芸能人にも多い、高齢での妊娠・出産!どんなリスクがあるの?

高齢での妊娠と聞くと、芸能人をイメージする人も多いかと思います。
確かに、30代や40代で妊娠・出産した芸能人は数多く居ます。
しかし、高齢になればなるほどリスクは高まるようです。

view109

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 年々増えている、高齢での妊娠

  • 女性の社会進出や晩婚化によって、高齢妊娠・出産が増加しています。10人中1人は35歳以上の妊婦さん・・・といっても過言ではないでしょう。
    出典 :【高齢でも妊娠できる?】 - 35歳からの高齢出産
     

    働く女性が多い現代、子供を作るのは仕事が落ち着いてからと考える人も多いのでしょう。

  • 一般的に女性の妊娠力が低下し始めるのは、33歳からとされています。これは体外受精の成績が、33歳を境に下がるためです。
    50歳が妊娠できる年の限界といえるでしょう。かといって、50代での妊娠・出産は不可能・・・というわけではありません。
    出典 :【高齢でも妊娠できる?】 - 35歳からの高齢出産
     

    妊娠するためには、「妊娠力」がポイントとなるようですね。

  • 高齢だと不妊の可能性も・・・・

  • 最近では、芸能人の妊活休業が話題になりましたね。

  • 健康な男女が排卵日に性行為をして妊娠する確率は35歳未満なら20~25%、35~40歳では10~15%とされています。さらに年齢を重ね、40歳後半になるとその確率は4%にまで下がってしまうとか。
    出典 :【高齢でも妊娠できる?】 - 35歳からの高齢出産
     

    子どもができる確率は、年々減少していきます。

  • ■高齢妊娠できない原因
    ・卵子が急激に老化している。
    ・卵巣の機能が低下してる。
    ・子宮筋腫・内膜症などを合併している。
    ・肥満・高血圧・糖尿病を持っている。
    ・夫婦生活がない。
    ・排卵日に仲良ししない。
    出典 :高齢妊娠するには
     

    これらの原因から、高齢妊娠ができない人もたくさんいます。

  •  

    高齢での妊娠は不妊の可能性が高くなるため、できるならば早めの妊活をお勧めします。

  • 高齢での妊娠はリスクが多い

  • 35歳以上の妊娠・出産は、それ以前の年齢よりもトラブルが起きやすい・・・とされています。
    高齢出産には高齢出産なりのリスク、また知っておくべき予備知識が数多くあります。
    出典 :【どんなリスクがあるの?】 - 35歳からの高齢出産
  • 流産
    全妊娠の自然流産率(10~15%)に対し、35歳以上では約20%ともされています。
    流産は悲しいことですが、100%の予防策はありません。自然の厳しい一面であり、また若い人も10人に1人は経験することです。
    出典 :【どんなリスクがあるの?】 - 35歳からの高齢出産
  • 先天異常
    35歳以上になると、先天異常の発症率が高くなるのは事実です。
    加齢が影響しやすいのは、先天異常の中でも染色体異常(ダウン症など)です。
    出典 :【どんなリスクがあるの?】 - 35歳からの高齢出産
  • 妊娠高血圧症候群
    高齢出産には“妊娠高血圧症候群”というリスクも伴います。妊娠高血圧症候群はむくみや蛋白尿、高血圧などいずれか1つの症状が出現したもので、中でも高血圧に注意が必要です。
    出典 :【どんなリスクがあるの?】 - 35歳からの高齢出産
  • 帝王切開
    高齢出産では、どうしても帝王切開が多くなりがち。しかし、それは「高齢だから・・・」という不安から医師も産む側も強気になれず、早めに医療介入を行うためかも知れません。
    出典 :【どんなリスクがあるの?】 - 35歳からの高齢出産
  • あきらめないで

  •  

    しかし、リスクがあるとはいえ、高齢での妊娠は可能です。

  • 人生経験が豊富であるということは、子育てにも心の余裕があります。
    子育てには、親の大らかな気持ちが一番良いことだと思います。
    出典 :高齢出産のメリット:精神的ゆとり
     

    デメリットばかりではないのです。