ガンが骨に転移してしまう転移性骨腫瘍について

ガンが骨に転移してしまう転移性骨腫瘍について知りたい。どんな癌にも骨に転移する恐れがあります。

view152

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 転移性骨腫瘍について

  • 転移性骨腫瘍とは、癌が骨に転移したもので、どの癌にも骨転移の可能性はあります。
    出典 :転移性骨腫瘍 | がんプロ.com
  • 骨にできる腫瘍のこと

     

    骨にできる腫瘍のことを「骨腫瘍」といいます。この病気は、発生頻度の低い病気です。なおかつその多くは良性腫瘍です。しかし、それとは逆に、骨の悪性腫瘍の「骨肉腫」は、昔は治療が難しかったのですが、今は多くの治療法があります。
    他の臓器にできたガンが骨に転移するのが「転移性骨腫瘍」です。

  • 骨は、肺に次いでがんの転移が起こりやすい部位です。そして、がんの骨転移がいちばん多いのが、体の中心にある背骨なのです。背骨にできる腫瘍は、多くが転移性骨腫瘍といえます。特に、がんの好発年齢である40歳代から70歳代に多く見られます。
    出典 :転移性腫瘍
  •  

    転移性骨腫瘍は中年以降の男性や女性に多くみられます。一番多いのが60代です。

  • 特に頻度の高いものに、骨髄腫、前立腺癌、乳癌、腎癌、肺癌などがあげられます。まれに、骨転移が癌の発見のきっかけになることもあります。
    出典 :転移性骨腫瘍 | がんプロ.com
  • 背骨への転移を起こしやすいがんは、乳がん、肺がん、子宮がん、胃がん、前立腺がん、腎臓がん、甲状腺がんなが多く見られます。このうち、最も頻度の高いのが乳がんと肺がんで、この2つで約4割を占めます。
    出典 :転移性腫瘍
  •  

    実は骨は一番癌が転移しやすい場所でもあるのです。

  • 転移性骨腫瘍の症状

  • 転移した腫瘍が骨の中でまだ小さいと、症状はあまりありません。腫瘍が大きくなり骨の破壊が進むと、動作時痛や夜間痛などが出現します。更に大きくなり、骨の大部分が腫瘍に侵されると、軽微な外傷で骨折を起こすようになります。
    出典 :転移性骨腫瘍 | がんプロ.com
  • 背骨に転移した場合、腰痛や背部痛となって痛みを感じます。腫瘍が大きくなると、骨が潰れて、圧迫骨折を起こします。また、背骨のすぐ後ろにある脊髄神経が腫瘍で圧迫されると、手足のしびれや麻痺がでます。
    出典 :転移性骨腫瘍 | がんプロ.com
  • 腫瘍が発生する部位の腫脹と疼痛です。通常初期の痛みは軽度ですが、骨の強度の低下に伴い骨折を合併すると強固な疼痛が出現します。腫瘍の進行に伴い、激痛となります。
    出典 :転移性骨腫瘍の症状・診断・治療 [骨・筋肉・関節の病気] All About
  •  

    転移性骨腫瘍は、骨の神経を刺激するので、激しい痛みを伴うことがあります。

  • 転移性骨腫瘍の治療

  • 根本的な治療は難しい場合が多いため、疼痛除去が主たる治療となります。疼痛除去治療として、薬物、手術、放射線治療があります。
    出典 :転移性骨腫瘍の症状・診断・治療 [骨・筋肉・関節の病気] All About
  • まずは、原発巣の治療が優先ですが、骨の転移は患者さんの日常生活を大きく左右するので、平行して骨転移の治療も行います。
    出典 :転移性骨腫瘍 | がんプロ.com
  • 最近の劇的な進歩のひとつに、ビスフォスフォ製剤の開発があります。これは、注射、または内服することで、骨転移巣が抑制され、小さくなることもあります。抗癌剤と異なり、副作用も大きなものはありません。骨の転移のある患者さんは、その痛みのため、日常生活が制限されることが多い中、この薬のおかげで、転移がありながらも、普通の生活をしている患者さんが多くなりました。
    出典 :転移性骨腫瘍 | がんプロ.com
  • 放射線をあてることで、癌を殺します。癌の種類によって効果は様々です。手足の骨の場合、放射線照射による副作用は少ないですが、背骨の照射には、同時に内臓にも照射してしまうため、副作用も考えなければいけません。効果があると、痛みがとれ、骨も再び硬くなります。
    出典 :転移性骨腫瘍 | がんプロ.com
  • や放射線の治療に反応せず、痛みが増強してくる場合や、骨の破壊が進み、骨折を起こした場合、あるいは骨折のおこる危険性が高い場合は、手術の適応となります。特に、下肢の骨は、骨折すると歩行ができなくなり、日常生活に大きな不利益となるため、予後が余りのぞめない患者さんにも積極的に手術を行います。
    出典 :転移性骨腫瘍 | がんプロ.com