アディポネクチンで糖尿病抑制をしよう

アディポネクチンの量を一定に保つと動脈硬化の進行を
遅らせる事も出来るそうです
そんな便利なアディポネクチンとは何か

view111

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • アディポネクチン

  • アディポネクチン 脂肪細胞から出てくる善玉物質脂肪細胞が出す善玉ホルモンの一種。 脂肪細胞が分泌する生理活性物質(サイトカイン)で、松澤裕次住友病院院長らが1996年に発見した。他のサイトカインと比べて、血液中の含有量は数ケタ多い
    出典 :アディポネクチン/糖尿病//
  • a.肥満になるほどアディポネクチンの分泌量が低下する。 b.同じ肥満でも皮下脂肪でなく内臓脂肪が溜まると分泌量が減る。 c.血中のアディポネクチン量を一定に保っておくと動脈硬化の進行を遅らせることができる。 d.アディポネクチン分泌低下の一因に活性酸素による酸化ストレスがある。
    出典 :アディポネクチン/糖尿病//
  • インスリンの働きがます

  • また細胞のインスリン抵抗性を減らし、インスリンがうまく働くように作用する。インスリン抵抗性というのは、膵臓からインスリンが分泌されても、全身の細胞がインスリンに抵抗してブドウ糖を吸収しない現象で、これがあると血糖値が高い状態が続いてしまう。
    出典 :アディポネクチンの効用とアディポネクチンを増やす食品とは
  • アディポネクチンの効用

     

    また分泌されるインスリンの量もどんどん増えて、膵臓が酷使され疲弊してしまうのだ。アディポネクチンは細胞のインスリン感受性を調整し、インスリン抵抗性を下げるという働きを持つ。

  • アディポネクチンは消防隊

  • アディポネクチンは体の中で、どのような働きをしているのでしょうか。どんな人でも、普段からタバコや血圧、血糖値の上昇、血中脂質、悪玉のアディポサイトカインなどによって血管が少しずつ傷つけられています
    出典 :動脈硬化の鍵・アディポネクチン
  •  

    血液中を流れて全身を巡っているアディポネクチンは、血管が傷ついているところを見つけると、すばやく入り込んで修復します。さながら、体内の至るところで起きる「ぼや」を「大火」にしないよう、消して回っている消防隊にたとえることができるでしょう。

  • 血管の修復

  • アディポネクチンには傷ついた血管を修復したり、マクロファージの血管壁への接着やLDLの貪食を抑制するなどの有用な働きがあることがわかっています
    出典 :原因とメカニズム-メタボリックシンドローム-"アディポネクチン"|e-ヘルスネット[情報提供]
  • アディポネクチンはさらに、インスリン感受性を高めてインスリンの分泌を節約し、糖尿病を防ぐ働きも担っています。アディポサイトカインの多くは、肥満に伴って脂肪細胞からの分泌が亢進しますが、アディポネクチンは逆に内臓脂肪が増えれば増えるほど、その分泌が低下し、血液中の濃度が低下します。
    出典 :原因とメカニズム-メタボリックシンドローム-"アディポネクチン"|e-ヘルスネット[情報提供]
  • 治療薬になるかどうかが期待

  • 現代社会では、過食や運動不足による肥満が土台となるメタボリックシンドローム・糖尿病・心血管疾患・癌の患者数が急激に増大しています。これまでの多くの研究から糖尿病などには食事療法や運動療法が有効であると明らかとなっています
    出典 :アディポネクチン受容体を活性化して健康長寿を実現する内服薬の種を発見 | 東京大学医学部附属病院
  • この度、東京大学医学部附属病院 糖尿病・代謝内科 門脇孝教授、同 山内敏正講師らの研究グループは、アディポネクチンの代わりにアディポネクチン受容体を活性化することができる大学発となる内服薬(低分子化合物)の種を、マウスを用いた実験により発見することに成功しました
    出典 :アディポネクチン受容体を活性化して健康長寿を実現する内服薬の種を発見 | 東京大学医学部附属病院
     

    研究って大切なのですね

  • この内服薬の種は、糖・脂質代謝を改善させるのみならず、生活習慣病により短くなった寿命を回復させることも明らかになりました。内科的疾患や運動器疾患等によって運動ができない場合でも、アディポネクチン受容体を活性化することが、メタボリックシンドロームや糖尿病の効果的な治療法となり、健康長寿の実現につながると期待されます。
    出典 :アディポネクチン受容体を活性化して健康長寿を実現する内服薬の種を発見 | 東京大学医学部附属病院
     

    期待したいですね