カップル必見!アフターピルの気になる避妊率

万が一・・・の時には絶対使いたいアフターピル(緊急避妊薬)。アフターピルの避妊率はどれくらい?確実に避妊できるの? そんな疑問に答えます。

view495

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アフターピルの種類

  • アフターピルには2種類あります。

  • ①ヤッペ法

    通常の毎日服用する中用量タイプのピルを通常より多めに飲むことによってアフターピルとして働きます。

    服用法:性行後72時間以内に2錠、その12時間後に2錠服用

  • ②ノルレボ

    緊急避妊薬として開発され、日本でも認可されているピル。

    性行後72時間以内に2錠服用。

    ヤッペ法に比べ失敗率が低い。
    副作用があまりないなどの利点があります。

  • アフターピルの避妊率はどれくらい?

  • ノルレボを性交後72時間以内に1回服用すると、8~15%の妊娠確率を100として、81%を避妊する効果があります。

    プラノバールの場合では、性交後72時間以内に1回、12時間後にもう1回服用することで、やはり8~15%の妊娠確率を100として、57%の避妊効果がプラスされます。
    出典 :緊急避妊薬 | ピルの 基礎知識
     

    プラノバールは中用量ピル

  • 72時間以内ならいつでも効果は同じなの?

  • モーニングアフターピルは早ければ早いほど効果が高いです。

  • 12時間以内の服用 失敗率ー0.5%
    72時間 失敗率ー4%

    また、2回目の服用を忘れると効果が落ちます。

  • 72時間以降に飲むと全く効果はなくなるの?

  • 72時間以降に飲むと全く効果はなくなるの?

  • 72時間以降でも120時間以内であれば効果がありますが、その確率は60%にさがります。