低髄液圧症候群の症状とは【事故の後遺症?精神的なもの??】

低髄液圧症候群の症状とはどういったものなのでしょうか。
むち打ち症が原因の一つとも言われている病気ですが、疲労感や視力障害など、一見関係ないと思われる症状もあるので注意が必要です。

view213

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 低髄液圧症候群ってどんな病気?

  • 脳・脊髄周囲の脳脊髄腔には脳脊髄液が存在していますが、この脳脊髄液が持続的ないし断続的に漏出することによって減少し、頭痛、頸部痛、めまい、耳鳴り、倦怠感などの症状を訴える疾患です。
    出典 :低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)| 脳・神経・筋の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    髄液の量と髄液圧は正常なときは一定を保っているのですが、髄液が漏れ出てしまうと脳が下がってしまい、こういった症状が起きるそうです。(脳は髄液に浮いているんだそう。)

  • むち打ち症が原因になることも

  • 本疾患の概念は古くからあったものですが、最近日本の何人かの医師が、頸椎捻挫(いわゆる「むち打ち症」)との関連性を強調するようになり、その後遺症に悩まされている患者さんが少なくないことから注目を浴びてきております。
    出典 :低髄液圧症あるいは脳脊髄液減少症について<脳神経外科>:診療科・部門のご案内|山形県立中央病院
  • 脳脊髄腔をおおっている硬膜に亀裂などが生じ、脳脊髄腔から脳脊髄液が漏出することが原因となります。
    出典 :低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)| 脳・神経・筋の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    しかし、低髄液圧症候群の正確な原因や病態はまだ解明されていないらしいです。

  • 低髄液圧症候群の症状とは?

     

    むち打ち症(頸椎捻挫)の後遺症として訴える人が多かったらしく、交通事故の被害者が目立つことから、精神的な原因が重視されて来たそうです。

    では、どういった症状があるのでしょうか?

  • 頑固な頭痛

  • 頑固な頭痛
    頭痛がとれない、特に座ったり、長く立っていたりすると頭痛が悪化します(起立性頭痛)。ひどい場合は、臥床状態を余儀なくされ、数時間しか仕事ができない場合もあります。
    出典 :荒尾市民病院−低髄液圧症候群
  • 横になると症状が軽快することも

     

    立っていられないほどの頭痛があることも。
    横になるとおさまることも多いそうです。

  • 頭痛、頸部痛、めまい、耳鳴り、視機能障害、倦怠感などの症状がみられますが、これらは起立位や座位により3時間以内に悪化します。横になっていると徐々に症状が軽快することが一般的です。
    出典 :低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)| 脳・神経・筋の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 症状は多岐にわたる

  • めまい、頭痛、はきけ、厳しい倦怠感、脱力、集中力・思考力・記憶力の低下、視力障害、首がしめつけられた感じ、後頭部から首にかけての鈍痛、常に肩が凝った状態、背中の痛み、あごの違和感、のどの痛みなどの症状がみられます。
    出典 :低髄液圧症候群
  •  

    この他にも、光過敏、味覚障害、嗅覚障害、発声障害、集中力低下、睡眠障害、内分泌障害、月経異常、免疫異常、食欲低下…などなど、交通事故とは一見関係無いように思えるものまで症状は多岐に渡るようです。
    しかし、脳に関連していると思うと、様々な症状が出るのも理解できますね。

  • 特発性低髄液圧症候群との違い

  • 特発性低髄液圧症候群は1983年に Schaltenbrand により初めて報告された症候群であり、腰椎穿刺などの明らかな外的誘因なく頭蓋内圧の低下をきたすものである。
    出典 :特発性低髄液圧症候群とは
     

    交通事故やスポーツ外傷など、原因がなくても低髄液圧症候群になることがあるそうです。

  • 特発性低髄液圧症候群の症状

  • 特発性低髄液圧症候群とは、軽い外傷、もしくは明らかな原因が無く頭蓋内圧が低下する低髄液圧症候群のことだそうです。

  • 主な症状は、頭痛で、立って15分以内に起こり、横になって30分以内に改善または消失する体位性頭痛が認められる。これは腰椎穿刺後頭痛と同じ性質をもつ。
    出典 :特発性低髄液圧症候群とは
     

    腰椎穿刺後頭痛とは、腰から針を刺して髄液を採取したり、髄液腔に麻酔薬などを注入した後、何割かの人が生じる頭痛のことを言うそうです。(起立性頭痛)

  • 頭痛の特徴

     

    立つと5分以内に出現し、横になると30分以内に改善するという特徴があるそうです。
    下がっていた脳の位置が戻るからなのかも。

  • 慢性疲労症候群との関連

  • 原因不明の低髄液圧症候群患者の20%が慢性疲労症候群と考えられています。欧米では交通事故やスポーツ傷害のあとに慢性疲労症候群を訴える患者が多いようです。
    出典 :低髄液圧症候群
  • 慢性疲労症候群と言われてきた方たちが低髄液圧症候群の治療を受け良くなる場合もあるので、関連があると思われます。
    出典 :低髄液圧症候群
     

    低髄液圧症候群の症状は慢性的な疲労や頭痛以外の症状など、幅広いものです。
    むち打ち症の治療が終わった後も気分がすぐれなかったら、低髄液圧症候群を疑ってみた方が良いかもしれません。
    気になる症状がある人は病院を受診してみましょう。