この時期の過ごし方で出産後の生活も変わるかも!?安定期の過ごし方☆

安定期の過ごし方で出産やその後の生活も変わります。
安定期は妊娠中の中でも身体も心も落ち着いた一番いい時期です。
自分のためにも赤ちゃんのためにも貴重な時間。
先輩ママたちの安定期の過ごし方も参考にして、安定期を楽しんで過ごしましょう。

view190

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 安定期はいつから?

  • 安定期は妊娠5ヶ月から8ヶ月。
    週数でいうと16週から28週前後にあたります。
    精神的にも肉体的にも落ち着いた時期です。

  • 流産の90パーセントは妊娠して12週までに起こります。
    そこを過ぎるとお母さんも一安心。
    ほっとした気持ちが心を安らげるのかもしれません。

  • 山田優さんも安定期に入ってからの妊娠報告

     

    芸能人の妊娠報告は安定期に入ってからが多いようです。
    不安な時期が過ぎてからの報告ということでしょう。
    2014年10月に第一子を出産した山田優さんも安定期に入ってからの報告でした。

  • 友人や職場への妊娠の報告は赤ちゃんの心拍を確認後、安定期に入ってからという人が多数。

  • つわりがおさまる人が多い。

  • 吐き気が続いたり、食事ができなかったつわりも大体12週以降におさまってきます。
    苦手になっていたにおいが平気になったり、眠気やだるさがなくなったりするのがこの時期。
    ただし、個人差があるのでつわりがなかなかおさまらない人もいます。

  • おなかの中で胎盤が完成することも関係しているようです。
    つわりが終わったことで安定期と実感するママさんも多い様子。

  • 旅行やデートをしておこう

  • 安定期は妊娠中で最も旅行やデートに適した時期。
    つわりが終わっていればグルメだって楽しめちゃいます♪
    出産後はどうしても赤ちゃんにかかりきり。
    今のうちにデートを楽しんで思い出を作るのもいいですね☆

  •  

    カウンターのお寿司や高級なレストランなど赤ちゃんを連れて行くのが難しいお店もあります。
    妊娠中に思う存分外食を楽しんでください。

  • 旅行やデートの予定を立てるときは妊娠前よりゆとりを持った計画を。
    妊娠中は疲れやすいので休憩を取りながら無理しない範囲で楽しんでください。

  •  

    旅行中は母子手帳を持ち歩きましょう。
    すぐに妊婦だとわかるようにしておけば、もしものときにも安心です。

  • スポーツも可能☆

  • 安定期はスポーツを始めるにもいい時期です。
    体力勝負の出産に備えるため、マタニティスイミングやマタニティヨガを始める人も多数。
    出産のときの力の抜き方や呼吸法を早めに身につけるためにもおすすめ^^

  • 産院や自治体でも妊婦向けのスポーツを開講していることが多いです。
    新しい運動を始めるときはかかりつけの医師の判断に従ってください。

  • ウォーキングもおすすめ

     

    運動が得意じゃない人でも気軽に始められるのがウォーキング。
    慣れていない人は短い時間から始めてみましょう。
    気分転換にもなります。

  • 赤ちゃんが生まれる準備もしておきましょう

  • 動きがとりやすいこの時期は、赤ちゃんが来るための準備もしやすい時期です。
    赤ちゃんのための部屋をととえたり、産着などを下見しておきましょう。

  • 赤ちゃんのために部屋の大掃除をするというママさんも多数。
    カーテンの洗濯をしたり、部屋のほこりを払ったり出産後になるとなかなか時間は取りにくくなります。
    清潔な環境で赤ちゃんを迎えてあげたいですね☆

  • 赤ちゃんの成長と安定期の過ごし方

  • 安定期は赤ちゃんにとっても成長期。
    しっかり栄養を取る必要があります。
    とくにつわりであまり食べられなかったという人は、この時期にしっかり食事をしてください。

  • ただし、つわりの反動で食べ過ぎてしまう人も少なくありません。
    暴飲暴食は控えて、赤ちゃんの栄養になるバランスのいい食事を心がけてください。

  • 自分と赤ちゃんのために贅沢に時間を使おう!!

  • 安定期は自分のために時間を思い切り使える機会。
    趣味を満喫したり、食べ歩きをしたりして楽しく過ごしましょう。

  • 6ヶ月を過ぎると胎動もわかるようになってきます。
    出産後の生活を想像しながらゆったりと過ごしてください。
    赤ちゃんがおなかにいる時期は長くありません。
    限られたマタニティライフを充実したものにしましょう。