メニエール病の原因と治療のまとめ

ストレスが多い人がなりやすいとされているメニエール病。でもはっきりとした原因がわかっていない部分もあるのです。メニエール病の原因と治療法をまとめました。

view129

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • メニエール病の原因と治療について

  • メニエール病の原因はまだ不明です。そのため治療方法は確立されていませんが、内耳に水ぶくれができることだけは判明しています。

  • メニエール病になりやすい人

  • 痩せ型の人に多い

     

    精神的、肉体的なストレスを受けやすい人がなりやすいため、一般的に肥満型よりも痩せ型の人が多くなっています。

  • 40代がピークに

     

    30代~40代くらいの人に見られていますが、最近では50代の人にでも発症する例があります。

  • ストレスは、病気の80~90%の原因を作り出していると言われています。ストレスは、交感神経を刺激して血管の収縮を引き起こし、血液の流れを悪化させます。その結果、赤血球によって運ばれるはずの栄養素、酸素の不足を招きます。それにより、老廃物の排泄がうまくいかず、筋肉のこりを発症させてしまうのです。
    出典 :メニエール病の98%は首こりが原因 | メニエール病のことなら整体気功院ハーモニー
     

    ストレスがあれば血流が悪くなってメニエール病を引き起こすともいわれているようです。

  • メニエール病の治療

  • 内耳に水ぶくれができるのが原因ですから、一般的には利尿剤で体の水分を排泄する治療が行われています。

  • 利尿剤のイソソルビド

     

    利用剤を利用して内耳のむくみを解消させます。

  • 血流改善剤

     

    場合によっては血流改善剤が処方されることもあります。

  • 前庭神経切除術

     

    平衡感覚を司る神経を切断する外科的手術です。内科治療で症状が治まらなければ選択します。

  • 内リンパ嚢解放術

     

    過剰なリンパ液を排泄するための手術方法もあります。

  • 鍼灸治療

     

    西洋医学で効果が見られない場合では、鍼灸治療を兼用する方法も検討してみましょう。体の水分の蓄積を防ぐツボを刺激する治療方法です。

  • まとめ

  • 水分が蓄積してしまうのは西洋医学でも東洋医学でも分かっているようです。病院での治療のほか鍼灸治療で体質改善を目指すのも良いかもしれませんね。