「眠る」ことの役割。

当たり前な行動である「睡眠」
その行動には多くの役割があります。

  • S 更新日:2013/12/19

view214

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 眠りの必要性

  • 普段、私たちが当たり前に行っている「眠る」という行動について。
    改めて聞かれると答えに詰まりそうですよね(笑)
    でも、ちゃんとした理由はあるのです。

  •  

    成長期の子供であれば、とても重要な事の一つです。

  • 眠る理由

  • ・疲労回復
    脳と心の疲れを癒しています。
    毎日学校や職場で消費するエネルギー。
    脳と体を休めることにより、疲れがリセットされるのです。

  •  

    翌朝に響かないように元気に過ごすためと言えます。

  • ・ストレスを取り除く
    他人の言動や周囲の環境により発生するストレス。
    それらは眠る事で、精神を安定させます。

  • ・病気に対する免疫力をつける
    睡眠中には、成長ホルモンやメラトニンが分泌されています。
    メラトニンはウイルスに対して免疫力をつけてくれるので、体調管理する上で必要な役割なのです。

  •  

    体外からのウイルスに対する抵抗力が増す、大切な睡眠。
    寝ないと体調悪くする人もいます。

  • ・記憶の整理
    寝ている間の脳は、その日に覚えた事や学習した事の整理をしています。
    内容によりけり脳内のあちこちに収納されるのです。

  •  

    時々「思い出せないけどふとした瞬間に思い出す」という事ってありますよね?
    あれは、記憶の引き出しを探し当てたと表現されています。
    つまり、一度見たものや聞いたものは覚えているはずなのですが、引き出しを見つけるのに時間かかっているだけなのです。

  • ・成長するため
    成長期の場合は、しっかり睡眠摂る事が大事です。
    子供のうちから睡眠妨害ばかり出くわしたり、6時間以下の睡眠ばかりだと、あまり成長は望めません。

  • この他にも「活性酸素の除去」など、様々な役割があります。
    眠るという行為は、ただ疲れを癒すだけではないのです。