5月からの熱中症予防法!重度になる前に

熱中症は真夏だけのものではありません。「まだ大丈夫」と思っている時が危ないのです。熱中症予防の方法をもう一度ちゃんとおさらいしましょう。

view136

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 熱中症とは、暑熱環境で発生する障害の総称で、熱失神、熱疲労(熱ひはい)、熱射病、熱けいれんに分けられます。熱中症事故は、適切に予防さえすれば防げるものです。しかし、予防に関する知識が十分に普及していないため、熱中症による死亡事故が毎年発生しています。
    出典 :熱中症を防ごう - 日体協
  • ここ数年、猛暑の影響で熱中症になる人が増えています。熱中症の予防法を知って、きちんと対策しましょう。

  • 熱中症予防の5か条

  • 1、無理な運動はしない
    2、急な気温上昇に注意する
    3、失われた水分と塩分の補給
    4、薄着でさわやかに過ごす
    5、体調不良の時は気をつける

  • 熱中症の全身症状 重症度

  • ・1度ーめまい、立ちくらみ、大量のの発汗
    対処法
    ・涼しい所に寝かせる、水分塩分の補給、衣服を緩める

    ・2度ー頭痛、吐き気、脱力
    対処法
    ・1度の対処法に加え、足を高くして寝る。自分で水分補給できないときは病院へ

    ・3度ー意識がない、痙攣、震え、高い体温、まっすぐ歩けない
    対処法
    ・救急車を呼ぶ、1度と2度の対処に加え、応急処置として、氷や冷水で首や脇の下やそけい部を冷やす

  • 5月6月が危ない!熱中症

  • 5~6月に暑さを経験し、真夏を迎えるころには身体が暑さに慣れてきます。しかし今は暑くなるとすぐにエアコンを入れることが多いので、夏の暑さに慣れる機会が減っています。そのため暑さへの抵抗力が弱まり、5~6月の急に暑くなるときにリスクが高くなるんです。
    出典 :熱中症対策にはどのアイテムがいいの? 5月の暑さに要注意 (1/2) - 誠 Style
  • 5月の熱中症患者

  • 研究所では「データを参考に5月から熱中症に注意するとともに、暑さに強い体を作って、予防に取り組んでほしい」と呼びかけています。
    出典 :熱中症 五月から予防の対策を!! - 高砂市
  • 熱中症の予防法

  • 環境省では、熱中症の予防のために、メール配信をしています。このような情報も大変役に立ちます。

  • 環境省 熱中症情報メール

  • 熱中症には誰もが注意する必要がありますが、その中でも特に熱中症を起こしやすい年代があります。男性では0~4歳、15~19歳、55~59歳、80歳前後に、女性では0~4歳、80~84歳に熱中症発症のピークがあります。
    出典 :起こしやすい年代|大塚製薬
     

    男性の方が熱中症にかかる割合が多いのは外に出る機会が多いことや、運動量の差だと予測できます。

  • 屋外では、日陰を選んで歩いたり、日傘をさしたり帽子をかぶったりしましょう。また、屋内での熱中症を防ぐため、扇風機やエアコンを適切に使ったり、すだれやカーテンで直射日光を防いだりして、暑さを避けましょう。
    出典 :熱中症は予防が大事!「高温注意情報」や「暑さ指数」の情報を活用し、十分な対策をとりましょう:政府広報オンライン
  • 暑さ対策

     

    今は熱中症予防のために、様々なグッズが販売されています。

  • 「のどが渇いた」と感じたときには、すでにかなりの水分不足になっていることが多いもの。定期的に少しずつ水分を補給しよう。特に夏場は汗と一緒に塩分が失われることを考えると、スポーツドリンクなどを飲むのがオススメだ。
    出典 :知っておこう!熱中症の予防と応急処置|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック