内耳炎を治療したい!内耳炎について詳しく知って対策を取ろう

三半規管に影響があるため、ふらつきや吐き気を伴う内耳炎。その内耳炎を治療するにはどうしたらよいでしょうか。
早期の発見で、症状も軽くなります。中耳炎やそのほかの病気を発症したときには、まずは気をつけてみましょう。

view59

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 内耳炎とは?

  • 内耳炎

     

    この内耳の部分が炎症してしまうことです。

  • 内耳に炎症が起こる原因は、中耳炎と同じく細菌やウイルスに感染して起こるものです。内耳炎は単独で生じることが少なく、多くは中耳炎も同時に生じているか中耳炎から波及したものです。
    出典 :【耳炎.com】〜中耳炎・外耳炎・内耳炎〜
     

    主な原因は中耳炎ということもあります

  • 内耳炎の主な症状は、難聴や耳鳴りから回転性のめまいや吐き気などがあります。炎症の及び方が急激な場合は、これらの症状も時にかなり激しいものとなり、日常生活においてかなりの障害を受けるようなことも考えられます。
    出典 :【耳炎.com】〜中耳炎・外耳炎・内耳炎〜
     

    内耳炎は、一度罹ってしまうと、治癒しても、症状が治まらないといことがあるのです。これが厄介です。

  • 内耳への炎症の及び方が急で、しかもその程度が強い場合には、激しい回転性のめまい、吐き気、嘔吐に加えてひどい難聴や耳鳴りが起こります。内耳には、体のバランスをとるために不可欠な三半規管(さんはんきかん)などの前庭器官(ぜんていきかん)と、音の感覚器官である蝸牛(かぎゅう)があります。
    出典 :内耳炎 治療方法 - goo ヘルスケア
     

    これら内耳の機能が、強い炎症で障害を受けて急激に低下するため、これらの症状が起こるそうです。

  • 起因するウィルスたち

  • 内耳炎

     

    ウィルスによる炎症が起因していることが多いのです。

  • 内耳炎の多くは中耳炎からの波及が原因となりますが、稀に髄膜炎から発展して発症する場合もあります。髄膜炎とは、脳を保護している髄膜という膜に炎症が起こる病気のことで、インフルエンザ菌やヘルペスウィルスなどの細菌やウイルスが内耳に感染して起こります。
    出典 :【耳炎.com】〜中耳炎・外耳炎・内耳炎〜
     

    特に、髄膜炎が問題であれば、熱も少し高めになります

  • 血行を介しての感染では、おたふくかぜ、インフルエンザ、はしか、耳(みみ)ヘルペスなどの原因ウイルスが内耳炎の発症に関係します。
    出典 :内耳炎/ウイルスによる内耳障害 とは - コトバンク
  • 内耳炎を治療するには

  • 内耳炎

     

    早めに治療することで症状が軽くなりますね

  • 内耳炎の治療は主に薬物療法が取られます。細菌やウイルスに対して抗菌剤や抗生剤を使用し、症状に応じて解熱剤や鎮痛剤も適用されます。難聴やめまいの対策としてビタミン剤や抗めまい薬を投与する場合もあります。また中耳炎や髄膜炎が原因となっている場合は、そちらも併せて治療していくことが必要となります。
    出典 :【耳炎.com】〜中耳炎・外耳炎・内耳炎〜
  • 原因になっている中耳の炎症や髄膜炎と、それによって起きた内耳の炎症を治さなくてはなりません。急性の中耳の炎症や髄膜炎には抗生剤が使われますが、同時に内耳の機能低下にはビタミン剤や副腎皮質ステロイド薬などが併用されます。慢性中耳炎がある場合には抗生剤も使われますが、慢性感染の原因である中耳炎を手術的に治す必要が出てきます
    出典 :内耳炎 治療方法 - goo ヘルスケア
  • 内耳炎は進行すると難治性の難聴を発症します。
    神経や脳に達する病気ですので、早めの治療が必要です。
    出典 :内耳炎【耳の病気〜症状から調べる〜】
     

    早めに治療を

  • 中耳炎を患ったときには、気をつけたい内耳炎。
    中耳炎が起因していることもあるのです。また、おたふくや髄膜炎、さらにはインフルエンザなどを患ったときには、その後のふらつきなどがあるようでしたら、早めに病院へ行くことで、内耳炎の治療がスムーズに行われるでしょう。