春先のスキンケア対策を簡単に考えるまとめ

暦の上では春なのに寒い日々が続きお肌にとっては過酷な季節。しかも花粉なんてものが飛び始めているようで、目は痒い、鼻水が出てくるでテンション下がり気味です。出来ることならシンプルなスキンケアで乗り切りたいけど、そうも言ってられないようなので美肌にいい基礎化粧品とかサプリメントなどを探してみました。

view136

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • とりあえず、乾燥肌対策のための化粧品を物色。でも必要かな?

  • 春先はお肌にとっては実は過酷な季節。夏のように強い日差しがあればしっかりメイクもするけど風は冷たいしまだまだ寒い。花粉なんかも飛んでいるのでマスクしていたらメイクは手抜きしてもOK!って思っていませんか?

  • 花粉対策でマスクしていればメイクはしなくても許される

     

    これにメガネがあれば完璧じゃないですか?ファンデーションだけ気持ち塗っておけばいいかなと。

  • 花粉対策のマスクの販売サイトですが

     

    これみると顔の半分以上が隠れてしまっています。メイクしなくても外歩けるよね?

  • 定番の化粧品とか探してみてもいいかも。基礎化粧品さえしっかりしていればメイクはやっぱり必要ないかな。

  •  

    ドクターシーラボのオールインワンゲルの機能がわかりやすく説明している画像。
    ドクターシーラボの成功で他のメーカーが続々とオールインワンタイプを発売したことを考えるとやはりすごい商品だったことがわかります。
    商品ラインナップも増えていることから定番ということでいいはずです。

  • 今使用中の基礎化粧品を捨てるのはもったいない。

  • あまり今のスキンケアを変更せずに対策を講じるとなると品目を追加するということになります。その場合は、保湿成分の1点もしくは2点を追加するのがいいようです。

  • これを追加してみる。

     

    ナノヒアルロン酸とナノコラーゲンの美容液。ナノ化されていると言うことは分子は小さくなっていることを意味しているはず。これなら肌の奥まで浸透してもちもち肌を実現してくれるかも。

    このタイプは洗顔後、化粧水の前に1点追加すればいいはずです。

  • このタイプの美容液もお値段ピンキリ。エイジングケアなんて機能をプラスしたら1万円オーバーの美容液が続々出てきます。

    例えばこちら。

  • RJリンクルサイン(エイジングケア)クリーム状美容液

     

    税抜き15,000円。定期コースだと20%OFFという商品です。乾燥すると小じわが目立つと言うことであれば、こちらを試してみるのもありです。

  • 外側からの対策だけでは不十分ということであれば内側の対策も必要です。

  • 美容系サプリメントは普段の食事はそのままに必要と思われる成分をピンポイントで気軽に追加することが出来るので内側から美肌を目指すことが出来る手っ取り早い方法かもしれません。

  • ドラッグストアでも入手可能なDHC

     

    気軽にサプリメントと言うことであればドラッグストアで購入できるサプリメントがいいかもしれません。
    気軽に購入できるのでオフィスのロッカーに忍ばせておくにはちょうどいいかもしれません。持ち運びにも便利。
    ドラッグストアによってはストアポイントが貯まるので、お得に買い物が出来ることもありますしね。

  • タブレットタイプは自宅での対策向け

     

    ボトルに入っているサプリメントは自宅での使用向けですね。寝る前に摂るようにするといいと思います。

  • 粉タイプのコラーゲンは使い道が色々あるのです。

     

    パッケージにも説明されていますが、コーヒーなどに入れても味が変わらない粉末タイプであれば、気軽に摂取できます。

    実は我が家ではお味噌汁に入れて飲んでいたりもします。

  • コラーゲン以外であればプラセンタがおすすめ。

  • プラセンタには肝機能の高める働きがあると言われています。ターンオーバーを正常な状態に近づける機能もあるとされているので、美肌にも効果があると思われます。

  • 1日3粒でOKらしい。

     

    プラセンタにはターンオーバーを助ける働きがあるということで、お肌も寝ている間に作られます。寝る前にこのようなサプリメントを摂ることで、美肌への第一歩が始まるということでしょう。