母乳不足の原因と母乳不足解消のためにできること

母乳不足で悩んでいるママは、母乳不足解消のための方法を試してみましょう。
効果的な方法をまとめました。

view74

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 母乳不足になる原因

  • まず、授乳をするするスパンが長いために、乳房に刺激がなく生成・分泌がされにくいということがあります。赤ちゃんが乳首に触れる機会が少ないと言うことですね。
    出典 :母乳不足解消ガイド〜出ない・少ないでお困りのママへ〜
     

    母乳をたくさん出すためには、赤ちゃんとの触れ合いが欠かせません。

  • 赤ちゃんは、生まれたときから唇に触れたものにしゃぶりつく原始反射(持って生まれた反射反応)を持っているものですが、稀にこの反射の能力が少なく母乳を嫌がるケースもあります。最初の段階で乳房を吸うということに慣れさせておかないと、こういった問題が発生しやすいですね。
    出典 :母乳不足解消ガイド〜出ない・少ないでお困りのママへ〜
  • 本当は母乳が出ているのに、「母乳が足りていない」と自己判断し、混合またはミルクオンリーになられる方が多いですが、本当に全く母乳が出ないママは2万人に1人の割合だそうです。
    出典 :母乳の量を増やすには
     

    母乳が不足しているのではないかと不安に思うママも少なくありません。

  • ママの体調管理が大切!

  • 吸ってくれない、吸ってもすぐ離す…
    これは乳腺の奥が詰まっていたり 母乳の質が悪くなっていている事も考えられます。
    出典 :母乳不足を考えてみよう:桶谷式母乳育児|新米ママのおっぱい入門
     

    ママの体調に原因がある場合は、まず体調を整えることが大切です。

  • お菓子や揚げ物、乳製品など、高カロリーで脂質の多いものは避け、
    和食を心がけ、ご飯をしっかり食べると、良質の母乳が出来、流れもよくなっていきます。
    出典 :母乳の量を増やすには
     

    ママの体調を整えるために、食生活を見直してみましょう。

  • 母乳は寝ている間に作られるそうです。
    特に夜は母乳に大切なホルモンが多く分泌されますので、夜間授乳を大切にしながら、出来るだけ早めに就寝し、少しでも長く睡眠時間を取るようにしてください。
    出典 :母乳の量を増やすには
     

    睡眠不足は体調不良の大きな原因です。

  • 鉄分を毎日しっかり摂る+温かい飲み物を授乳の前後に補給する+質の良い水分を摂る。 こうするとこで「美味しいおっぱい」を作る基盤が整います。
    出典 :母乳不足を考えてみよう:桶谷式母乳育児|新米ママのおっぱい入門
     

    おいしい母乳を作ることは、母乳不足解消に繋がります。

  • 母乳不足解消のために

  • 授乳前に、軽くでもいいので乳首をほぐし、おっぱいを下から持ち上げたり横から押したり(あまり強くしないこと)動かしてみて下さい。
    出典 :母乳の量を増やすには
     

    おっぱいマッサージをして、母乳が出やすい環境を整えましょう。

  • 母乳量を増やすには何よりも赤ちゃんに飲んでもらうことが一番大切なことです。
    赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激で脳に命令が行き、ホルモンが分泌され、母乳が製造されます。
    赤ちゃんがあまり飲んでいなくても、口をつけてもらうだけでもホルモンが分泌されます。
    出典 :母乳の量を増やすには
     

    母乳不足解消に最も効果的なのが、赤ちゃんとの触れ合いです。

  • 乳腺があいていても、赤ちゃんが正しく飲んでいないとなかなか母乳が出てきません。
    乳首だけを吸うのではなく、乳輪のあたりからしっかりくわえさせてあげてください。
    くわえた時の口がドナルドダッグのように横長になっていればオッケーです。
    出典 :母乳の量を増やすには
  •  

    赤ちゃんの口元をよく観察してみましょう。