憧れの有名人に続け!太りすぎないためにも妊娠中の運動をとりいれよう♪

妊娠中の運動はテレビや産院でもよくおすすめされています。
昔より妊娠中に可能な運動も増えました。
習いに行くものから自宅でできるものまで妊娠中にできる運動を紹介します☆
無理のない範囲で生活に取り入れてください。

view59

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中だからこそ運動をしましょう☆

  • 妊娠中の運動は出産を軽くするためにおすすめです。
    妊娠中はついつい食べ過ぎて体重が増えてしまうことが多いので、予防する目的で始める人も多いようです。
    軽い運動は気分転換にもなりますし、血行が良くなれば腰痛やむくみの改善にもつながります。

  •  

    体重増加を抑えておくと、産後のダイエットも楽になります。

  • 避けたほうがいいスポーツも

  • 転んだり、ぶつかったりするようなスポーツは事故の危険もあるのでおすすめできません。
    呼吸を乱してまで熱中してしまうゲーム性の高いスポーツは妊娠中は控えましょう。

  •  

    激しいスポーツは出産後のお楽しみにしておきましょう♪

  • マタニティヨガ

  • 妊娠中の運動というと一番よく聞くのがマタニティヨガ。
    身体のゆがみも矯正できるので、妊娠中の腰痛や冷え性にも効果的。
    妊娠中になりがちな便秘にも効く運動です。

  • 佐田真由美さんや、辻希美さんもマタニティヨガをしていたそう

     

    マタニティヨガに通う芸能人ママも多い模様。
    体型維持にもヨガはピッタリ☆

  • マタニティスイミング

  • マタニティスイミングも人気のスポーツです。
    水に浮かぶことで筋肉の緊張をとって、リラックスできることがマタニティスイミングのメリット。
    水中でおこなうためひざや腰に負担をかけずに運動することができます。
    全身運動なのでで血液循環がよくなって新陳代謝も活発に☆
    泳げない人でもマタニティスイミングなら可能なことも多いので問い合わせてみましょう。

  • 東尾理子さんもマタニティスイミングをしていました

     

    プロゴルファーの東尾理子さんもマタニティースイミング経験者。
    プールにはご主人の石田純一さんとも一緒に行ったそう。
    夫婦円満でうらやましいですね☆

  • マタニティビクス

  • マタニティビクスはリズムに合わせておこなうエアロビクスを応用したエクササイズ。
    リズミカルに体を動かしてスッキリしたいという活動的な妊婦さんにおすすめです。

  •  

    最近はマタニティビクスのDVDも発売されています。
    心拍数を上げることで心肺機能を高めるので、筋力を鍛えるにも最適♪
    出産に必要な持久力を養うのにもおすすめ。

  • 家でできる妊娠中の運動

  • 妊娠中にできる運動は外に通わなくてはならないものばかりではありません。
    家でもエクササイズやストレッチなら可能。
    家の近くで妊婦さん専用のスポーツをしている場所がない人にもおすすめです。

  • ゆったりとしたストレッチ

     

    テレビを見ながらでもゆっくりストレッチをしましょう。
    肩を回したり、骨盤を倒す運動などがおすすめ。
    股関節のストレッチも安産にはいいようです。

  • 運動と掃除の一石二鳥の雑巾がけ

     

    意外と人気の運動が雑巾がけ。
    運動ができて部屋まで綺麗にできちゃいます。
    赤ちゃんを迎えるお部屋を今のうちにピカピカにしましょう☆

  • ウォーキングを兼ねた散歩

  • 気分転換の散歩をかねて、ウォーキングをするのも運動初心者におすすめ。
    公園にいたり適度に日に当たることは精神的にも落ち着きます。

  •  

    妊娠してから、出勤時にひと駅前で降りて歩くようになったという意見もありました。

  • 妊娠中の運動で注意すべきこと

  • 妊娠中の運動で大切なのは無理しないこと。
    急に運動を始めると身体に負担がかかるので運動前にはゆっくりウォームアップをしましょう。
    運動を始めるときは必ずかかりつけの医師の許可を得てください。

  • またマタニティヨガや、マタニティスイミングなどは必ず専門家の指導を受けておこないましょう。
    ヨガには妊婦がしないほうがいいポーズもあるので、自己判断は避けてくださいl。

  •  

    運動中におなかのハリを感じたり、腹痛があるときはすぐに休憩してください。
    脱水を防ぐためこまめな水分補給も大切です。