静脈血栓塞栓症の症状とは?どんな症状??

静脈血栓塞栓症の症状はどんな症状なのでしょうか?どんな病気で、原因、症状をまとめてみました。

  • kei 更新日:2014/07/24

view44

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 静脈血栓塞栓症

  • 静脈血栓塞栓症とはどんな病気の事をいうのでしょうか?

  • 血管内にできた血のかたまり(血栓:けっせん)が血管に突然つまる病気です。血栓が脳の動脈につまると脳梗塞(のうこうそく)や心臓の動脈につまると心筋梗塞(しんきんこうそく)などを引き起こします。
    出典 :[(静脈)血栓症](静脈)血栓症とは | エーザイの一般生活者向けサイト
  •  

    脳梗塞や心筋梗塞等を引き起こすため大変危険な病気です。

  • 血栓が脳や心臓に飛ぶこともあります。また、飛行機などに長時間座っていた後、足の静脈にできた血栓が血管を移動して肺の動脈をふさいでしまう肺塞栓症(はいそくせんしょう)は「ロングフライト症候群(エコノミークラス症候群)」としてよく知られています。
    出典 :[(静脈)血栓症](静脈)血栓症とは | エーザイの一般生活者向けサイト
     

    また、足の静脈に血栓ができる病気は、深部静脈血栓症(しんぶじょうみゃくけっせんしょう)というそうです。

  • 原因はどんな事でしょうか?

  • 静脈の流れは、歩行や足の運動で起こる筋肉の収縮によって助けられています。そのため、長時間同じ姿勢のまま下肢(足)を動かさないでいると、静脈の血液の流れが遅くなり、血栓ができます。
    出典 :静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症)の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    動かないと血栓ができるということでしょうか・・・

  • 静脈内の血栓が血管を流れていき、肺の動脈に詰まると肺血栓塞栓症となります。日常生活でも、小さな血栓ができて肺の動脈に詰まることがありますが、自然に溶けるので心配はいりません。 しかし、血栓が大きくなってから肺の動脈に詰まると、最悪の場合、命を落とす可能性があります。
    出典 :静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症)の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    いのちを落とす可能性があるというのは恐ろしいですね・・・

  •  

    飛行機やバスに長時間乗る時は気をつけて!

  • 災害時に狭い空間での避難生活を強いられた結果として、死を招いた例も報告されています。 血栓ができる原因は、動かないことで血液の流れが遅くなるだけではなく、血液が凝固しやすい性質の人に起こりやすいことがわかっています。また、外傷や出産・手術など出血を伴う状況にあると、体の仕組みによって血液は凝固しやすくなります。
    出典 :静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症)の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    長時間座っているときに起こることがよく知られているそうです。

  • 静脈血栓塞栓症の症状

  • それでは、どのような症状があらわれるのでしょうか?

  • 深部に血栓ができた場合は痺れや皮膚色の変色、血栓より遠位の浮腫などといった症状がでるが無症状のこともある。特に下肢静脈血栓は左に起きやすい。これは左の総腸骨静脈と右の総腸骨動脈が交差しているため、後者によって前者が圧迫されやすいためである
    出典 :静脈血栓塞栓症 - Wikipedia
     

    無症状の場合もあるとのこと。

  • 体の深部静脈に血栓ができた場合はその静脈と周囲の皮膚に炎症を起こし、血栓性静脈炎を引き起こすことがある。
    出典 :静脈血栓塞栓症 - Wikipedia
  • 血栓が飛んで肺塞栓を引き起こすと、呼吸困難と胸痛などの症状が出る。そのほか動悸、冷汗、チアノーゼ、静脈怒脹、血圧低下、意識消失なども生じる。急激かつ広範囲に肺塞栓を生じた場合は心肺停止となり、突然死する。
    出典 :静脈血栓塞栓症 - Wikipedia
     

    突然死も考えられる恐ろしい病気です。

  • 下肢の静脈に血栓ができて血管が完全に詰まってしまうと、血液が流れなくなり、血液がたまって下肢がはれます。このような状態が長期間続くと、皮膚に 潰瘍かいようができることもあります。このような場合は循環器科を受診してください。
    出典 :静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症)| 運動器系の病気(外傷を含む) - Yahoo!ヘルスケア
     

    上記の症状が何かあれば、すぐ病院へ。