脳腫瘍と悪性リンパ腫 についてまとめてみました。

脳腫瘍と悪性リンパ腫についてまとめています。それぞれの病期について詳しく勉強してみましょう。

  • green 更新日:2014/04/15

view174

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳腫瘍と悪性リンパ腫の病気について

  • 脳腫瘍とは、頭蓋内に発生する(1)原発性および(2)転移性の新生物の総称で、年間発生頻度は十万人に十人程度です。
    出典 :脳腫瘍(脳神経外科)
  • 悪性リンパ腫は全身のリンパ節やリンパ組織に発生するがんです。ホジキン病と非ホジキンリンパ腫に分けられますが、日本では非ホジキンリンパ腫がほとんどです。
    出典 :悪性リンパ腫<子どもの病気> - goo ヘルスケア
  • 脳腫瘍と悪性リンパ腫の症状とは?

  • 脳腫瘍の主症状の一つの脳圧亢進症状となります。血管障害と異なり、ゆっくり進行するのがふつうです。脳圧亢進症状の3徴候に(1)頭痛、(2)吐き気、嘔吐、(3)うっ血乳頭があります。頭痛、吐き気は朝特に強いのが特徴です。
    出典 :脳腫瘍(脳神経外科)
     

    朝に吐き気を感じることがたびたびあれば、脳腫瘍の恐れがあるのですね。

  • 脳腫瘍のもう一つの主要症状は、局所症状(巣症状)です。腫瘍占拠部位により片麻痺、言語障害、視力障害などを呈します。その他、てんかん様発作、意識障害などもあります。
    出典 :脳腫瘍(脳神経外科)
  • 悪性リンパ腫の主な症状はリンパ節のはれ・しこりや圧迫感で、頸部けいぶ、腋わきの下、股の付け根のリンパ節がはれることです。通常は進行性で痛みがありません。
    出典 :悪性リンパ腫| お年寄りの病気 - Yahoo!ヘルスケア
  •  

    脳腫瘍も悪性リンパ腫も入院をして治療をすることが大切です。では次に、治療方法についてみていきましょう。

  • 脳腫瘍と悪性リンパ腫の治療方法

  • 脳腫瘍の治療は(1)手術療法、(2)放射線療法、(3)化学療法、(4)免疫療法などの4つに大別されます。 原則的に、良性腫瘍には手術療法のみ、悪性腫瘍には手術療法の他に他の治療法が併用されます。
    出典 :脳腫瘍(脳神経外科)
  • 悪性リンパ腫の治療には抗がん剤を用いる化学療法と放射線療法があります。手術を必要とすることは稀です。治りにくいリンパ腫や治療の効果が十分でない患者さんに造血幹細胞移植が有効な場合があります。
    出典 :悪性リンパ腫 | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院
     

    悪性リンパ腫では、手術で治療をすることはほとんどないようです。

  •  

    化学療法の中で、薬剤によってリンパ腫を治療する方法があります。この治療法ではいろいろな薬を組み合わせるため、副作用が出る場合が多いです。どのような副作用があるのかを知っておきましょう。

  • 吐き気 多くの抗がん剤が吐き気と嘔吐を引き起こします。本人にとって苦しいこの症状には、吐き気を抑える薬が使われます。現在、数種類の薬が認可されており、非常によく効きます。
    出典 :悪性リンパ腫 | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院
     

    吐き気を抑える薬もあるので、症状が激しいときには医師に相談をして使ってもらうようにしましょう。

  • 口内炎  口の中がただれて、痛みを伴い、食事が食べにくくなることがあります。うがい薬や軟膏を用います。
    出典 :悪性リンパ腫 | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院
     

    口内炎を保護するパッチのような貼り薬もあります。

  • 脱毛 脱毛はほぼ全員に起きます。しかし、抗がん剤を終了してから1~2ヶ月後にまた生え始めてきますので、その間がまんしなければなりません。
    出典 :悪性リンパ腫 | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院
     

    抗がん剤の治療が終われば、髪の毛がまた生えてくるので、治療中のみの辛抱です。