なりたい職業に就けない?[色盲・色弱] 色覚異常は遺伝する

[色盲・色弱] 色覚異常は遺伝すると一般にいわれています。色覚異常だと、就職、大学の学部で制限を受けることもあり、結果なりたい職業に就けない可能性も!!自分が色覚異常の保因者でなくても相手が色覚異常なら生まれてくる子供は色覚異常を受け継ぐのでしょうか?そんな悩みを取り上げてみました。

view338

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 色弱異常の症状[色盲・色弱]

  • どの型の色覚異常にも共通していえることは、色の区別が正常の人と比べると少し苦手だということです。 色覚異常の人の錐体は大まかな分類では2種類ですから、 ある2つの色を区別するのに、主に3番目の錐体がはたらいているような場合、そういう色の組み合わせは同じか、非常によく似た色に見えるのです。 つまり正常者には区別できる色が異常者には区別できない場合があるということです。
    出典 :色覚異常者の色の見え方|色覚外来|滋賀医科大学 眼科学講座
     

    同じ赤でもちょっと違ってみえたりするわけですね

  • すべての色は、光の三原色といわれる赤、緑、青の三つの光の組み合わせで作られています。色を感じとる視細胞も、赤に敏感なタイプ、緑に敏感なタイプ、青に敏感なタイプの3種類があります。色覚の異常は、この3種類の視細胞のうちのどれかが足りなかったり、十分機能しないために起こります。
    出典 :色覚の異常
  • では、どんな色が区別しづらいのでしょうか。頻度の多い2型色覚(2型2色覚と2型3色覚)の人が間違えやすい組み合わせは、赤と緑、オレンジと黄緑(きみどり)、緑と茶、青と紫、ピンクと(しろ)・灰色、緑と灰色・黒です。1型色覚(1型2色覚と1型3色覚)の場合これに、赤と黒、ピンクと青が加わります。
    出典 :色覚の異常
     

    見えてはいるのでしょうが、見分けがつきにくいとは不便です

  • 色覚異常の遺伝率[色盲・色弱]

  • 色覚異常とは、大多数の方の色の見え方と明らかに異なる色覚のことで、日本では男性の約20人に1人、女性の約500人に1人、人数にすると全国に300万人以上いるとされています。
    出典 :色覚異常とは?
     

    クラスに2人は男の子で色覚異常の子かいるという計算です。結構多いですね。

  • 色覚異常は遺伝なのか[色盲・色弱]

  • 色覚異常(いわゆる色弱・色盲)が遺伝であることはよく知られています。実際には先天性と後天性がありますが、そのほとんどが先天性のものであり、遺伝によって伝えられます。
    出典 :色覚異常の遺伝
  • 色覚異常の遺伝のパターン[色盲・色弱]

  • 1.父親、母親ともに正常色覚の場合は、子供は全て正常色覚。
    2.父親が色覚異常、母親が正常色覚の場合は、息子は全て正常色覚、娘は全て保因者(色覚は正常)。
    出典 :色覚異常の遺伝
  • 3.父親が正常色覚、母親が色覚異常の場合は、息子は全て色覚異常、娘は全て保因者(色覚は正常)。
    4.父親が正常色覚、母親が保因者の場合は、息子の半数は色覚異常、娘の半数は保因者(色覚は正常)。
    出典 :色覚異常の遺伝
  • 5.父親が色覚異常、母親が保因者(色覚は正常)の場合は、息子の半数は色覚異常、娘の半数は色覚異常、娘の半数は保因者(色覚は正常)。
    6.父親、母親ともに色覚異常の場合は、子供は全て色覚異常。
    出典 :色覚異常の遺伝
  • 色覚異常だと制限される職業

  • 警視庁警察官・・犯罪の捜査において、犯人の服装や車の色が決め手になる場合などに支障がある。(正常であること)以下理由は同じようなものです。交通巡視員、東京消防庁消防官、自衛隊自衛官、海上保安大学校学生、気象大学校学生、入国警備官、皇宮護衛官、法務教官、刑務官、航空管制官、航空保安大学校学生、労働基準監督官、薬物劇物取り扱い責任者、
    出典 :特集/今、障害者の資格制限は 今、色弱者の資格制限は
  •  

    色覚異常だとなりたい職業に就けない場合も!!

  • 広告・印刷業、映像関係、デザイナー、カメラマンなど厳密な色識別を必要とされる業種で、それ以外に美容師、服飾販売、懐石料理の板前、食品の鮮度を選定する業務救命救急士、看護師、サーバー監視業務、航空鉄道関係の整備士
    出典 :ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ : 職種・資格による色覚検査の採用基準:学校での色覚検査が廃止されたため、1993年生まれ以降の方は自分に色覚異常があることを知らずに就職し、そのハンデに困り転職することも
  • その他、幼稚園、小学校の先生、オートレース選手・審判員、モーターボート選手・審判員・検査員、競馬騎手、競馬調教師。などもあります。こうして書き出してみると結構多いですね。
    また、大学へ入る場合も色覚異常の人は入学できない(その職に就けないため)学部もあるので
    注意が必要です。