多くの現代人が抱える不眠とその解消法について

スマホに、PC、忙しい仕事、多くのストレスなどなど、現代人の多くが様々な原因によって不眠の問題をか抱えています。ここでは、不眠とその解消方法についてまとめます。

view142

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不眠症で悩んでいる人は日本人の5人に1人の割合だと言われています。

    特に中年以降になるとその割合は高くなってきます。

  • 不眠症とは睡眠時間の長さではなく、目覚めた時にだるさや、眠気があり、日常生活を行っていく上で支障をきたしてしまう程度によって判断されます。

    ですから睡眠時間がたとえ長くても起きた時の状態がまだ眠かったり、だるさがあるようだと不眠といえるでしょう。逆に睡眠時間が短くても目覚めが爽快であれば不眠ということにはなりません。

    つまり時間ではなく目覚めた時の不快感によって、判断されるということになります。
    出典 :不眠症の対策と治療について
     

    睡眠の質で判断されます。

  • ストレス社会が原因の不眠もあります

     

    最近になって不眠症を訴える人が多くなっている理由は、現代の社会にあるようです。現代社会は、ストレス社会ともいわれるように、子供から大人まで、家庭や学校、職場とあらゆる環境にストレスが存在しています。これらのストレスは私たちの心身に影響を与え、このため不眠を訴える人が多くなっていると考えられます。

  • 身体の不調が原因

    咳や喘息、あるいは熱やかゆみなど体調を崩していることや身体的不快が原因によって起こる不眠です。また最近よく話題にされる突然呼吸がしばらく止まってしまう睡眠時無呼吸症候群なども挙げられます。
    出典 :不眠症の対策と治療について
     

    原因その1は体調不良によるもの。

  • 単に寝つきが悪い患者さんに処方されるのが「睡眠導入剤」で、自律神経のバランスを整え、筋肉を弛緩させることで安定性の高い睡眠効果が得られます。
     「睡眠薬」は現在、安全性の高い「ベンゾジアゼピン系」睡眠薬が主流となっています。睡眠薬のおもな種類は次の通り。
    出典 :睡眠・不眠症 | 不眠に効果のある薬は? : 改善・対策 - セルフドクターネット
     

    不眠には、時折、薬による治療が行われます。

  • 旅行で時差がある場所で眠れなくなったり、枕が変わって眠れなくなったり環境の変化が原因によって起きる不眠です。また暑さや騒音、明るさなどの影響で眠れなくなってしまう場合もあります。
    出典 :不眠症の対策と治療について
     

    環境の変化によってもおこります。

  • 悩みやイライラ、極度の緊張から精神的にストレスがたまるなどの原因で眠れなくなってしまう不眠です。人間誰にもストレスは多かれ少なかれありますが、そのストレスが過剰になってしまうと不眠症になってしまいます。
    出典 :不眠症の対策と治療について
     

    この原因でなる人も多いでしょう。

  • 精神的ストレスが更に大きくなり、うつ病などの精神疾患が原因による不眠です。うつ病と不眠症は関係が深く、うつ病の症状の一つに不眠が挙げられます。この場合は心療内科などの専門医の治療を受けることが必要です。
    出典 :不眠症の対策と治療について
     

    精神疾患は専門病院でしっかりと治療しましょう。

  • 薬の副作用やアルコール、カフェインの摂取が原因によって起きる不眠です。薬やアルコールは眠れなくなった時に飲む場合がありますが、薬やアルコールは慢性的になってくると次第に摂取量も多くなってしまい悪循環となってしまいます。
    出典 :不眠症の対策と治療について
     

    多量のアルコール接種は不眠の大敵です。

  • 不眠には個人差があります。

     

    睡眠には個人差があるため、検査してみれば7時間以上眠っているにもかかわらず「眠れない」と感じる人もいれば、3~4時間睡眠でも平気な人もいます。ですから、客観的に何時間眠っていようと、本人が安眠・快眠できないと自覚する状態が継続する場合を不眠症と判断するケースが多いようです。

  • 寝る直前にしてはいけないこと
    ●熱いお風呂に入る
    ●ゲームやパソコン携帯メール等のチェック
    ●食事を採る
    ●喫煙
    ●お酒、冷たい水、カフェインを含む飲み物を飲む(※寝る前の水分補給は脱水症状を防ぐためには重要ですが、冷たい水は身体を興奮させ、眠りが浅くなってしまいまいます。)
    出典 :寝る前の注意点をチェック【不眠症克服法】
     

    まずは、不眠解消のために基本を守りましょう。

  • 不眠克服の為に日常生活をチェック!
    1.規則正しい生活
    毎朝同じ時刻に起きましょう。就寝時刻もなるべく一定に。

    2.適度な運動
    身体が疲れることで、夜眠りにつきやすくなります。日中は活動的に過ごしましょう。

    3.リラックスを心掛ける
    自分に合ったリラックス法を見つけて、ストレスをため込まないようにしましょう。

    4.眠りやすい環境を整える
    寝具に気を配り、照明を暗くするなどの工夫をしましょう。
    出典 :寝る前の注意点をチェック【不眠症克服法】
     

    これらを実践してみましょう。

  • 人間は、交感神経の働きが優位な状態では、うまく寝つくことができないのです。そのため、起きているあいだの活動を終え、これから寝ようという時間が近づけば、副交感神経の働きが優位になるようにもっていくことが必要です。
    出典 :不眠解消,治療
     

    これらを理解し、副交感神経の働きが優位になる行動ができるようになれば、不眠解消の第一歩です。

  • 脳を充分に休ませるために脳のスイッチをオフに切り替えるという事です
    その為にはリラックスする事が大切です
    好きな事をしたり、少しぬる目のお風呂にゆっくりと入ったり、色々なリラックス法はあると思います
    それらによって、自律神経のバランスが整えられて、副交感神経が活発化きます
    副交感神経が活発化してくると体や脳が休む方向に向いてくるので、自然と眠れる様になってくると思います
    出典 :不眠症の原因と対策
     

    自分がリラックスできる方法を見つけましょう。