気になる【肌のシミ】対策方法のまとめ

シミの対策していますか?出来てしまったシミにもしっかり対応しないと
増え続ける事になるのです
方法をまとめてみました

view167

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 美白化粧品を使う事

  • 1.肌の代謝を促し、できたメラニンを排出しやすい肌環境にするタイプ
    2.肌の奥でできた過剰なメラニン色素を分解するタイプ
    3.肌が受ける刺激や炎症をブロックして、メラニンをつくらせないようにするタイプ
    4.メラニンを必要以上に生成させないために、メラノサイトの活性を抑えるタイプ
    出典 :2/2 これが肝斑!?大人肌のためのシミ対策 [肌の悩み・対処法] All About
     

    美白化粧品は4タイプに分ける事が出来るそうです

  •  

    これを読みながら、「はて? 私が使っているのはどれ?」と思った方は、今使っている美白化粧品がどのタイプのものかをしっかり把握することからはじめましょう。どのタイプも、最終的にはシミに対する効果を持っていますが、シミができる段階によって微妙にきくポイントが違います。

  • ビタミンCを摂る事

  • できてしまったシミはあきらめないで、正しいケアをすれば、薄く目立たなくすることもできるのです。例えばビタミンCには、メラニン色素を抑える効果があり、シミを防ぐとともに、できてしまったシミを薄くしてくれます。また、コラーゲンの合成を促すので、お肌にハリを与えてくれます。
    出典 :しみの原因と対策 肌のしみ対策用スキンケアや必要な栄養素
  • そのビタミンCの中でも、ビタミンC誘導体(安定型ビタミンC)は、従来のビタミンCに比べて吸収力が数十倍も高く、酸化を防ぐ効果(活性酸素の消去)もあるので、より良いといわれています。
    ビタミンC誘導体が配合された化粧品でのケアがよいでしょう。

    そして、シミのできにくい肌を作るために、ビタミンCを体内から吸収することも大切です。、ビタミンCは必要量を食事のみで摂取するのは難しいので、良質の栄養補助剤などで補うのもいい方法です。
    出典 :しみの原因と対策 肌のしみ対策用スキンケアや必要な栄養素
     

    ビタミンCは合言葉のような感じでしょうか

  • 女性ホルモンも影響している

  • 女性ホルモン
    また、女性の場合、女性ホルモンとメラニン色素も関係しています。排卵から次の生理までの約2週間はホルモンとの関係でメラニン色素ができやすいようです
    出典 :しみの原因と対策 肌のしみ対策用スキンケアや必要な栄養素
     

    しっておいて損はないですよね

  • 妊娠中にシミやソバカスができやすいのは、MSH(メラノサイト刺激ホルモン)というホルモンが通常の10倍近くにも増え、メラニン色素が多く作られやすい状態になるからです。このため普段よりも紫外線の影響を受けやすく、シミやソバカスが増えてしまうのです。妊娠中には、普段以上に紫外線対策を心がけましょう。
    出典 :しみの原因と対策 肌のしみ対策用スキンケアや必要な栄養素
     

    赤ちゃんの健康にも必要なのでしっかりビタミンとミネラルをとりましょう

  • 洗顔やタオルを利用しよう

  • うっすらとくすんで見える原因は、肌に汚れが残っていたり、乾燥している場合も。ダブル洗顔などで汚れをしっかり落とし、保湿性の高い化粧水などを。また、血行が悪くなっていることもあるので、暖かいタオルと冷たいタオルを交互に顔に当てる冷温タオルパックで血行をよくするのもオススメ。
    出典 :表面化させない、濃くしない、シミ対策|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    タオルパックは気持ちよいですよ~

  • 日焼け直後は、クールパック。ご存知の通り、日焼けは一種のヤケド。冷たいタオルなどでとにかく炎症が治まるまで十分に冷やすことが第一。炎症が治まったら、たっぷりの保湿と美白化粧品などによるシミケアを。
    出典 :表面化させない、濃くしない、シミ対策|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    万が一日焼けをしてしまったらしっかり対応しよう

  • 皮膚科に行くのも手

  • どうしても気になるようなら、皮膚科または美容整形外科の病院を受診。レーザー治療といった外的治療の道もある。
    出典 :表面化させない、濃くしない、シミ対策|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 出来る事からはじめましょうね

     

    肌を整えるリジン、肌の弾力や潤いを保つコラーゲンを含む食物を積極的に摂る。

    ● 体内で酸化して過酸化脂質になりやすいリノール酸などの不飽和脂肪酸の多い食品を控える。

    ● ケーキやジュース類などの糖分を控える。