【どうして】男が不妊治療を嫌がる本当の理由【嫌なの?】

男性は、比較的不妊治療や不妊の検査を嫌がったりしますよね。その本当の理由を知っていれば、きちんと協力してくれるかもしれません。

view350

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 男が不妊治療を嫌がる理由

  • こんなに悩んでいるのに・・・どうして夫は協力してくれないの!? その理由は、男性の思い込みや心理にあるのです。

  • 不妊は男が原因ではない、と思っている

  • 日本では不妊の多くの場合、責められるのは女性らしい。
    うちら夫婦の場合も直接的でないにしても、妻が責められている感じはある。
    出典 :日本人の不妊治療への偏見と妻の一言 | 男性不妊治療ブログ
     

    日本はもともと、男尊女卑の文化が根付いていました。それが良いか悪いかということではなく、男性には男性のプライドがあるのです。

  • また、男が不妊、というのは男性的にはかなりショックな事実でもあります。「俺には男としての最低限の能力すら無いのか・・・」なんて考えるのが嫌で、治療に否定的な場合も。

  • WHO(世界保健機関)が発表した不妊症原因の統計で不妊症の原因は41%が女性側、24%が女性男性ともにあり、24%が男性側、11%が原因不明となっています。
    出典 :不妊症・不妊治療について 不妊症の原因/名古屋市-浅田レディースクリニック
     

    そう、多くの男性は不妊の原因は男女半々にある、ということも知らないのです。正しい知識を知っていれば、治療や検査に協力的になってくれたりします。

  • 検査や治療への理解が足りていない

  • 治療に関しては、年齢に関係なく夫婦が一緒に検査を受けることが最も重要なのです。けれども、「男性も直ぐに精液検査を」という声はなかなか浸透していきません。
    出典 :男の不妊治療:検査をうけた夫の態度に大きな変化があらわれた! | クリエイター連載 | 大人モテLAB.
     

    前述の男性的なプライドもあって、なかなか不妊治療は夫婦が協力して行うものだ、という認識が薄いのも原因のひとつ。

  • 検査が、いや!!

  • 一番多いのはこれではないでしょうか。

  • そもそも「はい、精子出してください」と言われて出すというシチュエーションが嫌
    出典 :夫はなぜ、クリニックを嫌がるのか|42歳からの不妊治療(45歳になりました)
     

    男性側の検査は、所定の容器に精子を出してもらい、それを調べるというものです。でも、男性は女性が思っているより性に関してデリケート。作業的に扱われたり、落ち着けない状況で淡々とそのための行為をするのは、想像するだけでいや!! というのがホンネです。

  • KLCの採精室のドアが薄くて、「○○さん、処置室にお入りください」などのアナウンスが聞こえ、集中できない。
    出典 :夫はなぜ、クリニックを嫌がるのか|42歳からの不妊治療(45歳になりました)
     

    一度試しに検査を受けてみて、その時の体験が嫌で嫌で仕方がなく、その後の治療にも非協力的に・・・というパターンもあります。

  • もちろん、不妊治療は女性だってストレスの溜まるものですし、気持ちの良いものではありません。でも、旦那さんが非協力的なのに「私が頑張ってるんだから協力してよ!」と言っても逆効果になってしまいがち。男性のホンネを知っていれば、上手に誘導したり不妊について学んでもらえるようにできますよ。