オメガ3脂肪酸で憂うつな気分を吹き飛ばそう

特に理由があるわけでもないのに、なんとなく憂うつな気分が続く。そんなときは生活習慣や食生活の乱れが原因かもしれません。オメガ3脂肪酸で憂うつな気分を吹き飛ばしましょう。

view59

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • オメガ3脂肪酸はうつ症状に効果がある

  • オメガ3脂肪酸といえばダイエット効果やメタボリックシンドロームの解消
    コレステロール値を下げる、動脈硬化や心筋梗塞予防に効果のあると言われる成分です。
    しかしこれまでの研究でうつ症状にも効果があることが明らかになっています。

  • オメガ3系脂肪酸とは…

  • 私たちが摂取している脂肪には、体内で作ることができず食べ物から摂らなければならない必須脂肪酸があり、その代表的なものが、オメガ3系とオメガ6系の脂肪酸です。
    オメガ3系脂肪酸には、α-リノレン酸、DHA、EPAなど、オメガ6系脂肪酸には、リノール酸、アラキドン酸などがあります。
    オメガ6系脂肪酸は、一般的な植物油や動物の脂に含まれているので、私たち日本人は摂りすぎが心配なほどですが、オメガ3系脂肪酸は、食の欧米化や、魚の摂取量が減ったことなどから、摂取量は少なくなっています。
    出典 :No.032 オメガ3系脂肪酸の精神疾患への影響:アンチエイジングトピックス:アンチエイジング | 田中消化器科クリニック
  • オメガ3系脂肪酸は、精神疾患でも注目され始めています。
    第105回日本精神神経学会では、各種精神疾患とオメガ3系の関係を示す文献レビューを行った結果、気分障害や認知症、うつに対して有効性が示されたと紹介されました。
    また、魚の消費量が多い国ほどうつ病発生率が低く、その最たる国が日本であったが、近年は魚消費量が低下傾向にあり、特に小児から学童期の落ち込んでいることが心配されています。
    出典 :No.032 オメガ3系脂肪酸の精神疾患への影響:アンチエイジングトピックス:アンチエイジング | 田中消化器科クリニック
  • うつ病は仕事のストレス、職場の人間関係のストレスなどストレスが深く関与して発症してしまう心の病として社会問題になっているわけですが、引きこもりの学生から社会人デビューした20代の若者、職場でも家庭でも責任と結果が求められる40代以上のサラリーマンまでありとあらゆる年代でうつ病が増えているそうなんです。

    そんなうつ病を食の面からアプローチして克服できないかと研究がすすめられており、そのなかで期待されている成分のひとつが魚油に多く含まれるDHAです。 というのも「魚を食べる量が多いほどうつ病にならない」といううつ病に対する魚食(DHAの摂取)の有効性を示した研究データが数多く存在するからです。
    出典 :うつ病にDHA・EPAなどオメガ3脂肪酸の摂取が効果がある理由
  • "@moritaryoho_bot: 【うつ病のリスクを減らす食べ物】~◎サーモン ◎野菜・果物 ◎豆類 ◎ナッツ類~サーモンは脳や神経機能の促進に良いとされる『オメガ3脂肪酸』が豊富で、野菜・果物、豆類、ナッツ類は抗酸化力が高く、抗うつ作用が期待できるようです(*^▽^*)"
  • オメガ3脂肪酸が不足すると鬱っぽい状態になりやすくなる、体が不調になるなど私たちの心と体に多大な影響を及ぼします

    とても大事꒡͡ ો ̼̮ ꒡͡ カシコマリマシタ˳
  • オメガ3脂肪酸のサプリメント

  • サプリメントとして摂取することのメリット

    魚油や亜麻仁油は酸素による劣化が無視できません。

    ソフトカプセルに充填することで、中身(亜麻仁油、魚油)をゼラチンの膜で完全に酸素から隔離できます。

    そのため、ソフトカプセルに充填した場合には、私たちが、魚料理やドレッシングなどでオメガ3系脂肪酸を取るよりも、より効率的にオメガ3系脂肪酸を利用することができます。
    出典 :オメガ3系必須脂肪酸サプリメント編 | 商品開発ストーリー | 医療機関でのサプリメント導入について | 株式会社ヘルシーパス
  • 1か月、2か月とじっくり飲み続けました。
    飲んでる間もうつで会社を休むことはありましたが、2か月ぐらいでその回数も減ってきました。
    もしかするときなりが効果的に働いているのかもしれないと安心できました。
    半年ぐらいすると休みを取ることも減りましたが、うつになって落ち込むことが
    そもそも減ってきました。
    まさにオメガ3脂肪酸の効果が出たと言う感じで、本気で嬉しかったです。
    出典 :うつ症状の軽減効果