「間食」でダイエットできるって・・・ホント!?

「間食」でダイエットできるって・・・ホント!?

仕事中に甘いものなんてダメよ!
太っちゃうじゃない!

そう思ってました。
今まで・・・。
でも実はそうじゃなかったんです!
間食することでダイエットになる“方法”があるみたいなんです!
どういうことなのか・・・まとめてみました♪

view239

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 間食のススメ

  •  

    「痩せるためには、絶対に間食をしてはいけない」と思っている人は意外に多いようです。しかし、間食しないで空腹感をつのらせたあげく、食事時にガツガツ食べるよりは、上手に間食して空腹感をなだめ、適正カロリーの食事を理性的にとったほうが、結局はウエイトコントロールを成功させる近道と言えます。

    引用)http://www.paaak.com/shibo13.html

  • 上手に「胃」をコントロールすることが大切なんですね~。

  • そもそも「おやつ」って必要なの?

  •  

    「おやつで太るなら食べなければいいじゃないか」と思うかもしれません。ですがおやつは1000年以上前から歴史があります。現代でも多くの方がおやつに親しんでます。

    引用)http://forkn.jp/book/3506/page/2

  • 「おやつ」が必要なワケ

  • 空腹を抑えるため

     

    おやつは元は食事と食事のあいだに空腹を抑えるために食べる間食であったとおり食事の間の空腹を抑えるためのものなのです。

    引用)http://forkn.jp/book/3506/page/2

  • 血液中の糖分が減少するとおなかが空きます。体の血液量は5リットルほど、そこに含まれるブドウ糖は5gとわずか、これが4g以下になると空腹感を感じるようになります。至急、糖質を補ってやれば、強い空腹感はなくなります。空腹感をなだめるためにちょっと食べる糖質は、速やかに吸収されるものでなければなりません。つまり、甘いものです。食後の甘いものは太る原因となりますが、空腹時の少量の甘いものは、食欲を抑えるのにとても有効です。
    出典 :間食でダイエット | 間食を上手に利用してダイエット
     

    そんなちょっとブトウ糖が減っただけでお腹が減っちゃうんですね~。

  • 不足している栄養素を補うため

     

    様々な栄養素が健康には必要です。なので多くの種類の食べ物を食べる必要があります。ですが偏ったものを食べている現代の食事だけでは補えない栄養素もあります。食事で不足しがちな栄養素を補うことができるとおやつを食べるメリットが高くなります。

    引用)http://forkn.jp/book/3506/page/2

  • これはちょっと意識したおやつの選び方が必要かもしれませんね。

  • 「間食」にふさわしいおやつとは?

  •  

    1.必要なのはほんの数グラムの糖分。油脂を含まないものであることが第一の条件
    2.すぐに吸収されなければならないから、甘いものであること

    引用)http://www.paaak.com/shibo13.html

  • この条件を満たしているのはあめ玉やキャンディー。バターキャンディとかキャラメルのように油脂を含んだものはベストとは言えません。ケーキ類も油脂がかなり使われています。一方、大福など和菓子には油は普通使われていませんが、必要な甘みのある糖分のほかに、でんぷん質も一緒に食べることになります。せんべいも糖質の食品ですが、吸収までに時間がかかるため、どうしても食べ過ぎてしまいます。
    出典 :間食でダイエット | 間食を上手に利用してダイエット
  • 間食は160~200kcal を目安に

    1日の間食目安量は、1日に必要なエネルギー量の1割程度。つまり、平均的な20代女性なら1日のエネルギー量は約1600kcalなので、その1割の160kcal程度が間食でとってよいカロリーになります。ただし、体格や運動量によってエネルギー量も変わってくるので、200kcal以内であればOK。間食を毎日食べる人は、この範囲におさえるように心がけましょう。
    出典 :間食を上手に利用してやせる(2/3) | ダイエットの基本 | FYTTE
     

    食べる量も考えることが大切です。

  • おやつを食べるのは何時がいいの?

  • おやつや間食を食べる時間の基本は「空腹感を感じたら次の食事までのつなぎに食べる」つもりで。我慢しすぎて次の食事の量が増えすぎたり、イライラしてしまってダイエット生活が長続きしなくなることを防ぐ目的もあるんです。例えば夕食時間が遅くなりすぎそうな場合、途中で何か食べておき、後におかずだけ食べるというような小分けの食事をおすすめします。息抜きに食べる3時のおやつ的なものも、時には小さな楽しみになって良いでしょう。いずれにしても目安は100kcal程度。それ以上のものを食べてしまったら後の食事で調節しながら長続きするパターンを作っていくのが良いですね。
    出典 :ダイエットにおすすめ!おやつ3パターン [食事ダイエット] All About
     

    空腹感を感じたら「ちょこっと」食べる!これが基本ですね♪