早期発見が重要な子宮外妊娠

子宮外妊娠とは何でしょうか?子宮外妊娠という滅多にない状態ですが、知っておくべきことが沢山あります。
今回は早期発見と対応が必要な子宮外妊娠についてご紹介します。

view266

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 産婦人科医の頭を悩ませる?!子宮外妊娠ってなに?

  •  

    専門のドクターでも発見するが難しいと言われる状態です。果たしてどんな場合になってしまうのでしょうか?

  • 正常妊娠では、子宮のなかで胎芽(たいが)(胎児の初期の状態)・胎児が育ちます。ところが、妊娠はしていても、子宮の中の正常な部位以外で胎芽・胎児が大きくなる場合があり、これを子宮外妊娠といいます。
    出典 :子宮外妊娠 とは - コトバンク
     

    超音波などの検査技術の進歩した今日では、無症状のうちに診断がつき、手術となる場合も少なくありません。一般的には、左右のどちらかの下腹部痛や、暗赤色の少量の性器出血があり、さらに、腹腔内(ふくくうない)に出血すると急な腹痛、吐(は)き気(け)や嘔吐(おうと)などの症状をおこします。

  • この様な症状が出たら注意して下さい。

  •  

    子宮外妊娠といっても妊娠に変わりはありません。
    そのため分かりづらく対応が遅れてしまいがちなのです。

  • この子宮外妊娠の場合でも、妊娠と同じようなつわりが起こります。子宮外妊娠の症状も病院で見てもらわなければなりません。妊娠検査薬でチェックをして病院で診断を行っていきましょう。
    出典 :子宮外妊娠の症状・危険性と注意点!!
     

    子宮外妊娠の症状では下腹部の痛みが発生しますし、不正出血も起こりうるものとなっています。特に子宮外妊娠によって、卵管の破裂が起こってしまうと、これは大出血が発生してしまうので、非常に危険です。子宮外妊娠の症状、原因ともに数え切れないほどの多様性を持っています。具体的な原因こそ分かっていない子宮外妊娠ですが、是非注意しておきたい症状ですね。

  • 早期発見するにはどうしたらいい?

  •  

    できるのであれば、早めに見つけたいですよね。
    難しいと言われていますが何か方法はないのでしょうか?

  • 子宮外妊娠をそのままにしておくと卵管が破裂し、母子ともに危険な状態になるため、早期発見が重要です。主な症状としては腹痛が多く見られます。
    出典 :子宮外妊娠の原因を知って不妊症を解決 - 原因別 -『妊サポ』は不妊症、不妊治療に役立つ情報を集めています
  • 専門の産婦人科医は妊娠のごく初期から、超音波診断装置で子宮内の胎児を確認することができます。胎児が見られないときには子宮外妊娠の可能性について的確に判断することができます。
    出典 :子宮外妊娠かも知れないと思ったら
  • 子宮外妊娠は、早期発見したら治療しましょう

  •  

    治療にも幾つか種類があるみたいですね。
    どのような方法があるのでしょうか?

  • 卵管妊娠の場合では、受精卵が着床している箇所を手術によって切除する方法。
    メトトレキサート(抗がん剤)によって治療する方法。
    手術や薬剤による治療を行わず、自然に流産するのを待つ方法。
    出典 :子宮外妊娠と治療方法
  • 子宮外妊娠しやすい人の特徴

  • 子宮外妊娠に関しては、まだまだ分かっていない事も多いようです。今現在、分かっている事は以下の通りです。
    以前、子宮外妊娠をした事がある方。過去に子宮外妊娠を経験された事のある方は、そうでない方に比べて次の妊娠が子宮外妊娠である可能性が10%ほど高くなると言われています。
    出典 :子宮外妊娠について-赤ちゃんの部屋