医療保険と長期入院について 長期入院保障の魅力は?

医療保険と長期入院について、まとめてみました。長期入院保障は必要?そもそも長期入院の定義とは?

view207

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 入院日数が長くなるのはどんな病気?

  • 長期入院するのは、完治が非常に難しい、場合によっては治せない重篤な病気にかかったときです。治療期間の予測が立たず、経済的・精神的打撃は計り知れません。
    出典 :医療保険比較のカギは1入院の限度日数を見よ
  • 入院(在院)日数が比較的長期になるのは「精神及び行動の障害」「神経系の疾患」「循環器系の疾患」が多く、入院日数が平均で1年を超えるような傷病もあります。
    出典 :長期入院への備え方 [医療保険] All About
  • 長期入院のリスク

     

    経済的打撃や精神的打撃など、備えるべきは長期入院かもしれませんね。

  • 一般的に入院の保障日数には限度がある

  • 通常1回の入院で保障してもらえる日数に限度があり、最近は60日間が主流となっています。
    出典 :2/2 長期入院への備え方 [医療保険] All About
  • 長期保障型を選ぼう

  • 長期入院した時も保障してもらいたいなら、1回の入院での限度日数が長い医療保険を選ぶ方法があります。主流は60日型ですが、実は730日型や1095日型を用意している医療保険もいくつかあります。
    出典 :2/2 長期入院への備え方 [医療保険] All About
  • 1入院のカウントの仕方

  • 医療保険では、退院から再入院までの間が180日以上空いていないと1入院とカウントとするルールがあるのです。1入院60日のプランで50日入院したとすると、同じ病気(またはそれに端を発する病気)で再入院した場合に出る給付金は残り10日間で、超過分は自腹を切ることになります。
    出典 :医療保険比較のカギは1入院の限度日数を見よ
     

    再入院を繰り返す病気の場合、退院から次の入院まで半年間もあく可能性は低いかもしれませんね。

  •  

    特に高齢者の場合は短期間に再入院を繰り返す場合が多いです。

  • 生活に困らないよう「就業不能保険」もある

  • 病気やケガで働けなくなり、長期間収入を得ることができない「就業不能状態」に備える保険です。
    出典 :就業不能保険「働く人への保険」 特長 | ライフネット生命保険
  • 長期入院や長期療養で働けない場合の一番の心配は収入を得ることができないということです。もちろん、会社員であれば健康保険の傷病手当金を利用できますが、この傷病手当金の給付にも限りがあり、給付が終了してしまった以降も生活のための支払いはずっと続いていきます。
    出典 :見落としがちな「長期入院や長期療養」のリスク | ライフネット生命保険
  • 医療保険と長期入院についてみてきましたが、高齢者の場合などですと、180日以上経過せずに再入院している方の数は結構多いのではと思います。長期入院に限らず、短期入院を繰りかえす場合などにも、長期保障型の保険は魅力的です。