「大腸がんの兆候」を知って早期発見に努めよう!

「大腸がんの兆候」を学んでしっかり早期発見しましょうね!!!

view191

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大腸がんの兆候をしっかり知ろう

  • 便通をしっかり考える事

  • 下血(肛門からの出血)や血便(便に血液が付着)は、通常の状態では見られない症状です。硬い便をしたあとの肛門の傷(裂肛)や、痔(外痔核、内痔核)、良性の大腸ポリープなどでも、このような症状は見られますが、大腸がんの初期症状としても見られます。
    出典 :大腸がんの症状・がんの進行 [大腸がん] All About
     

    初期症状としてこのようなものが出る場合があるのです

  • 下痢や血便と異なり、下痢と便秘は一般的に見られる症状です。食あたりや風邪などはもちろんのこと、ストレスでも下痢や便秘を来たします。しかし、これらを繰り返す場合には、大腸がんのチェックはされておいたほうがよいと思います。また、最近、便が細いなぁ、という方も、要注意です。
    出典 :大腸がんの症状・がんの進行 [大腸がん] All About
     

    便が細いなんてものが兆候にあるのですね

  • ポリープが関係している場合がある

  • 大腸の中にガンやポリープが出来ていると、その部分が狭くなり、便が通過しにくくなるため便秘になります。ひどくなると、下剤でも排便が難しくなることがあります。便秘によって硬くなった便により腸内に傷ができて、血便となることもあります。
    出典 :大腸がんの兆候とポリープ
     

    ポリープが便通に関係しているという事ですね

  • 初期症状は

     

    兆候として、出る事があるのです!ポリープが出来る事もあるので怖いですね!血便や下痢便もあるのですね!これ以外にもあるのでしょうか

  • 代表的症状は

  • お腹が張る、下痢、便秘、血便が大腸ガンの代表的な症状です。お腹が張るのは、主として結腸ガンで、これはガンのしこりが腸の内容物の運搬を妨げるためです。
    出典 :こんな自覚症状は要注意
     

    お腹が貼ってしまうのです

  • 転移で起きる症状は

  • 部位や進行の度合いによっては、黄疸が認められることがあります。また肺の転移では、胸水が溜まることによる呼吸困難が、脳の転移では、頭痛や嘔気のほかに、転移した部位に応じた神経学的な症状が認められるようになってきます。
    出典 :大腸がんの症状・がんの進行 [大腸がん] All About
     

    転移した部分に応じた神経学的症状が出るようになるのですね

  • どの癌にも言える事のようですが・・・

  • がんに共通のことですが、特に要因なく体重が減少したり、帯状疱疹(ヘルペス)を発症する場合には、何らかの悪性疾患の存在も疑われますので、万一、このような兆候が出た場合には医療機関を受診するようにしてください。
    出典 :大腸がんの症状・がんの進行 [大腸がん] All About
     

    医療機関を受診する事が大切ですね

  • 見てもらう方法は

  • 検査は

     

    検便などで色々見つける事が出来ます!定期健診を受けて、早期に見つけられるようにしましょう