【煙草】のダメージを知っていますか?

煙草のダメージは美容だけでなく多岐にわたります
一服は大きなダメージを呼ぶのです
まとめてみました

view163

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 禁煙からの変化

  • 体内のニコチン依存

     

    コレはもう物理的にきつい。うわあああああってなる。手も震える。
    相当ひどい。我慢しろと言われてもこれを乗り越えるのが一番強烈な気がする。
    しかし、これを乗り切るのはわずか1日程度。
    たいした敵ではありません

  • 何かをしたら一服するという生活習慣
    初日を猛烈に我慢して乗り切っても翌日からはコレが襲ってくる。
    つまり食事をしたら一服。この快感がフィードバックしてくるのだ。
    車で疲れてきたら一服。プログラムで行き詰ったら一服。夜寝る前に一服。

    こうした10年間しみついた生活習慣が最大の敵と言える。
    出典 :1日50本くらいタバコを吸っていた人がタバコをやめると色んな変化が襲ってくる*ホームページを作る人のネタ帳
     

    こんな習慣はいけません

  • こんな症状が出る

  • これでもかとタバコを吸う為のいいわけが頭を駆け巡る

    これがすごい。
    あらゆる言い訳が一気に頭をかけめぐり、初日はタバコ以外の事が考えられなくなった。
    太る。だから吸ったほうがいい。
    出典 :1日50本くらいタバコを吸っていた人がタバコをやめると色んな変化が襲ってくる*ホームページを作る人のネタ帳
     

    駄目ですけどね。・・・

  • 嗅覚が犬なみになる

    なるわけではないが、なったように錯覚するだろう。

    特に禁煙生活3日目。遠くはなれた車の中でタバコを吸ってる人が居たら即座に察知するほどだ。
    吸ってる人が近くを通っただけで服の臭いで分かる。
    出典 :1日50本くらいタバコを吸っていた人がタバコをやめると色んな変化が襲ってくる*ホームページを作る人のネタ帳
     

    嗅覚が鋭くなった感じがするそうです

  • タバコにはリラックス効果があるといわれますが、肺がんや不眠症といったマイナスの側面のほうが圧倒的に多いので、百害あって一利なしと考えておきましょう。
    出典 :「タバコ」の吸い過ぎで不眠症にも!その理由と危険性について
     

    ごもっともな意見です

  • 依存のメカニズムとは

  • 図1

     

    <図1>のようにたばこを吸うと、血液中のニコチン濃度が急激に上がります。ニコチンの濃度がピークに達している間に「たばこがおいしい」という感覚が生まれます。この「おいしさ」に精神的に依存し、いつまでも「おいしさ」を求めるようになります。これを精神的依存と呼びます

  • 逆に、血液中のニコチン濃度が低くなると、落ち着きのなさ、欲求不満、不安、集中困難などの禁断症状が起こり、ニコチンが欲しくなります。これを身体的依存と呼びます。結果として喫煙者は毎日、喫煙本数の回数分、軽い禁断症状と回復を繰り返していることになります。
    出典 :[65]まだ たばこを吸っているあなたへ||循環器病全般|循環器病あれこれ|国立循環器病情報サービス
  • 美容にも悪い

  • しわ
    タバコを吸うと「ニコチン」が血管を収縮させ血流を悪くするので、真皮の働きが衰えることで、こじわが出来やすくなります。さらに、タバコによって活性酸素が増え「コラーゲン」と「エラスチン」を損傷させるので、肌の弾力が失われることもしわの原因になり、やがて、深いしわが刻まれた喫煙者独特の風貌になってしまいます。
    出典 :こんなにあるダメージ - タバコは美容の大敵!
  • しみ
    タバコを吸うと「ビタミンC」が破壊されてしまうので、「ビタミンC」不足になり、「メラニン色素」の生成を抑制することが出来なくなってしまいます。そして、「ニコチン」によって「新陳代謝」も衰えてしまうので、出来てしまったメラニン色素を押し出すことが出来ず、しみとなって沈着してしまうのです。
    出典 :こんなにあるダメージ - タバコは美容の大敵!
  • くすみ
    タバコを吸うと、「ビタミンC」不足が生じてメラニン色素の沈着をおこしたり、「一酸化炭素」によって酸素不足になり、血中の色素が奪われることで、皮膚の色が悪くなります。また、「ニコチン」による「血管収縮作用」も重なって皮膚に栄養となる酸素がいきわたらず、くすみを生じてしまいます。
    出典 :こんなにあるダメージ - タバコは美容の大敵!
     

    これだけじゃないのです

  • 乾燥
    「ニコチン」による「血管収縮作用」によって、末梢まで血液が行かなくなり、肌が乾燥して、肌荒れや肌のかゆみなどの原因になります。
    出典 :こんなにあるダメージ - タバコは美容の大敵!
     

    http://tobacco-biyou.jp/damage.html

  • 毛穴
    タバコを吸うと、毛穴が開きがちになる上、そこへ「タール」が付着して黒ずみ、毛穴が目立つようになってしまいます。煙によって皮脂腺が刺激され、皮脂が出て毛穴をふさぐことも、毛穴が目立つ原因になります。
    出典 :こんなにあるダメージ - タバコは美容の大敵!
     

    こうなると出来るものがありますよね

  • にきび
    タバコの煙で皮脂腺が刺激され、たくさん皮脂が出て、毛穴が詰まりやすくなって、大人のにきびが出来ることがあります。
    また、にきびが出来ているときに刺激物であるタバコを吸うと、にきびが悪化したり、代謝が悪くなるので、治りが悪くなったり、跡が残りやすくなってしまいます。
    出典 :こんなにあるダメージ - タバコは美容の大敵!
     

    にきび出来ますよ

  • きめ
    タバコを吸っていると、皮脂腺がうまく働かなくなり脂肪を分泌して表皮の細胞をなめらかにすることができなくなって、肌のきめが粗くなってしまいます。また、コラーゲンの生成にかかせない「ビタミンC」も不足するので、しなやかさも失い、しだいに革のようにこわばった肌になってしまいます。
    出典 :こんなにあるダメージ - タバコは美容の大敵!
  • 黒ずみ
    タバコに含まれるタール成分は肺だけでなく皮膚にも沈着し、全体的に黒ずんだ肌になってしまいます。
    出典 :こんなにあるダメージ - タバコは美容の大敵!
     

    気をつけましょう