離乳食に豆腐はいつごろから?

離乳食に豆腐は最適!消化もいいし、柔らかくてつぶすのも簡単だし、栄養もあるし…
と言いたいところですが、注意しなければならない点もあります。離乳食に便利な食材、豆腐。気をつけなければならない点を理解して、賢く利用しましょう♪

  • piyo 更新日:2014/04/15

view331

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 離乳食に豆腐の力!

  • 赤ちゃんの血や肉を作る赤のグループの豆腐は、大豆から作られていて、良質なタンパク質が豊富な他、赤ちゃんにも不足しがちな鉄分も含まれています。
    出典 :豆腐(応援!“離乳食”)-*素敵ママ応援SHOP*Babyベビー
     

    豆腐はやわらかくて栄養抜群なのです!

  • 絹豆腐と木綿豆腐とがありますが、どちらも離乳食に使えます。
    絹豆腐の方が水分が多くてつぶしやすく、舌触りもなめらかになるので、特に初期は絹豆腐の方がオススメです。
    出典 :豆腐−フリージング実践編−【離乳食を作ろう。】
     

    豆腐には絹ごし、木綿とありますが、それぞれの特徴を知って上手に使い分けましょう。また、離乳食に使うときは必ず加熱殺菌をしましょう。

  • 一般的には生後5~6ヵ月の離乳食にあわせて、豆乳を与えてみるのがいいでしょう。離乳食で豆乳を与える場合、おおよそ2倍位に薄めて(生後)6ヶ月位から、少しずつ便の状態などをみながら始めるのがいいでしょう。
    出典 :豆乳Q&A | 日本豆乳協会
     

    ちょっと逸れますが、豆乳も離乳食に使ってOK。ただ、赤ちゃんに与える場合は薄めてください。また、市販の物で味が付いているのは避けて無糖のものをチョイスして。

  • 要注意!大豆アレルギー

     

    そうなんです。豆腐の原材料は「大豆」。大豆は5大アレルゲンの一つです。離乳食に使いやすいから、と安易に与えるのはちょっと待ってください。

  • アレルギーの原因

  • 大豆
    大豆に含まれてる蛋白質が原因です。豆そのもの以外に、豆腐・納豆・きな粉などの加工品も注意が必要です。
    出典 :アレルギーになりやすい食材とアレルギーの赤ちゃんの離乳食の進め方
     

    加工されているからといって、アレルゲンがなくなるわけではありません。

  • まだ未熟な赤ちゃんの体に摂取されたタンパク質は、赤ちゃんの体にとって「異物なもの」として認識されてしまうと、体の免疫システムが作動して、抗体を作り出し、この異物を排除しようとするのです。
    出典 :離乳食でアレルギーが出た!その場の対処法と今後の対策とは | 美容ブログ [女性の美学]
     

    アレルギー反応が起きると湿疹やじんましんなどが出ます。また、気管支に出た場合は呼吸が苦しくなったり、アナフィラキシーショック(強いアレルギー症状)を起こした場合は、最悪赤ちゃんの命にかかわることも…

  • 離乳食に豆腐はやめるべき?

  • 日本をはじめ世界中の食物アレルギーのガイドラインでは、鶏卵や乳製品などの食べ始める時期を遅らせたり、予防的に除去したりすることは勧められていません。最近の研究では、不必要な除去はアレルギーを助長する可能性すら指摘されています。
    出典 :離乳食の進め方は?|アレルギーi
     

    アレルゲンを避けたからといって予防効果はありません。とはいえ、心配であれば赤ちゃんの消化器官の発達具合を見て、離乳食の開始を半月程度遅らせたりするのも一つの手段です。

  • 豆腐を使った離乳食レシピ☆

  • ニンジンはやわらかくゆでてすりおろします。
    絹ごし豆腐は湯通しして裏ごしします。
    器に10倍がゆを盛り付け、ニンジン、絹ごし豆腐を加えて混ぜ合わせます。
    出典 :離乳食(5~6ヵ月頃)レシピ一覧|オススメ
     

    離乳食初期のレシピ。お粥に混ぜることで飲み込みやすくなります。

  • 1. 豆腐はひと口大に切る。
    2. 小鍋にだし汁、砂糖、しょうゆを入れて火にかけ、豆腐、トマトを入れて煮る。
    3. 水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。
    出典 :5分で簡単レシピ−中期メニュー−【離乳食を作ろう。】
     

    離乳食中期のレシピ。とろみが付いていると冷めにくいから、赤ちゃんに与えるときには注意が必要。

  • (1)沸騰したお湯にひき肉を入れ、アクをとりながらほぐす。
    (2)野菜を加えて5分間煮、しょうゆ少々で味付けする。
    (3)豆腐を入れて少し加熱し、片栗粉でとろみをつける。
    出典 :GOGO!育児 ─育児日記編─: マーボー風豆腐
     

    離乳食後期のレシピ。マーボー風ですが、もちろん辛味は刺激になるのでNG。

  • 1.ホウレン草はやわらかく茹でて、みじん切りにしておく。2.豆腐は水切りをしておく。3.1と2、鶏肉、玉ネギ、パン粉、牛乳、溶き卵、塩をよく混ぜ合わせて、2個の楕円形に平たく形作る。4.フライパンにサラダ油を熱して、そこへ3を入れ、弱火で両面にじっくり火を通す。
    出典 :ホウレン草の豆腐ハンバーグ(カミカミ期の離乳食レシピ)|ハッピー・ノート.com
     

    離乳食完了期のレシピ。子供はみんな大好きハンバーグのレシピです。