無気力症候群に見られる「無気力」症状。どうやって無気力の克服をする!?

無気力症候群と言われたら、どうやって無気力の克服をする??
この病気の性質上、なかなか病気として意識されることが少ないようだ。放置しておくと重症化の恐れもある。
初期の段階で無気力症状から抜け出すために自分でできることって??
無気力症候群の原因とその対処法についてまとめてみました。

view88

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 無気力症候群とは?

  • 無気力症候群とは、アパシー症候群(アパシー・シンドローム)ともよばれ、何事にも無気力になり、また、無感動・無関心になる状態をいいます。なかには、仕事に対してはやる気がないが、趣味には精を出すという選択的な無気力もあります。共通していえることは、抑うつ気分や不眠、食欲の低下などはみられず、うつ病や統合失調症における無気力とは異なります。
    出典 :無気力症候群とは?|「うつ」の心に癒しを。
     

    よく知らない人は「無気力症候群=うつ病」と思いがち。
    でも、実はそうではないんだそうだ。
    ただ、やはり無気力症候群を何の対処もせずにそのまま放置しておくと、将来的にうつ病に移行してしまう恐れはゼロではない。

    気になる症状が現れた時は早めに専門家の診断を受けたほうがよいということが言える

  • 意欲、感情、情熱がスランプになってしまった状態がアパシー(apathy)です。
    出典 :意外と多い?! 現代人をおそう無気力症 [メンタルヘルス] All About
     

    スランプというとスポーツ選手だとか作家だとか・・・何らかの特殊な職業の人だけのものかと思っていたけど実はそうじゃないんだね。
    誰だって、スランプに陥ってしまうことはあるのだ。

  • 心が疲れてしまっている・・・

     

    誰でも心が疲れてしまうことはあるもの。
    無気力症候群、あるいは無気力症状は特別なことではありません。
    いつだって、誰にでも起こりうるものなのです。

  • 無気力症候群とはアパシー症候群ともいわれ、
    その名の通りやる気がわかず何事にも無気力になってしまうというものです。
    アパシーとは一般的に「感情や興味の欠如」のことをさし、
    この状態が長く続くのが無気力症候群ということになります。
    この症状は主に何かしらの目標がなくなったり見失ったりした時にあらわれます。
    出典 :無気力症候群とは?診断チェックや症状、改善策などについて |
  • アパシーになる理由はストレスです。普通何かのストレスを感じた場合、その理由をはっきりさせて解決する、そのこと自体を忘れるなど、人にはいろいろな解決方法がありますが、アパシーの場合は、ストレスがその人自身にとって大きすぎて、何もやる気がなくなるという構図になっています。
    従って、治すには、ストレスを軽くすることが大事です。
    出典 :アパシーは改善できるのか?
     

    ココロが疲れ切ってしまったときに現れるのが「無気力症候群」

    「何かをやろう」と思えなくなったら、焦らず、じっくりと疲れたココロを休めてあげることが最も重要。

  • あなたは大丈夫? 無気力に陥りやすいのはこんな人

  • 性格的には、勝ち負けに敏感な人がかかりやすいようです。その敏感さゆえに勝敗にかかわる局面をできるだけ避けようとします。病的になると、不登校や出社拒否を始めることも少なくありません。
    出典 :早起き心身医学研究所 -心の病/症状
  • 几帳面であったり、真面目過ぎる性格、ストレス耐性が弱い人などがあげられます。そんな人はとくに注意が必要です。
    出典 :無気力や疲労感の原因はコレかも!知っておきたい「9月病」の対策法
  • 無気力症候群もやはり症状が現れやすいタイプの人の傾向がある。
    どうやら真面目で頑張りすぎてしまう人が陥ってしまいがちなようだ。

    適度に肩の力を抜く、あるいは「まぁ、いいか」と思うようにすることで少しはそれも緩和されるのかな??

  • 無気力の克服

  • まずなぜ無気力になってしまったか、その原因を自覚する
    出典 :『無気力』特集 | 健康Salad
  • 無気力な状態の対処法としては、体調やお気持ちを悪者扱いせず、そのまま受け入れてみてください。
    出典 :無気力感 心理カウンセリング
  • たくさんある中で一番手軽かつ簡単に行える方法は、しばらくの間しっかりと休養を取ると言う非常にシンプルなものであります
    出典 :無気力症候群の治療法や対処法について
  • 自然がたくさんあるところで散歩をする

     

    家にいてじっとしているだけが休養とは限らない。
    家の外にだってリラックスできる場所はあるんです。
    人の多くない自然の多い場所で新鮮な空気を胸いっぱい吸い込みながら散歩をしてみては?
    帰る頃には気分が軽くなっているかも・・・

  • お風呂に入ってリラックス

     

    熱すぎないお湯にゆっくりとつかってリラックス

    お気に入りの入浴剤を入れたり、好きな音楽を聴きながら入浴したり・・・
    お風呂を楽しんじゃおう!

  • 無気力の克服で最も大切なのは「休養」。
    ココロとカラダをどれだけ休ませることができるかどうか、が重要です。
    その方法は十人十色、人それぞれです。
    自分にあった方法でココロとカラダを休ませましょう。

    ただし、あまり症状が長く続いているときは必ず医師の診察を受けるようにしましょう。
    無気力症状の奥に、何らかの病気が隠れている可能性もあるからです。

  • 無気力症候群にならないために・・・

  • 趣味を見つけよう

     

    その時々で夢中になれるものを見つけておこう

    夢中になれるものがあれば、もし無気力症候群が起きやすい状況になったときでも予防に役立つといわれています。

  • 例えば現在、仕事も家庭も充実した毎日を送っていても、もしお子様がみな成人されて家を巣立てば、家の中は灯りが消えたようで毎日、寂しさを覚えてしまう…。でも備えあれば憂いなし! ストレスへの対処は普段から磨いておくと共に、自分が情熱をもつ対象は言わずもがなでしょうが大切に育てていきましょう!
    出典 :2/2 意外と多い?! 現代人をおそう無気力症 [メンタルヘルス] All About
  • 規則正しい生活を送ることが一番の健康法ですが、平日は仕事などで自分の時間をとるのが厳しいという人も多いと思います。休日は2時間程少し長めに睡眠時間をとり、睡眠不足を解消するといいですね。
    出典 :無気力や疲労感の原因はコレかも!知っておきたい「9月病」の対策法
     

    極端に生活リズムを崩してしまうことは好ましくありません。
    でも、2時間程度なら問題ないみたい。
    生活リズムを崩さないに越したことはないけれど、日ごろじっくり休めない体を休日にしっかり休ませてあげることはもっと重要です。

    なかなか平日の睡眠時間が確保できなくて・・・という人は休日のプラス2時間睡眠を試してみて!

  • なってしまってからの対処法も大切ですが、ならないために気を付けることもとても大切なこと。
    予防法といっても特別なことではありません。
    ストレスを上手にかわす方法を知っておくことは、ストレス社会といわれる現代において大変重要なことです。
    それができることで、無気力症候群に限らず様々な病気の予防にもつながります。

    ぜひ自分なりのストレス解消法を見つけてくださいね。
    それは病気を予防するだけでなく、あなた自身の人生を豊かにしてくれるものにもなるはずです。