自閉症のメカニズムについて

自閉症とはどんな病気なのか、そのメカニズムについて解説していきたいと思います。

view137

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 自閉症とは

  • 自閉症は、通常生後30ヶ月までに発症する先天的な脳の機能障がいです。
    出典 :自閉症について | ADDS
  •  

    視線が合わなかったり、1人遊びが多く、関わろうとするとパニックになったり、 特定の物に強いこだわりが見られたり、コミュニケーションを目的とした言葉が出ないなどといった行動特徴から明らかになります。 その障がい名から、「心の病気」という誤った印象をもたれがちですが、自閉症は心の病気ではありません。

  • 「昔自閉症だったけどなおった」「親の育て方が悪くて自閉症になった」「テレビの見過ぎ、ゲームのやり過ぎで自閉症になった」などというのは、全て間違いです。
    出典 :自閉症とは-高知県自閉症協会
  • 自閉症の特徴

  • 3才までに次の3つの症状が現れたとき自閉症と診断されます。

  • 〈社会性の発達の障害〉

  • 自閉症の人は対人関係の質的な違いがあります。例えば
    ・目線を合わせようとしない。
    ・注意を受けて困っているのに笑ってしまう。
    出典 :自閉症とは-高知県自閉症協会
  • 〈コミュニケーションの障害〉

  • 自閉症の人はコミュニケーションの質的な違いがあります。例えば
    ・言葉が話せない、もしくは言葉の発達に遅れがある。
    出典 :自閉症とは-高知県自閉症協会
  • 〈活動と興味の偏り〉

  • 意外に多い自閉症の子どもたち

  • 今では、自閉症は典型的な子どもの数だけ数えても1000人に2~6人、典型的でない軽症のタイプの子どもまで合わせると100人に1人くらいはいると考えられています。
    出典 :自閉症について|よこはま発達クリニック
  • 診断はいつから?

  •  

    自閉症は、最初に挙げた「三つ組」の障害が生涯に渡って続くことがわかった時点で確定的となりますが、その判断ができるのは、おおむね3才を過ぎてからです。しかし、3才未満の子でも3つの条件がそろっている場合、自閉症の特性に合わせたしつけや教育をしてあげたほうが、子どもはまっすぐに伸びていきやすいものです。