【痒くて耐えられない?!】妊婦の乾燥対策

『妊婦の乾燥対策』は、世の多くの妊婦さんにとって欠かせないものです。
妊娠すると、おかあさんの身体は赤ちゃんのためにホルモンバランスが変化しはじめ、これまでは乾燥と無縁だった人も急に乾燥・肌の痒みに襲われます。
今回は『妊婦の乾燥対策』についてわかりやすくまとめてみました。

view203

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦さんは何故乾燥するの?

  • 『乾燥』に悩まされる妊婦さんは非常に多いです。では、何故妊婦さんは乾燥しやすいのか、その原因を見ていきましょう!

  • 妊娠初期に感じる肌のかゆみは、ホルモンバランスの変化と乾燥が原因です。妊娠初期に増加するプロゲステロンというホルモンが、肌不調の原因となります。また、肌の乾燥は、子宮に水分を貯め込もうとする働きで、身体のあちこちから水分が奪われることで起こります。
    出典 :妊娠初期のかゆみ 赤すぐ|妊娠初期のかゆみについての説明や妊婦さんの体験談
  •  

    お腹の赤ちゃんのために水分が必要なので、おかあさんの水分が奪われてしまうのですね。

  • 妊娠中は肌が乾燥しやすく、かゆみで悩む方が多いようです。妊娠中はホルモンバランスの変化などにより、さまざまな肌トラブルが生じ、特に妊娠製皮膚掻痒症は妊婦さん独特の肌トラブルです。
    出典 :妊娠中の乾燥対策
  • 妊娠性皮膚掻痒症とは?

  • 妊娠性皮膚掻痒症は、妊娠による環境の変化や皮膚の乾燥が原因と考えられます。妊婦さんはホルモンバランスが乱れ、特に女性ホルモンの分泌が増加する分、相対的に男性ホルモンのバランスが低下し、乾燥しやすい状態です。
    出典 :妊娠性皮膚掻痒症とは | スキンケア大学
  • 乾燥の激しい冬場でしたら、室内を加湿した上で、保湿ケアを十分にするよう心がけましょう。
    妊娠性皮膚掻痒症は、かゆみに対して、掻き壊すことで悪化します。掻き壊した結果肌にぶつぶつが現れたりすると、他の湿疹との区別がつきにくくなりますし、余計にかゆみが増し、状態が悪化します。
    出典 :妊娠性皮膚掻痒症とは | スキンケア大学
     

    自分の皮膚に潤いを与えるだけではなく、室内の湿度にも気を配るようにしましょう!

  • 全身にムズムズしたりあるいはチクチクと刺されるような、とにかくただただ強いかゆみをともないます。しかしながら妊婦さんの全身状態は良好で、皮膚表面に発疹などは現れず特別な病変は特にありません。
    出典 :妊娠性皮膚掻痒症とは | スキンケア大学
  • 【妊婦の乾燥対策①】ビタミンやミネラルの補給

  • 妊婦さんが乾燥しやすい仕組みはわかりましたね。では次に、乾燥対策について見ていきましょう。

  • 妊娠中は、赤ちゃんにビタミンやミネラルなどの栄養がとられてしまい、自分はその分が不足します。ビタミンやミネラルがお肌の再生機能には不可欠ですので、これが不足してしまうと当然乾燥肌などの肌トラブルを発症することになります
    出典 :妊娠中の乾燥対策
  •  

    『ビタミン』『ミネラル』といった、お肌に必要な成分が赤ちゃんの栄養として赤ちゃんの方へ流れていってしまうのです。その結果、おかあさんに必要なビタミン・ミネラルが足りなくなってしまうのですね。

  • 妊婦さんは、乾燥対策のために特に食事に気を遣い、ビタミンやミネラル分を妊娠する前以上に摂取するよう心掛けてください。また、肌が敏感になっているので、健常肌の人でも、なるべく刺激物は避け、お化粧品なども天然成分のものをお勧めします。
    出典 :妊娠中の乾燥対策
  • 【妊婦の乾燥対策②】お肌のお手入れ

  • 妊娠中は肌が敏感になったり、これまでと肌のコンディションが変わりがちなので、低刺激の石鹸をよく泡立てて、泡で包み込むように洗いましょう。ゴシゴシ洗いは厳禁です。入浴後の保湿ケアも乾燥対策には有効です。
    出典 :妊娠初期のかゆみ 赤すぐ|妊娠初期のかゆみについての説明や妊婦さんの体験談
     

    妊娠中はお肌も非常に敏感になっています。妊娠前と同じような感覚で肌をゴシゴシこすってはいけません。ボディソープは低刺激のものを、そしてできればタオル等ではなく、手のひらで優しく洗いましょう。

  • いかがでしたか?
    妊娠中はおかあさんの身体にたくさんの変化が現れます。辛い症状が続くと気持ちも落ち込んでしまいがちですが、しっかり対策をたてて、なるべく快適に過ごせるようにしましょう!