いつがいい?「インフルエンザの検査をする時間」

インフルエンザの検査をする時間はいつが確実なのでしょうか!?

view115

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 急に高熱?インフルエンザかも!?

  • タミフルが使えるようになってから「インフルエンザは すぐに病院を受診して検査をしてもらい、インフルエンザの特効薬(タミフル)を飲まないといけない。」と思っておられる方がまだまだ多いようです
    出典 :インフルエンザ(検査・タミフル・解熱剤 他)
     

    実はこれが間違いだと言われているのです

  • 誤解を招いたのは

  • テレビの情報番組ではこのように説明されているのを見かけます。この説明では不適切な部分があり誤解が広がっています。インフルエンザかどうかはっきりしない場合、迅速検査は有効な診断根拠の一つですが、常に必要なわけではありません。
    出典 :インフルエンザ(検査・タミフル・解熱剤 他)
     

    流行中にインフルエンザの可能性が高い場合は検査なしでタミフルを使えます

  • 症状があらわれても

  • インフルエンザが疑われる症状が現れても、病院に行って検査してもらうのは12時間程待ってからの方がよい、と言われています。なぜなら、現在一般的に行われているインフルエンザの検査は、発症後12時間程の時間が経ってからでなければ実際はインフルエンザウイルスに感染していても陽性にならない場合があるためです
    出典 :症状緩和への時間を短縮できるインフルエンザの新しい検査方法 | iGotit
     

    12時間程まってからの方が良いようです

  • インフルエンザ検査の場合、インフルエンザウイルスが抗原、インフルエンザ検査キットの判定部に用いられているものが抗体となります。検体のなかにインフルエンザウイルスが含まれていた場合、これが検査キットの抗体と反応して、陽性ラインが出現するという仕組みです。
    出典 :インフルエンザの検査を受ける前に知っておきたい3つのポイント | iGotit
     

    この仕組みがあるのですが時間が早いとなかなか判定出来ないそうなのです

  • 簡易検査は

     

    抗原抗体反応を利用したものなのですが、なかなかこの検査では時間がかかるのです。発症後12時間以上たってから受けるのが確実と言われています

  • •1)鼻の奥やのどの奥を細い綿棒で拭う•2)採取した綿棒を検体処理液に入れ、採取検体を抽出する•3)検体処理液を検査キットに滴下•4)10~15分でキットに陽性ラインが出現しているかを目視判定
    出典 :インフルエンザの検査を受ける前に知っておきたい3つのポイント | iGotit
     

    こちらが検査の方法ですね

  • 新しいインフルエンザ検査もある

  • 金コロイド法では

     

    少量のインフルエンザウイルスでも検出できるようになった検査方法なのです。新しい検査方法が出来たことで時間の短縮が出来たそうなのです

  • 従来の金コロイド法では、検体に含まれているインフルエンザウイルスが少ない場合は、検出できないことがありました。そこで新しい検査方法では、インフルエンザウイルスに結合した金コロイドに、銀の微粒子を大量に付着させ、見つけやすくしたのです。
    出典 :症状緩和への時間を短縮できるインフルエンザの新しい検査方法 | iGotit
  • 発症して間もない、まだ体内のインフルエンザウイルスが少ない状態でも、検査によってインフルエンザであることが発見できる可能性が高まりました。
    出典 :症状緩和への時間を短縮できるインフルエンザの新しい検査方法 | iGotit
  • メリット

  • インフルエンザの検査ができる時間が早くなれば、薬を早く飲むことができるようになり、軽快への時間もより短くなります。なぜなら、抗インフルエンザ薬は早く飲むほど効果が高いからです
    出典 :症状緩和への時間を短縮できるインフルエンザの新しい検査方法 | iGotit
     

    検査はきちんと受けましょうね