増えている!?「妊娠糖尿病」に注意して!

増え続けているという妊娠糖尿病には十分注意しなくてはいけません!そんな妊娠糖尿病とは!?

view167

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠糖尿病とは

  • 妊娠糖尿病は8人に1人の妊婦さんがかかる、とっても頻度の高い病気です。妊娠中は胎盤から糖の代謝が悪くなるホルモンが出て、血糖値が上がりやすくなるのです。これは、生物の歴史は飢餓の歴史で、子宮の中にいる胎児にちゃんと栄養が行くように作られたシステムなのです。
    出典 :妊娠糖尿病に対する誤解と食事療法 - ファイル - アピタル(医療・健康)
     

    栄養が行くようにこのような事があるのですね

  • 妊娠中に血糖値が高くなったり、血糖値が高い状態が初めて発見された場合を妊娠糖尿病といいます。
    出典 :妊娠糖尿病 - goo ヘルスケア
     

    このような病気なのですね

  • 妊娠糖尿病が起きると

  • お母さんが高血糖であると、赤ちゃんも高血糖になり、いろんな障害が起こります。お母さん:妊娠高血圧症候群、羊水量の異常、肩甲難産など赤ちゃん:流産、奇形、巨大児、心臓の肥大、低血糖、多血症、電解質異常、黄疸、胎児死亡など
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
     

    このような危険性があるのですね

  • 妊娠糖尿病は

     

    母子ともにリスクが上がってしまうのです。糖尿病を発症する割合は100人に対して12人と決して少ない数ではないそうなのです。対策をしらない人がとても多いのです。しっかりしておきたいですよね。

  • 原因は何か

  • 妊娠時には胎盤(たいばん)で血糖値を上げやすいホルモン(インスリン拮抗ホルモン)などが産生されるため、妊娠中期以後にインスリンが効きにくい状態になり(インスリン抵抗性)、血糖値が上昇しやすくなります。
    出典 :妊娠糖尿病 - goo ヘルスケア
  • 体重が重い、両親や兄弟姉妹に糖尿病がある、尿糖陽性、先天奇形や巨大児の出産歴がある、流産や早産歴がある、35歳以上、などの場合には血糖値が上昇しやすいといわれています。 また、妊娠中に検査をして、血糖値が高いことが初めてわかることもあります
    出典 :妊娠糖尿病 - goo ヘルスケア
     

    このようなものがリスクになってくるのですね

  • 診断はどうする?

  • 妊娠の早い時期に随時血糖をはかり、これが高いときにはブドウ糖負荷試験をして診断します。妊娠初期に陰性であった人も、妊娠が進むにつれ血糖を下げるインスリンというホルモンが効きにくくなるため、妊娠中期(24〜28週)にもう一度スクリーニングをうける必要があります
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • 妊婦さんの7〜9%は妊娠糖尿病と診断されるため、きちんと検査を受けましょう。特に肥満、糖尿病の家族歴のある人、高齢、巨大児出産既往のある人などはハイリスクですので必ず検査をうけてください。
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • 予防と対策をしよう

  • 妊娠糖尿病の予防には普段からバランスの良い食生活、適度な運動を心がけましょう。 気をつけていても妊娠糖尿病になってしまった場合には、血糖値の管理を行うため、まずは食事療法を開始します
    出典 :妊娠中、母子共にリスク大!急増する妊娠糖尿病とは | ラルーン
  • 食事療法により血糖値がコントロールされれば、入院の必要はありません。食事療法でも血糖値が管理できない場合は、インスリン注射により、管理することとなります。いずれにしても、医師の指導により、適切な治療を受けることが大切です。
    出典 :妊娠中、母子共にリスク大!急増する妊娠糖尿病とは | ラルーン
  • こんな人は気をつけて

     

    糖尿病の家族がいる、肥満である、妊娠してから体重が急に増えたり、高齢出産である場合は気をつけましょう。