような働きをするそうです。

    ■聞いた事は忘れる

     コミュニケーションでは、言葉や文字の認識などを行います。
     耳から入ってきた言葉は、左脳によって論理的に分析され記憶して行きます。
     記憶するエリアは CPU と同じく少なく、記憶する言葉などがそのエリアいっぱいになると、テープレコーダーのように、一
     番前に戻り重ね書きを行うそうです。
     長いセリフが覚えにくかったり、聞いた事を忘れるのはこの為です。

    出典 :左脳と右脳のそれぞれの役割
  • 理数系、科学・物理学系とか

     

    数字や計算が得意

  • その他、左脳右脳の診断は、様々なことに生かせます。

  • こんなものも

     

    試してみてはいかがですか?